Top > Search of Japanese Patents > DATA PROCESSING UNIT, DATA PROCESSING SYSTEM, DATA PROCESSING METHOD, AND PROGRAM

DATA PROCESSING UNIT, DATA PROCESSING SYSTEM, DATA PROCESSING METHOD, AND PROGRAM meetings

Patent code P190016518
File No. K110P10
Posted date Nov 26, 2019
Application number P2018-055033
Publication number P2019-169805A
Date of filing Mar 22, 2018
Date of publication of application Oct 3, 2019
Inventor
  • (In Japanese)中野 珠実
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title DATA PROCESSING UNIT, DATA PROCESSING SYSTEM, DATA PROCESSING METHOD, AND PROGRAM meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a technique for evaluating visual information objectively on the basis of human blink.
SOLUTION: In a data processing system 1, a data processing unit (server device) includes an acquisition unit for acquiring data indicating the timing of user blink, a calculation part for calculating an index according to the coincidence of blink timing of multiple users, on the basis of difference thereof, and an output part for outputting data according to the index. The calculation part calculates the index, on the basis of the degree of the difference included in a prescribed time range. The time range is 300 milli seconds or less, for example.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

人が無意識に行う動作に基づいて、その人が観察する視覚情報への関心の度合いを推定する技術が、従来から提案されている。特許文献1は、人の視線変化及び瞬きの間隔に基づいて、映像への注目度を推定することを開示している。特許文献2は、コンテンツのジャンルに対応した満足度算出手法を選択して、ユーザの当該コンテンツに対する満足度を算出することを開示している。特許文献3は、端末操作データ、及び瞬きを含む身体データに基づいて、視聴質データを生成することを開示している。特許文献4は、視聴者の眼球運動に基づいて、コンテンツに対する興味・関心度を算出することを開示している。なお、同じ映像を見る複数の被験者の瞬きに関して、本件の発明者らによって、非特許文献1及び非特許文献2に以下の事項が開示されている。非特許文献1は、ビデオを観察しているときに複数の被験者の瞬きが同期し、環境ビデオや音声では複数の被験者の瞬きが同期しないことを開示している。非特許文献2は、手品の映像を見ているときの複数の被験者の瞬きが同期することを開示している。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ユーザの瞬きに応じた指標を算出する技術に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ユーザの瞬きのタイミングを示すデータを取得する取得部と、
複数のユーザの前記瞬きのタイミングの差異に基づいて、前記複数のユーザの瞬きのタイミングの一致度合いに応じた指標を算出する算出部と、
前記指標に応じたデータを出力する出力部と、
を備えるデータ処理装置。

【請求項2】
 
前記算出部は、前記差異が所定の時間範囲内に含まれる度合いに応じた前記指標を算出する請求項1に記載のデータ処理装置。

【請求項3】
 
前記時間範囲は300ミリ秒以下である請求項2に記載のデータ処理装置。

【請求項4】
 
前記複数のユーザは、第1ユーザと第2ユーザとを含み、
前記算出部は、所定の時間軸上に時刻順に並べた前記第1ユーザ及び前記第2ユーザの瞬きのタイミングの差異と、前記時間軸上で前記第1ユーザ及び前記第2ユーザの少なくとも一方のユーザの瞬きの間隔の順番を変更した場合の前記第1ユーザ及び前記第2ユーザの瞬きのタイミングの差異とに基づいて、前記指標を算出する
請求項2に記載のデータ処理装置。

【請求項5】
 
前記指標はZ値である請求項2に記載のデータ処理装置。

【請求項6】
 
前記算出部は、前記複数のユーザを所定の規則に従い分類したグループごとに、前記指標を算出し、
前記出力部は、前記グループごとに、前記指標に応じたデータを出力する請求項1に記載のデータ処理装置。

【請求項7】
 
前記算出部は、所定の期間を複数の単位期間に区分し、当該単位期間ごとに前記指標を算出する請求項1に記載のデータ処理装置。

【請求項8】
 
前記出力部は、前記複数の単位期間の各々に前記指標を対応付けて出力する請求項7に記載のデータ処理装置。

【請求項9】
 
前記算出部は、前記複数のユーザが所定の視覚情報を観察している期間を特定し、特定した当該期間における前記瞬きのタイミングの差異に基づいて、前記指標を算出する
請求項1に記載のデータ処理装置。

【請求項10】
 
前記視覚情報は動画である請求項9に記載のデータ処理装置。

【請求項11】
 
前記算出部は、前記複数のユーザが瞬きをした位置ごとに、前記差異に基づいて前記指標を算出し、
前記出力部は、前記位置と対応付けて前記指標に応じたデータを出力する請求項10に記載のデータ処理装置。

【請求項12】
 
ユーザの瞬きを検出する瞬き検出部と、
請求項1に記載のデータ処理装置と
を有する
データ処理システム。

【請求項13】
 
複数の端末装置と、
サーバ装置と
を備え、
前記複数の端末装置の各々は、
前記瞬き検出部と、
自端末装置のユーザの瞬きのタイミングを示すデータを、前記サーバ装置へ送信する送信部と、
を有し、
前記サーバ装置は、
前記データ処理装置を有する
請求項12に記載のデータ処理システム。

【請求項14】
 
前記複数の端末装置の各々は、
自端末装置のユーザの目を撮像して、撮像データを生成する撮像部を有し、
前記送信部は、前記撮像データを前記サーバ装置へ送信する
請求項13に記載のデータ処理システム。

【請求項15】
 
ユーザの瞬きのタイミングを示すデータを取得し、
複数のユーザの前記瞬きのタイミングの差異に基づいて、前記複数のユーザの瞬きのタイミングの一致度合いに応じた指標を算出するデータ処理方法。

【請求項16】
 
コンピュータに、
ユーザの瞬きのタイミングを示すデータを取得し、
複数のユーザの前記瞬きのタイミングの差異に基づいて、前記複数のユーザの瞬きのタイミングの一致度合いに応じた指標を算出する処理を実行させるためのプログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018055033thum.jpg
State of application right Published
Reference ( R and D project ) PRESTO Design of Information Infrastructure Technologies Harmonized with Societies AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close