Top > Search of Japanese Patents > SPEECH TRAINING SYSTEM, SPEECH TRAINING METHOD, AND PROGRAM

SPEECH TRAINING SYSTEM, SPEECH TRAINING METHOD, AND PROGRAM meetings

Patent code P190016525
File No. 2019-2
Posted date Dec 6, 2019
Application number P2019-148071
Publication number P2019-197236A
Date of filing Aug 9, 2019
Date of publication of application Nov 14, 2019
Inventor
  • (In Japanese)北村 達也
Applicant
  • (In Japanese)学校法人甲南学園
Title SPEECH TRAINING SYSTEM, SPEECH TRAINING METHOD, AND PROGRAM meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a speech training system, a speech training method, and a program with which a speech training for a trainee can be more effectively performed.
SOLUTION: A speech training system is used for a speech training for a trainee. The speech training system comprises imaging means and display means. The imaging means picks up an image of the face of the trainee and generates moving image data. The display means displays a moving image indicated by the moving image data. The display means displays an image showing the amount of movement of the trainee's mouth superimposed on the moving image. According to such a speech training system, the trainee can perform a speech training while consciously moving the muscles around the mouth, and thus the speech training for the trainee can be more effectively performed.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

特開平7-319380号公報(特許文献1)は、発声訓練装置を開示する。この発声訓練装置においては、被訓練者の発声の調音法とモデル発声の調音法とのずれに基づく指示文が被訓練者にフィードバックされる。この発声訓練装置によれば、被訓練者は、指示文に従って訓練を進めることで調音法の矯正を効果的に行なうことができる(特許文献1参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、発話訓練システム、発話訓練方法及びプログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
被訓練者の発話訓練に用いられる発話訓練システムであって、
前記被訓練者の顔を撮像し、動画像データを生成する撮像手段と、
前記動画像データが示す動画像を表示する表示手段とを備え、
前記表示手段は、前記被訓練者の口の動きの量を示す画像を前記動画像に重畳して表示する、発話訓練システム。

【請求項2】
 
前記表示手段は、前記被訓練者に音読させる文章をさらに表示する、請求項1に記載の発話訓練システム。

【請求項3】
 
前記表示手段は、前記被訓練者の発話に関する評価結果をさらに表示する、請求項1又は請求項2に記載の発話訓練システム。

【請求項4】
 
前記表示手段は、前記被訓練者の発話が所定要件を満たさない場合に、警告メッセージをさらに表示する、請求項1から請求項3のいずれか1項に記載の発話訓練システム。

【請求項5】
 
前記口の動きの量を示す画像は、前記口が移動した軌跡を示す線である、請求項1から請求項4のいずれか1項に記載の発話訓練システム。

【請求項6】
 
前記動画像データに基づいてオプティカルフローを算出する算出手段と、
前記オプティカルフローに基づいて前記口の動きの量を示す画像を生成する生成手段とをさらに備える、請求項1から請求項5のいずれか1項に記載の発話訓練システム。

【請求項7】
 
発話に関して被訓練者を訓練する発話訓練方法であって、
前記被訓練者の顔を撮像し、動画像データを生成するステップと、
前記動画像データが示す動画像を表示するステップと、
前記被訓練者の口の動きの量を示す画像を前記動画像に重畳して表示するステップとを含む、発話訓練方法。

【請求項8】
 
被訓練者の発話訓練に用いられるプログラムであって、
撮像手段に、前記被訓練者の顔を撮像させ、動画像データを生成させるステップと、
表示手段に、前記動画像データが示す動画像を表示させるステップと、
前記表示手段に、前記被訓練者の口の動きの量を示す画像を前記動画像に重畳して表示させるステップとをコンピュータに実行させるプログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2019148071thum.jpg
State of application right Published
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close