Top > Search of Japanese Patents > BIOLOGICAL SAMPLE PRESERVATION CONTAINER

BIOLOGICAL SAMPLE PRESERVATION CONTAINER

Patent code P200016585
Posted date Feb 14, 2020
Application number P2017-122369
Publication number P2019-006695A
Patent number P6721242
Date of filing Jun 22, 2017
Date of publication of application Jan 17, 2019
Date of registration Jun 22, 2020
Inventor
  • (In Japanese)長嶋 比呂志
  • (In Japanese)林 明日香
Applicant
  • (In Japanese)学校法人明治大学
Title BIOLOGICAL SAMPLE PRESERVATION CONTAINER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide means that solves the hygienic problem, breakage problem, and automation problem found in the conventional biological sample vitrification cryopreservation method.
SOLUTION: Provided is a biological sample preservation container including a container body for containing a biological sample, an injection member for injecting a liquid into the container from the outside of the container, and a discharge member for discharging a liquid from the inside of the container to the outside of the container and characterized in that the injection member and the discharge member are installed at such a position that a flow of liquid occurs between the injection member and the discharge member and the flow of the liquid contacts the biological sample contained in the container body.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

細胞シートは再生医療に広く応用されつつあるが、培養に時間を要することから、移植までのタイムラグが避けられない。このため、必要な時にすぐに使える状態で、細胞シートを長期間保存する技術として、ガラス化して凍結保存する方法が開発されている(非特許文献1)。

非特許文献1に記載されている保存方法では、細胞シートを平衡液に浸漬し、次いで、ガラス化液に浸漬し、その後、液体窒素蒸気に暴露することにより、凍結させている。また、凍結させた細胞シートの融解は、細胞シートを電気加熱プレート上で加温した後、融解液、希釈液、洗浄液の順に浸漬することにより行っている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、細胞シートなどの生体試料を保存するための容器、並びにその容器を用いた生体試料の凍結方法及び融解方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
生体試料を収容する容器本体と、容器外部から容器内部へ液体を注入する注入部材、及び容器内部から容器外部へ液体を排出する排出部材とを有する生体試料保存容器であって、
1)注入部材及び排出部材が管であり、これらの管の一部は容器本体内部に位置し、当該部分には、複数の小孔が設けられていること、
2)容器本体は、開閉可能な開口部を有する長方形型の袋状の容器であること、
3)注入部材及び排出部材は、一端が容器本体の外に突き出るように開口部から挿入されており、他の一端が容器本体の開口部とは逆の端部付近に位置すること、及び
4)注入部材及び排出部材は、容器本体の周縁部であって、長方形型の容器本体の対辺に沿ってそれぞれ設置されていることを特徴とする生体試料保存容器。

【請求項2】
 
生体試料が、細胞シートであることを特徴とする請求項1に記載の生体試料保存容器。

【請求項3】
 
以下の工程(1)~(4)を含むことを特徴とする生体試料の凍結方法であって、生体試料が細胞シートであることを特徴とする生体試料の凍結方法、
(1)請求項1に記載の生体試料保存容器の容器本体に、生体試料を収容する工程、
(2)平衡液を、注入部材から容器本体へ注入し、生体試料と接触させた後、排出部材から排出する工程、
(3)ガラス化液を、注入部材から容器本体へ注入し、生体試料と接触させた後、容器内部の液体を排出部材から排出する工程、
(4)生体試料保存容器を冷却し、生体試料を凍結する工程。

【請求項4】
 
以下の工程(1)~(4)を含むことを特徴とする凍結生体試料の融解方法であって、生体試料が細胞シートであることを特徴とする凍結生体試料の融解方法
(1)凍結した生体試料が容器本体に収容されている請求項1に記載の生体試料保存容器を、加温する工程
(2)融解液を、注入部材から容器本体へ注入し、生体試料と接触させた後、容器内部の液体を排出部材から排出する工程、
(3)希釈液を、注入部材から容器本体へ注入し、生体試料と接触させた後、容器内部の液体を排出部材から排出する工程、
(4)洗浄液を、注入部材から容器本体へ注入し、生体試料と接触させた後、容器内部の液体を排出部材から排出する工程。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017122369thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail o if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close