Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)抗重症熱性血小板減少症候群ウイルス薬

(In Japanese)抗重症熱性血小板減少症候群ウイルス薬

Patent code P190016508
File No. (S2017-0259-N0)
Posted date Nov 25, 2019
Application number P2018-563317
Date of filing Jan 16, 2018
International application number JP2018000887
International publication number WO2018135449
Date of international filing Jan 16, 2018
Date of international publication Jul 26, 2018
Priority data
  • P2017-007507 (Jan 19, 2017) JP
Inventor
  • (In Japanese)馬場 昌範
  • (In Japanese)外山 政明
  • (In Japanese)榊原 紀和
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鹿児島大学
  • (In Japanese)ノーベルファーマ株式会社
Title (In Japanese)抗重症熱性血小板減少症候群ウイルス薬
Abstract (In Japanese)本発明は、下記式(I):
【化1】
 
(省略)
(式中、R1及びR2は同一又は異なり、置換又は無置換のC1-10-アルキル基であり、R1及びR2は、隣接する窒素原子と共同して、置換又は非置換の5員環又は6員環を形成してもよく;Xはハロゲン原子である。)
で示される化合物もしくはその塩又はそれらの溶媒和物を含有する抗重症熱性血小板減少症候群ウイルス薬に関する。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

重症熱性血小板減少症候群(severe fever with thrombocytopenia syndrome;SFTS)は2011年に中国の研究者らによって発表されたブニヤウイルス科フレボウイルス属に分類される新しいウイルスSFTSV(severe fever with thrombocytopenia syndrome virus)によるダニ媒介性感染症である。わが国では2013年に初めて報告され、致死率が非常に高い感染症である。現在、西日本を中心として、2016年11月30日現在226人の患者が報告されており、そのうちの52名が死亡している。

一方、アモジアキンは、既に抗マラリア薬として臨床使用が認可されており、また、アモジアキン等の7-クロロ-4-アミノキノリン化合物がパーキンソン氏病に有効であることが知られている。しかしながら、アモジアキン等の7-クロロ-4-アミノキノリン化合物と抗SFTSV活性との関係についてはこれまで報告されたことはない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、抗重症熱性血小板減少症候群ウイルス薬に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記式(I):
【化1】
 
(省略)
(式中、R1及びR2は同一又は異なり、置換又は無置換のC1-10-アルキル基であり、R1及びR2は、隣接する窒素原子と共同して、置換又は非置換の5員環又は6員環を形成してもよく;Xはハロゲン原子である。)
で示される化合物もしくはその塩又はそれらの溶媒和物を含有する抗重症熱性血小板減少症候群ウイルス薬。

【請求項2】
 
前記式(I)において、R1及びR2は同一又は異なり、置換又は無置換のC1-6-アルキル基であり、R1及びR2は、隣接する窒素原子と共同して、置換又は非置換の5員環又は6員環を形成してもよく;Xはハロゲン原子である請求項1記載の抗重症熱性血小板減少症候群ウイルス薬。

【請求項3】
 
重症熱性血小板減少症候群の予防又は治療に用いられる請求項1又は2記載の抗重症熱性血小板減少症候群ウイルス薬。

【請求項4】
 
下記式(Ia):
【化2】
 
(省略)
(式中、R1a及びR2aは、メチル基とC1-10-アルキル基、エチル基とC3-10-アルキル基、又はエチル基と2-ヒドロキシエチル基であり、R1a及びR2aは、隣接する窒素原子と共同して、置換又は非置換の5員環又は6員環を形成してもよく;Xaはヨウ素原子又はフッ素原子であり;Xaがフッ素原子の場合、R1a及びR2aは、エチル基とエチル基であってもよい。)
で示される化合物もしくはその塩又はそれらの溶媒和物。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018563317thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close