Top > Search of Japanese Patents > WHEELCHAIR

WHEELCHAIR

Patent code P200016537
Posted date Jan 8, 2020
Application number P2018-059444
Publication number P2019-170447A
Date of filing Mar 27, 2018
Date of publication of application Oct 10, 2019
Inventor
  • (In Japanese)佐藤 理夫
  • (In Japanese)佐藤 優樹
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人福島大学
Title WHEELCHAIR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a wheelchair that can utilize power of an air motor as an assistance for going up a step.
SOLUTION: A wheelchair 1 includes: a drive wheel 2 for causing the wheelchair 1 to travel; an air motor 3 for generating torque to be imparted to the drive wheel 2; an air tank 4 for supplying traveling compressed air to the air motor 3; an air supply passage 5 used for supplying the compressed air; and flow passage resistance switching means 5a for switching the flow passage resistance of the air supply passage 5.
Outline of related art and contending technology 本発明は、簡便な操作により、エアモータで適切・効率よく補助する車椅子に関する。
Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、簡便な操作により、エアモータで適切・効率よく補助する車椅子に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
車椅子を走行させるための駆動輪と、
前記駆動輪に付与するトルクを発生するエアモータと、
前記エアモータに駆動用の圧縮ガスを供給するガス供給手段と、
前記圧縮ガスの供給に供するガス供給路と、
前記ガス供給路の流路抵抗を切り替えるための流路抵抗切替手段とを備えることを特徴とする車椅子。

【請求項2】
 
前記流路抵抗切替手段は、
前記ガス供給路の途中において並列に設けられ、流路抵抗が異なる複数の管路と、
前記複数の管路のうちで前記圧縮ガスの供給に供するものを択一的に切り替える管路切替手段とを備えることを特徴とする請求項1に記載の車椅子。

【請求項3】
 
一方が前記ガス供給路に接続され、他方が大気に通じて、前記エアモータの吸気側が負圧になるのを抑制する逆止弁を有することを特徴とする請求項1又は2に記載の車椅子。

【請求項4】
 
前記逆止弁には、該逆止弁を閉塞する閉止バルブが設けられていることを特徴とする請求項3に記載の車椅子。

【請求項5】
 
前記駆動輪は、左右に1輪ずつ設けられており、
前記エアモータと各駆動輪との間には、該エアモータのトルクを2つに分割してそれぞれ左右の前記駆動輪に伝達する差動装置が設けられ、
前記差動装置と左右の前記駆動輪のうちの少なくとも一方との間のトルクの伝達は、フレキシブルシャフトを介して行われることを特徴とする請求項1~4のいずれか1項に記載の車椅子。

【請求項6】
 
車体フレームを構成するパイプフレームを備え、
前記ガス供給手段は、前記パイプフレーム内に設けられた前記圧縮ガス又は該圧縮ガスとなる液化ガスを収納した収納容器を備えることを特徴とする請求項1~5のいずれか1項に記載の車椅子。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018059444thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close