Top > Search of Japanese Patents > LINE SEGMENT DIRECTION MATCHING DEVICE FOR LITERALLY CHALLENGED PEOPLE

LINE SEGMENT DIRECTION MATCHING DEVICE FOR LITERALLY CHALLENGED PEOPLE

Patent code P200016567
File No. P2018-110451
Posted date Feb 3, 2020
Application number P2018-110451
Publication number P2019-209057A
Patent number P6617258
Date of filing Jun 8, 2018
Date of publication of application Dec 12, 2019
Date of registration Nov 22, 2019
Inventor
  • (In Japanese)前原 吾朗
  • (In Japanese)隅田 浩子
  • (In Japanese)斎田 真也
  • (In Japanese)草野 勉
Applicant
  • (In Japanese)学校法人神奈川大学
Title LINE SEGMENT DIRECTION MATCHING DEVICE FOR LITERALLY CHALLENGED PEOPLE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To enable the determination of the literally challenged people to be performed accurately by inhibiting the dexterity of subjects' fingers from influencing the result for the problem of estimating the recognition of inclination of line segments.
SOLUTION: A line segment direction matching device 1 determines whether or not the subject is a literally challenged person according to the result of a direction matching of a reference line segment 3a and a movable line segment 4b moved by a subject, the direction of the movable line segment 4b is characterized by being changed by turning a rotary member 4 which can rotate around a fixing shaft 4a.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、読み書き困難者の判定方法としては、非特許文献1に記載されているものが知られている。この非特許文献1には、読み書き障害児における認知障害構造を明らかにする目的で、視機能、視知覚および視覚認知機能について、読み書き障害児と定型発達児に対して種々の課題を実施した結果が開示されている。ここに記載されている課題の1つに、線分の傾きの知覚を評価する課題が示されている。この課題は、水平面上に呈示された2つの円のうち、被検者から見て左側の円の中に、被検者から見て真横の方向(基準方向)に対して傾いた方向に延びる参照線分が呈示されており、被検者は、渡された木製の棒(可動線分)を、左側の円に呈示された参照線分と同じ傾きになるように、制限時間を設けずに、右側の円の中に置くというものである。非特許文献1には、読み書き障害児は、線分の傾きの知覚を評価する課題の成績が低いという結果が開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、被検者が視覚認知障害に起因する読み書き困難者であるか否かを判定するために、参照線分と被検者が動かす可動線分との方向マッチングを実施する線分方向マッチング装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
被検者が読み書き困難者であるか否かを判定するために、参照線分と被検者が動かす可動線分との方向マッチングを実施する線分方向マッチング装置であって、
前記参照線分と前記可動線分との方向が一致するときに前記参照線分及び前記可動線分が同一直線上に並ばないように配置され、
固定軸回りで回動可能な回動部材の被験者による回動で前記可動線分の方向を変化させるようにしたことを特徴とする線分方向マッチング装置。

【請求項2】
 
請求項1に記載の線分方向マッチング装置において、
前記回動部材は、前記固定軸と円中心が一致するように配置される円形部材であり、
前記円形部材の上面に前記可動線分が呈示されていることを特徴とする線分方向マッチング装置。

【請求項3】
 
請求項2に記載の線分方向マッチング装置において、
前記円形部材は、基台から前記固定軸方向へ突出して配置され、被検者が当該円形部材の側面を操作することで回動することを特徴とする線分方向マッチング装置。

【請求項4】
 
請求項1乃至3のいずれか1項に記載の線分方向マッチング装置において、
前記回動部材の回動位置を出力する出力部を有することを特徴とする線分方向マッチング装置。

【請求項5】
 
請求項4に記載の線分方向マッチング装置において、
前記出力部は、前記回動部材の回動位置を表示する表示部を含むことを特徴とする線分方向マッチング装置。

【請求項6】
 
請求項5に記載の線分方向マッチング装置において、
前記回動部材は、基台の上面に配置され、
前記表示部は、前記基台の側面に配置されることを特徴とする線分方向マッチング装置。

【請求項7】
 
請求項4乃至6のいずれか1項に記載の線分方向マッチング装置において、
前記出力部は、前記回動部材の回動位置を外部装置へデータ出力するデータ出力部を含むことを特徴とする線分方向マッチング装置。

【請求項8】
 
請求項1乃至7のいずれか1項に記載の線分方向マッチング装置において、
前記回動部材の回動位置の時間変化を記録する記録部を有することを特徴とする線分方向マッチング装置。

【請求項9】
 
請求項1乃至8のいずれか1項に記載の線分方向マッチング装置において、
前記参照線分の方向は、基準方向に対する角度が、0°以上180°以下の範囲のうち、22.5°、67.5°、112.5°、157.5°及びこれらの±5°の角度範囲から選ばれたものであることを特徴とする線分方向マッチング装置。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018110451thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)本技術について、ライセンスや共同研究等をご希望の方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close