Top > Search of Japanese Patents > PROMOTION OF GROWTH OF PLANT

PROMOTION OF GROWTH OF PLANT foreign

Patent code P020000027
File No. P98-5
Posted date May 27, 2003
Application number P2000-036153
Publication number P2000-312531A
Patent number P3448609
Date of filing Feb 15, 2000
Date of publication of application Nov 14, 2000
Date of registration Jul 11, 2003
Inventor
  • (In Japanese)小林 昭雄
  • (In Japanese)福崎 英一郎
  • (In Japanese)磯貝 彰
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学
Title PROMOTION OF GROWTH OF PLANT foreign
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To avoid photooxidation injury, promote the growth of plants and increase the production of foods by administering a low-molecular organic acid (salt) to the plants.

SOLUTION: A low-molecular organic acid (salt) such as potassium formate sodium formate and ammonium formate is administered to plants to induce the enzyme activity of a formate dehydrogenase and promote the growth of the plants, or a low-molecular alcohol such as methanol is administered to the plants to avoid photooxidation injury and promote the growth of the plants. Furthermore, (a) a DNA fragment comprising a base sequence represented by formula II and derived from a rice plant formate dehydrogenase or (b) a DNA fragment comprising the base sequence represented by formula II in which a part of the DNA fragment (a) is deleted, substituted or added, derived from the rice plant formate dehydrogenase and capable of encoding (A) a polypeptide comprising an amino acid sequence represented by formula I and derived from the rice plant formate dehydrogenase or (B) a polypeptide comprising the amino acid sequence represented by formula I in which a part of the component A is deleted, substituted or added, having actions of producing carbon dioxide using formic acid as a substrate and derived from the rice plant formate dehydrogenase is preferably transduced into the plants to excessively express the rice plant formate dehydrogenase and promote the growth of the plants.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)現在、世界的な人口の増加より食糧の増産が求められているが、植物の生育及び代謝は様々な周囲の環境条件に影響を受ける事が知られている。そのような影響の一つに、強光、乾燥条件下において気孔の閉鎖により二酸化炭素の取り込みが低下することによる、光酸化傷害と呼ばれる現象が知られている。二酸化炭素が欠乏する事により、光合成系が獲得したエネルギーが過剰となり、植物の防衛機能の容量を超えた活性酸素が生成して、光酸化傷害を引き起こす事が判っている。そのような光酸化傷害は植物の成長を抑制するため、光酸化傷害を防止する方法が求められていた。
従来、酸化的障害に対する改善方法として、活性酸素の消去能力を付与した遺伝子組み換え植物を用いる方法が行われていた。しかし、そのような組み換え植物の作成には時間を要し、またその対象となる植物は限定されている、という問題があった。そこで、簡便かつ汎用性のある光酸化障害の防止方法を開発する事が求められていた。
Field of industrial application (In Japanese)植物の光酸化障害を回避させる方法
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  植物に低分子有機酸又はその塩を投与する事による、植物の光酸化障害を回避させる方法。
【請求項2】
  前記低分子有機酸又はその塩が蟻酸又はその塩である、請求項1記載の植物の光酸化障害を回避させる方法。
【請求項3】
  蟻酸の塩が、蟻酸カリウム、蟻酸ナトリウム及び蟻酸アンモニウムより成る群より選択された、請求項2記載の植物の光酸化障害を回避させる方法。
【請求項4】
  蟻酸又はその塩の投与により、蟻酸デヒドロゲナーゼの酵素活性を誘導して植物の成長を促進させる、請求項2記載の植物の光酸化障害を回避させる方法。
【請求項5】
  低分子有機酸又はその塩を配合した、植物光酸化障害回避剤。
【請求項6】
  低分子有機酸が蟻酸又はその塩である、請求項5記載の植物光酸化障害回避剤。
【請求項7】
  蟻酸又はその塩の濃度を125ppmになるように調整した、請求項6記載の植物光酸化障害回避剤。
【請求項8】
  蟻酸又はその塩を含有し、pHが5.5-8.0である、請求項6記載の植物光酸化障害回避剤。
【請求項9】
  蟻酸の塩が、蟻酸カリウム、蟻酸ナトリウム及び蟻酸アンモニウムより成る群より選択された、請求項6記載の植物光酸化障害回避剤。
【請求項10】
  植物に低分子アルコールを投与する事により、植物の光酸化障害を回避させる方法。
【請求項11】
  前記低分子アルコールがメタノールである、請求項10記載の植物の光酸化障害を回避させる方法。
【請求項12】
  メタノールを配合した、植物光酸化障害回避剤。
【請求項13】
  メタノールの濃度を50mMになるように調整した、請求項12記載の植物光酸化障害回避剤。
Industrial division
  • Agriculture, forestry
  • Drug
  • Microbial industry
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

09018_01SUM.gif
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close