Top > Search of Japanese Patents > COLOR VISION TEST EQUIPMENT

COLOR VISION TEST EQUIPMENT

Patent code P200016568
File No. P2017-230244
Posted date Feb 3, 2020
Application number P2017-230244
Publication number P2019-097749A
Patent number P6358722
Date of filing Nov 30, 2017
Date of publication of application Jun 24, 2019
Date of registration Jun 29, 2018
Inventor
  • (In Japanese)斎田 真也
  • (In Japanese)内川 惠二
  • (In Japanese)安間 哲史
  • (In Japanese)吉澤 達也
  • (In Japanese)和氣 洋美
  • (In Japanese)和氣 典二
Applicant
  • (In Japanese)学校法人神奈川大学
Title COLOR VISION TEST EQUIPMENT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To reduce error of examination accuracy, without performing such a complicated work that a subject switches an observation place during a test.
SOLUTION: In color vision test equipment 1 for determining color vision abnormality by comparing mixed color light Y'(R+G) with reference light Y, mixed color light Y' and reference light Y are presented to the same observation visual field at each different time. Hereby, the subject can remove substantially error of examination accuracy caused by a difference of a color adaptation state, without sandwiching observation of white light, and a conventional complicated work for switching an observation place for observing white light during a test becomes unnecessary.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、色覚検査装置としてはアノマロスコープが知られている(特許文献1等)。アノマロスコープを用いた色覚検査では、一般に、検査対象者(被検者)が接眼部に目を当てて装置内部に用意された円形の観察視野を観察し、その円形観察視野の上半分に呈示される赤色光と緑色光とを混合した混色光と、下半分に呈示される黄色の単色光からなる参照光とを対比する。被検者は、円形観察視野における上下の色が同じように見えるようになるまで、混色ノブを回して、混色光中の赤色光と緑色光の混合比率を調整し、単色ノブを回して、黄色光の輝度を調整する。アノマロスコープによれば、混色ノブを回して調整した混色光中の混合比率及び単色ノブを回して調整した黄色光の設置値から、色覚異常か否か、更には、色覚異常の程度、色覚異常の種類(1型2色覚、2型2色覚等)を判定することができる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、混色光と参照光とを対比して色覚異常を判定する色覚検査装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
混色光と参照光とを対比して色覚異常を判定する色覚検査装置において、
前記混色光と前記参照光とを互いに異なる時期に同一の観察視野に呈示するとともに、
前記混色光及び前記参照光とは異なる色の第3色光を、前記混色光及び前記参照光とは異なる時期に、前記同一の観察視野に呈示することを特徴とする色覚検査装置。

【請求項2】
 
請求項1に記載の色覚検査装置において、
前記混色光の呈示時期と前記参照光の呈示時期とが部分的に重複する重複時期が存在するように、前記混色光と前記参照光とを呈示することを特徴とする色覚検査装置。

【請求項3】
 
請求項2に記載の色覚検査装置において、
前記重複時期では、前記混色光と前記参照光のうち呈示を終了する方の輝度を徐々に下げるとともに、呈示を開始する方の輝度を徐々に上げることを特徴とする色覚検査装置。

【請求項4】
 
請求項1乃至3のいずれか1項に記載の色覚検査装置において、
前記第3色光の色は、前記混色光及び前記参照光の呈示によって生じる網膜の錐体間における色順応の差を小さくする色であることを特徴とする色覚検査装置。

【請求項5】
 
請求項1乃至4のいずれか1項に記載の色覚検査装置において、
前記第3色光の色は、白色であることを特徴とする色覚検査装置。

【請求項6】
 
請求項1乃至5のいずれか1項に記載の色覚検査装置において、
前記混色光を構成する各単色光の輝度を調整する手段を有し、
前記各単色光と所定輝度の前記参照光とを前記同一の観察視野に交互に呈示して、輝度変化が知覚されない又は最小になるように前記手段によって輝度が調整された前記各単色光を用いて、前記参照光と対比される前記混色光を前記同一の観察視野に交互に呈示することを特徴とする色覚検査装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
  • 4C316AA19
  • 4C316FY09
  • 4C316FZ03
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017230244thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)本技術について、ライセンスや共同研究等をご希望の方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close