TOP > 国内特許検索 > 折り畳み構造物

折り畳み構造物 UPDATE 実績あり

国内特許コード P200016581
掲載日 2020年2月14日
出願番号 特願2015-245594
公開番号 特開2017-110315
登録番号 特許第6628308号
出願日 平成27年12月16日(2015.12.16)
公開日 平成29年6月22日(2017.6.22)
登録日 令和元年12月13日(2019.12.13)
発明者
  • 萩原 一郎
  • 奈良 知惠
出願人
  • 学校法人明治大学
発明の名称 折り畳み構造物 UPDATE 実績あり
発明の概要 【課題】折り畳み状態における折り畳み構造物の小型化を図る。
【解決手段】折り畳み構造物10Aは、一対の平行辺21A及びこれらの端部同士をつなぐ一対の延在辺22Aを有する平面視長方形に形成され、延在辺を軸として相互に回動自在に接続される複数の第一平板パーツ20Aと、第一平板パーツの平行辺の両端から離れるにしたがって相互に近づくように延びる一対の傾斜辺32Aを有する平面視多角形に形成され、平行辺を軸として各第一平板パーツに対して回動自在に接続される複数の第二平板パーツ30Aを備える。隣り合う第二平板パーツは、傾斜辺を軸として互いに回動自在に接続される。第一平板パーツは、第一折り線AVL1を軸として互いに回動可能に接続された一対の第一平板要素23Aからなる。第二平板パーツは、第二折り線AVL2を軸として互いに回動可能に接続された一対の第二平板要素34Aからなる。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要

従来、内部に空間を有する構造物には、折り畳み可能に構成された折り畳み構造物がある。
特許文献1には、折り畳み構造物として、半球殻状の帽体を偏平に折り畳むことが可能なヘルメットが開示されている。このヘルメットでは、半球殻状の帽体が二つの半帽体によって構成されている。また、各半帽体が、一つの中央殻と、中央殻に隣接する複数の周辺殻とを回動可能に連結して構成されている。さらに、二つの半帽体において互いに対応する周辺殻同士が回動可能に連結されている。そして、各半帽体の中央殻と周辺殻とを平たく展開し、二つの半帽体の周辺殻同士を二つ折りとすることで、帽体が偏平に折り畳まれる。

産業上の利用分野

この発明は、折り畳み構造物に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
互いに平行する一対の平行辺、及び、一方の前記平行辺の両端から他方の前記平行辺の両端まで延びる一対の延在辺を有すると共に、前記平行辺と一対の前記延在辺とがなす角度が互いに等しい平面視四角形に形成され、前記延在辺を軸として相互に回動自在に接続された複数の第一平板パーツと、
前記平行辺の両端を起点として、前記第一平板パーツから離れるにしたがって相互に近づくように延びる一対の傾斜辺を有する平面視多角形に形成され、前記平行辺を軸として各第一平板パーツに対して回動自在に接続された複数の第二平板パーツと、を備え、
複数の前記第一平板パーツの配列方向に隣り合う前記第二平板パーツが、前記傾斜辺を軸として互いに回動自在に接続され、
前記第一平板パーツが、一対の前記平行辺の中間を通る第一折り線を軸として互いに回動可能に接続された一対の第一平板要素からなり、
前記第二平板パーツが、前記第一折り線の端部から延長して延びる第二折り線を軸として互いに回動可能に接続された一対の第二平板要素からなり、
前記第一平板パーツと前記第二平板パーツとの間に、
前記平行辺の両端を結ぶ第一線分、及び、前記平行辺よりも前記第一平板パーツ側または前記第二平板パーツ側において前記第一折り線上または前記第二折り線上に位置する点と前記平行辺の両端とを結ぶ一対の第二線分によって囲まれる三角形領域を少なくとも含む隙間が形成されている折り畳み構造物。

【請求項2】
前記隙間が、可撓性を有する被覆部によって埋められている請求項1に記載の折り畳み構造物。

【請求項3】
前記第二平板パーツは、前記第二折り線が延びる方向に配列されると共に相互に回動可能に接続される複数の分割平板パーツを備え、
一の分割平板パーツにおいて前記平行辺と前記傾斜辺とがなす角度が、前記一の分割平板パーツよりも前記第一平板パーツ側に位置する別の分割平板パーツにおいて前記平行辺と前記傾斜辺とがなす角度よりも小さい請求項1又は請求項2に記載の折り畳み構造物。

