TOP > 国内特許検索 > 字形変換コンテンツ生成装置、字形変換コンテンツ生成システム、字形変換コンテンツ生成方法、及びプログラム

字形変換コンテンツ生成装置、字形変換コンテンツ生成システム、字形変換コンテンツ生成方法、及びプログラム UPDATE

国内特許コード P200016584
掲載日 2020年2月14日
出願番号 特願2017-101014
公開番号 特開2018-195261
出願日 平成29年5月22日(2017.5.22)
公開日 平成30年12月6日(2018.12.6)
発明者
  • 中村 聡史
  • 鈴木 正明
  • 斉藤 絢基
出願人
  • 学校法人明治大学
発明の名称 字形変換コンテンツ生成装置、字形変換コンテンツ生成システム、字形変換コンテンツ生成方法、及びプログラム UPDATE
発明の概要 【課題】字形を変換することにより、コンテンツから得られる刺激を大きくする。
【解決手段】字形変換コンテンツ生成装置は、コンテンツに含まれる基準文字及び融合対象文字を融合して、基準文字の字形を変換した融合文字を生成する融合文字生成部と、コンテンツに含まれる基準文字を、融合文字生成部で生成された融合文字に変換して、文字変換コンテンツを生成するコンテンツ変換部と、を備える。基準文字及び融合対象文字の少なくとも一方が、手書き文字である。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要

現代日本においては、デジタルコンテンツの発展が目覚ましく、例えば、電子書籍や電子コミック、さらにはデジタルサイネージなどのコンテンツが利用されている。これらのデジタルコンテンツには、文字が利用されていることがあり、デジタルコンテンツに利用される文字によっては、視聴者に与える印象が異なるものとなることがある。

また、従来、手書き文字を利用した形状処理装置がある(例えば特許文献1参照)。この形状処理装置では、手書き文字とこの手書き文字と同一文字を利用して文字を生成するというものである。この形状処理装置を用いることにより、美しい文字を作成することができるとされている。

産業上の利用分野

本発明は、字形変換コンテンツ生成装置、字形変換コンテンツ生成システム、字形変換コンテンツ生成方法、及びプログラムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
コンテンツに含まれる基準文字及び融合対象文字を融合して、前記基準文字の字形を変換した融合文字を生成する融合文字生成部と、
前記コンテンツに含まれる基準文字を、前記融合文字生成部で生成された融合文字に変換して、文字変換コンテンツを生成するコンテンツ変換部と、を備え、
前記基準文字及び前記融合対象文字の少なくとも一方が、手書き文字であることを特徴とする字形変換コンテンツ生成装置。

【請求項2】
前記融合文字生成部は、前記基準文字と前記融合対象文字との融合割合を調整する請求項1に記載の字形変換コンテンツ生成装置。

【請求項3】
前記融合文字生成部は、前記コンテンツの進捗に応じて、前記融合割合を調整する請求項2に記載の字形変換コンテンツ生成装置。

【請求項4】
前記融合対象文字が、ユーザの手書き文字である請求項1~3のうちのいずれか1項に記載の字形変換コンテンツ生成装置。

【請求項5】
前記融合対象文字が複数種類用意されており、
前記コンテンツの特性に応じて、複数種類の前記融合対象文字の中から、前記基準文字に融合する融合対象文字を選択する融合文字選択部をさらに備える請求項1~3のうちのいずれか1項に記載の字形変換コンテンツ生成装置。

【請求項6】
前記文字変換コンテンツの視聴者を認識する視聴者認識部をさらに備え、
前記融合文字選択部は、前記視聴者認識部で認識された視聴者に基づいて、前記基準文字に融合する融合対象文字を選択する請求項5に記載の字形変換コンテンツ生成装置。

【請求項7】
前記融合文字生成部は、前記基準文字の面積に応じた面積の前記融合文字を生成する請求項1~6のうちのいずれか1項に記載の字形変換コンテンツ生成装置。

【請求項8】
基準文字を含むコンテンツを供給する供給部と、
融合対象文字を記憶する記憶部と、
前記供給部から供給されるコンテンツに含まれる前記基準文字及び前記記憶部に記憶された融合対象文字を融合して、前記基準文字の字形を変換した融合文字を生成する融合文字生成部と、
前記コンテンツに含まれる基準文字を、前記融合文字生成部で生成された融合文字に変換して、文字変換コンテンツを生成するコンテンツ変換部と、を備え、
前記基準文字及び前記融合対象文字の少なくとも一方が、手書き文字であることを特徴とする字形変換コンテンツ生成システム。

【請求項9】
コンテンツに含まれる基準文字及び融合対象文字を融合して、前記基準文字の字形を変換した融合文字を生成する融合文字生成ステップと、
前記コンテンツに含まれる基準文字を、前記融合文字生成ステップで生成された融合文字に変換して、文字変換コンテンツを生成するコンテンツ変換ステップと、を含み、
前記基準文字及び前記融合対象文字の少なくとも一方が、手書き文字であることを特徴とする字形変換コンテンツ生成方法。

【請求項10】
コンピュータに、
コンテンツに含まれる基準文字及び融合対象文字を融合して、前記基準文字の字形を変換した融合文字を生成する融合文字生成ステップと、
前記コンテンツに含まれる基準文字を、前記融合文字生成ステップで生成された融合文字に変換して、文字変換コンテンツを生成するコンテンツ変換ステップと、
を実行させ、
前記基準文字及び前記融合対象文字の少なくとも一方が、手書き文字であることを特徴とするプログラム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2017101014thum.jpg
出願権利状態 公開
掲載中の発明について更に詳しい内容の説明を御希望の際は、お気軽にお問い合せください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close