Top > Search of Japanese Patents > MANUFACTURING METHOD OF POSITIVE ELECTRODE FOR NONAQUEOUS ELECTROLYTE SECONDARY BATTERY

MANUFACTURING METHOD OF POSITIVE ELECTRODE FOR NONAQUEOUS ELECTROLYTE SECONDARY BATTERY

Patent code P200016610
File No. N19056
Posted date Feb 18, 2020
Application number P2019-209082
Publication number P2020-031065A
Date of filing Nov 19, 2019
Date of publication of application Feb 27, 2020
Inventor
  • (In Japanese)手嶋 勝弥
  • (In Japanese)是津 信行
  • (In Japanese)内田 修平
  • (In Japanese)平田 和希
  • (In Japanese)加美 謙一郎
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title MANUFACTURING METHOD OF POSITIVE ELECTRODE FOR NONAQUEOUS ELECTROLYTE SECONDARY BATTERY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a manufacturing method of a positive electrode for a nonaqueous electrolyte secondary battery, allowing for materialization of high potential of a battery potential.
SOLUTION: A manufacturing method of a positive electrode for a nonaqueous electrolyte secondary battery comprises: mixing a thin film raw material made of K2CO3 and Nb2O5 with a flux made of KCl, heating and cooling the resulting mixture then removing flux by cleaning the cooled mixture thereby making a thin film compound; and preparing solution of the thin film compound and applying the solution to a surface of a positive electrode active material layer having a positive electrode active material.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、高エネルギー密度を備える電池として、非水電解質二次電池の使用が携帯電話、ノートパソコン等の小型民生機器に進められている。非水電解質二次電池としては、例えば、リチウムイオン二次電池を例示できる。リチウムイオン二次電池は、近年では、定置型蓄電システム、ハイブリッド自動車、電気自動車などの大型機器への使用が検討されている。大型機器への適用は、小型機器と比較して、高容量や大電流が要求される。

リチウムイオン二次電池の容量は、リチウムイオン(Liイオン)を電気化学的に脱挿入する正極活物質の組成により、変化する。正極活物質としては、LiCoO2やLiMn2O4、LiFePO4などの複合酸化物が用いられる。

リチウムイオン二次電池は、一般に、正極活物質を有する正極活物質層を正極集電体の表面に形成した正極と、負極活物質を有する負極活物質層を負極集電体の表面に形成した負極とが、非水電解質を介して接続され、電池ケースに収納される構成を有している。そして、電極活物質層(正極活物質層,負極活物質層)は、電極活物質粉末をバインダや導電材とともに混合してなる合材を集電体の表面に塗布して形成される。
リチウムイオン二次電池では、電池容量等の電池性能の向上が求められている。

例えば、特許文献1に、正極と樹脂層(セパレータ)との間に配置され、主成分としてフッ化アルミニウムを含有し、10nm以上1μm以下の厚さを有する絶縁層を備える非水電解質二次電池が開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、非水電解質二次電池用正極の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
K2CO3及びNb2O5よりなる薄膜の原料と、KClよりなるフラックスとを混合し、加熱し、冷却した後に温水で洗浄してフラックスを除去して薄膜化合物を製造し、
前記薄膜化合物の溶液を調製し、正極活物質を有する正極活物質層の表面に塗布することを特徴とする非水電解質二次電池用正極の製造方法。

【請求項2】
 
前記薄膜化合物をHCl溶液に浸漬した後、水で洗浄し、テトラブチルアンモニウムヒドロキシド(TBAOH)水溶液に浸漬した後に、前記薄膜化合物の溶液を調製する請求項1に記載の非水電解質二次電池用正極の製造方法。

【請求項3】
 
前記正極活物質は、層状構造のLiNiαMnβCoγMδO2(α+β+γ+δ=1,0<α,0<β,0<γ,0≦δ,M:遷移金属元素及びアルミニウムより選ばれる1種以上)よりなる請求項1~2のいずれか1項に記載の非水電解質二次電池用正極の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close