TOP > 国内特許検索 > 容器、及び光学顕微鏡の温度調整装置

容器、及び光学顕微鏡の温度調整装置 UPDATE

国内特許コード P200016615
整理番号 (S2018-0594-N0)
掲載日 2020年2月25日
出願番号 特願2019-086354
公開番号 特開2019-194589
出願日 平成31年4月26日(2019.4.26)
公開日 令和元年11月7日(2019.11.7)
優先権データ
  • 特願2018-085225 (2018.4.26) JP
発明者
  • 藤原 正澄
  • 湯川 博
  • 馬場 嘉信
出願人
  • 公立大学法人大阪
  • 国立大学法人名古屋大学
発明の名称 容器、及び光学顕微鏡の温度調整装置 UPDATE
発明の概要 【課題】電子スピン共鳴を用いた実験の効率を向上させる。
【解決手段】温度調整装置100は、光学顕微鏡に配置され、ステージ51と、第1加熱部61と、カバー7と、第2加熱部71と、温度制御部8とを備える。ステージ51は、容器1が載置されるように構成される。第1加熱部61は、光学顕微鏡の対物レンズ6を加熱する。カバー7は、容器1を覆う。第2加熱部71は、カバー7を加熱する。温度制御部8は、第1加熱部61と第2加熱部71とを制御する。容器1は、試料Mを収納する。容器1は、容器1の底面に配置されるガラス板13を備える。ガラス板13には、マイクロ波を試料Mに照射するアンテナ14が形成される。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要

特許文献1に記載の顕微鏡には、金属製のステージの中央部に、ガラス板が配置される。また、ガラス板の上面には、例えば、ガラス製のペトリディシュ型の培養容器が載置される。

産業上の利用分野

本発明は、電子スピン共鳴を用いた実験に用いる容器、及び光学顕微鏡の温度調整装置に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
試料を収納する容器であって、
前記容器の底面に配置されるガラス板を備え、
前記ガラス板には、マイクロ波を前記試料に照射するアンテナが形成される、容器。

【請求項2】
前記アンテナは、蒸着によって前記ガラス板に形成される、請求項1に記載の容器。

【請求項3】
前記アンテナは、フォトリソグラフィによって前記ガラス板に形成される、請求項1に記載の容器。

【請求項4】
蓋を更に備え、
前記蓋は、前記容器を閉塞する、請求項1から請求項3のいずれか1項に記載の容器。

【請求項5】
前記アンテナに前記マイクロ波を伝送する第1導線と、
前記アンテナに前記マイクロ波を伝送し、前記第1導線と相違する第2導線と
を更に備え、
前記第1導線の一方端は、前記アンテナの一方端に接続され、
前記第2導線の一方端は、前記アンテナの他方端に接続される、請求項1から請求項4のいずれか1項に記載の容器。

【請求項6】
前記第1導線及び前記第2導線の各々は、薄板状に形成され、
前記第1導線の一方端の幅は、前記アンテナの一方端の幅と略同一であり、
前記第2導線の一方端の幅は、前記アンテナの他方端の幅と略同一である、請求項5に記載の容器。

【請求項7】
前記第1導線の長手方向の中心線は、直線状であり、
前記第1導線の幅方向の両端部の各々は、前記第1導線の長手方向に直線状に形成され、
前記第2導線の長手方向の中心線は、直線状であり、
前記第2導線の幅方向の両端部の各々は、前記第2導線の長手方向に直線状に形成される、請求項6に記載の容器。

【請求項8】
前記第1導線の他方端は、第1同軸ケーブルの一方端に接続され、
前記第2導線の他方端は、前記第1同軸ケーブルと相違する第2同軸ケーブルの一方端に接続され、
前記第1同軸ケーブルの他方端と、前記第2同軸ケーブルの他方端とは、マイクロ波発生器に接続され、
前記マイクロ波発生器は、前記マイクロ波を出力する、請求項6又は請求項7に記載の容器。

【請求項9】
前記第1導線の他方端と前記第1同軸ケーブルの一方端とは、第1コネクタを介して接続され、
前記第2導線の他方端と前記第2同軸ケーブルの一方端とは、前記第1コネクタと相違する第2コネクタを介して接続され、
前記第1導線の他方端の幅は、前記第1コネクタの電極の幅と略同一に形成され、
前記第2導線の他方端の幅は、前記第2コネクタの電極の幅と略同一に形成される、請求項8に記載の容器。

【請求項10】
前記第1導線の他方端と前記第1コネクタの電極とは、圧着されて接続され、
前記第2導線の他方端と前記第2コネクタの電極とは、圧着されて接続される請求項9に記載の容器。

【請求項11】
前記第1導線の他方端と前記第1コネクタの電極とは、銀ペーストによって接続され、
前記第2導線の他方端と前記第2コネクタの電極とは、銀ペーストによって接続される、請求項9又は請求項10に記載の容器。

【請求項12】
前記アンテナは、共振構造を有する、請求項1から請求項4のいずれか1項に記載の容器。

【請求項13】
前記アンテナに前記マイクロ波を伝送する導線を更に備え、
前記アンテナは、前記導線と対向して配置される、請求項12に記載の容器。

【請求項14】
前記アンテナは、
前記導線に対して一方側に配置される第1導電部と、
前記導線に対して他方側に配置される第2導電部と
を有する、請求項13に記載の容器。

【請求項15】
前記アンテナは、前記導線の延びる方向と平行に延びた形状を有している、請求項13又は請求項14のいずれか1項に記載の容器。

【請求項16】
請求項1から請求項15のいずれか1項に記載の容器が載置されるように構成されたステージと、
対物レンズを加熱又は冷却する第1加熱冷却部と、
前記容器を覆うカバーと、
前記カバーを加熱又は冷却する第2加熱冷却部と、
前記第1加熱冷却部と前記第2加熱冷却部とを制御する温度制御部と
を備える、光学顕微鏡の温度調整装置。

【請求項17】
マイクロ波を出力するマイクロ波発生器と、
前記マイクロ波を前記アンテナに伝送する同軸ケーブルと、
前記同軸ケーブルの端部に接続されたコネクタと、
前記コネクタを支持する支持部材と
を更に備え、
前記支持部材は、前記ステージに固定される、請求項16に記載の光学顕微鏡の温度調整装置。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2019086354thum.jpg
出願権利状態 公開


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close