【請求項4】
互いに平行する一対の平行辺、及び、一方の前記平行辺の両端から他方の前記平行辺の両端まで延びる一対の延在辺を有すると共に、前記平行辺と一対の前記延在辺とがなす角度が互いに等しい平面視四角形に形成され、前記延在辺を軸として相互に回動自在に接続された複数の第一平板パーツと、
前記平行辺の両端を起点として、前記第一平板パーツから離れるにしたがって相互に近づくように延びる一対の傾斜辺を有する平面視多角形に形成され、前記平行辺を軸として各第一平板パーツに対して回動自在に接続された複数の第二平板パーツと、を備え、
複数の前記第一平板パーツの配列方向に隣り合う前記第二平板パーツが、前記傾斜辺を軸として互いに回動自在に接続され、
前記第一平板パーツが、一対の前記平行辺の中間を通る第一折り線を軸として互いに回動可能に接続された一対の第一平板要素からなり、
前記第二平板パーツが、前記第一折り線の端部から延長して延びる第二折り線を軸として互いに回動可能に接続された一対の第二平板要素からなり、
前記第二平板パーツは、前記第二折り線が延びる方向に配列されると共に相互に回動可能に接続される複数の分割平板パーツを備え、
一の分割平板パーツにおいて前記平行辺と前記傾斜辺とがなす角度が、前記一の分割平板パーツよりも前記第一平板パーツ側に位置する別の分割平板パーツにおいて前記平行辺と前記傾斜辺とがなす角度よりも小さい折り畳み構造物。

【請求項5】
前記第二平板パーツが、一対の前記傾斜辺の延在方向の先端同士を接続する頂部辺を有する平面視多角形に形成され、
前記頂部辺が、前記平行辺に平行している請求項1から請求項4のいずれか一項に記載の折り畳み構造物。

【請求項6】
互いに平行する一対の平行辺、及び、一方の前記平行辺の両端から他方の前記平行辺の両端まで延びる一対の延在辺を有すると共に、前記平行辺と一対の前記延在辺とがなす角度が互いに等しい平面視四角形に形成され、前記延在辺を軸として相互に回動自在に接続された複数の第一平板パーツと、
前記平行辺の両端を起点として、前記第一平板パーツから離れるにしたがって相互に近づくように延びる一対の傾斜辺を有する平面視多角形に形成され、前記平行辺を軸として各第一平板パーツに対して回動自在に接続された複数の第二平板パーツと、を備え、
複数の前記第一平板パーツの配列方向に隣り合う前記第二平板パーツが、前記傾斜辺を軸として互いに回動自在に接続され、
前記第一平板パーツが、一対の前記平行辺の中間を通る第一折り線を軸として互いに回動可能に接続された一対の第一平板要素からなり、
前記第二平板パーツが、前記第一折り線の端部から延長して延びる第二折り線を軸として互いに回動可能に接続された一対の第二平板要素からなり、
前記第二平板パーツが、一対の前記傾斜辺の延在方向の先端同士を接続する頂部辺を有する平面視多角形に形成され、
前記頂部辺が、前記平行辺に平行している折り畳み構造物。

【請求項7】
一対の前記第一平板要素及び一対の前記第二平板要素を、それぞれ前記第一折り線及び前記第二折り線に沿って互いに開き、前記第一平板パーツ及び前記第二平板パーツを折り目の無い平板とした状態で、内部に空間を有する構造物となり、
前記第一平板パーツ及び前記第二平板パーツの少なくとも一方のうち、前記空間側に向く面には、緩衝部が設けられている請求項1から請求項6のいずれか一項に記載の折り畳み構造物。

【請求項8】
互いに平行する一対の平行辺、及び、一方の前記平行辺の両端から他方の前記平行辺の両端まで延びる一対の延在辺を有すると共に、前記平行辺と一対の前記延在辺とがなす角度が互いに等しい平面視四角形に形成され、前記延在辺を軸として相互に回動自在に接続された複数の第一平板パーツと、
前記平行辺の両端を起点として、前記第一平板パーツから離れるにしたがって相互に近づくように延びる一対の傾斜辺を有する平面視多角形に形成され、前記平行辺を軸として各第一平板パーツに対して回動自在に接続された複数の第二平板パーツと、を備え、
複数の前記第一平板パーツの配列方向に隣り合う前記第二平板パーツが、前記傾斜辺を軸として互いに回動自在に接続され、
前記第一平板パーツが、一対の前記平行辺の中間を通る第一折り線を軸として互いに回動可能に接続された一対の第一平板要素からなり、
前記第二平板パーツが、前記第一折り線の端部から延長して延びる第二折り線を軸として互いに回動可能に接続された一対の第二平板要素からなり、
一対の前記第一平板要素及び一対の前記第二平板要素を、それぞれ前記第一折り線及び前記第二折り線に沿って互いに開き、前記第一平板パーツ及び前記第二平板パーツを折り目の無い平板とした状態で、内部に空間を有する構造物となり、
前記第一平板パーツ及び前記第二平板パーツの少なくとも一方のうち、前記空間側に向く面には、緩衝部が設けられている折り畳み構造物。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2015245594thum.jpg
出願権利状態 登録
掲載中の発明について更に詳しい内容の説明を御希望の際は、お気軽にお問い合せください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close