Top > Search of Japanese Patents > COMPLEX OF ANTI-CD70 ANTIBODY AND IGG BINDING PEPTIDE

COMPLEX OF ANTI-CD70 ANTIBODY AND IGG BINDING PEPTIDE UPDATE_EN

Patent code P200016630
File No. S2018-0813-N0
Posted date Feb 25, 2020
Application number P2018-142584
Publication number P2020-019723A
Date of filing Jul 30, 2018
Date of publication of application Feb 6, 2020
Inventor
  • (In Japanese)馬場 昌範
  • (In Japanese)横田 璃里
  • (In Japanese)伊東 祐二
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鹿児島大学
Title COMPLEX OF ANTI-CD70 ANTIBODY AND IGG BINDING PEPTIDE UPDATE_EN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an agent or method that can deliver specifically an agent to a CD70 expressing cell.
SOLUTION: A complex has an anti-CD70 antibody containing Fc portion of IgG or a fragment thereof, and an IgG binding peptide with an agent bound thereto, the IgG binding peptide linked to the anti-CD70 antibody. There is also provided a pharmaceutical composition containing the complex.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

成人T細胞白血病(ATL)は、ヒトT細胞白血病ウイルス1型(HTLV-1)感染により引き起こされる悪性腫瘍であり、発症後の生存率は極めて低い。ATLの治療として、各種抗癌剤を用いた多剤併用療法、抗体療法、骨髄移植などが行われているが、副作用や適応奨励が限られるなどの欠点があり、その治療成績はよくない。このため、ATL細胞に対し選択的な殺傷効果を有する、新たな治療薬の開発が求められている。

これまでに、ATL患者由来のT細胞ではCD70が高発現していることが報告されており、CD70がATLに対する抗体療法の標的となり得ることが示されている(非特許文献1)。また、CD70発現は通常制限されているが、悪性血液腫瘍(非特許文献2)、腎癌細胞(非特許文献3)、EBV感染細胞(非特許文献4)、HIV-1慢性感染(非特許文献5)、慢性自己免疫疾患(非特許文献6)において高発現することが知られており、CD70とこれらの疾患との関与も報告されている。したがって、CD70発現細胞に特異的に薬剤を送達することができれば、これらの疾患の治療及び/又は予防に利用できる可能性がある。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、IgGのFc部分又はその断片を含む抗CD70抗体、及びIgG結合ペプチドを含む複合体、並びに該複合体を含む医薬組成物等に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
IgGのFc部分又はその断片を含む抗CD70抗体、及び薬剤が結合したIgG結合ペプチドを含む複合体であって、
前記IgG結合ペプチドが前記抗CD70抗体に連結されており、
前記IgG結合ペプチドが、下記の式I:
(X1-3)-C-(X2)-H-(Xaa1)-G-(Xaa2)-L-V-W-C-(X1-3) (I)
(式中、Xの各々は独立的にシステイン以外の任意のアミノ酸残基であり、
Cはシステイン残基であり、
Hはヒスチジン残基であり、
Xaa1はリシン残基、システイン残基、アスパラギン酸残基、グルタミン酸残基、2-アミノスベリン酸、又はジアミノプロピオン酸であり、
Gはグリシン残基であり、
Xaa2はグルタミン酸残基又はアスパラギン残基であり、
Lはロイシン残基であり、
Vはバリン残基であり、かつ
Wはトリプトファン残基である。)
によって表される、13~17アミノ酸残基からなるアミノ酸配列を含み、かつヒトIgGと結合可能である、
前記複合体。

【請求項2】
 
前記IgG結合ペプチドが、下記の式II:
(X1-3)-C-(Xaa3)-(Xaa4)-H-(Xaa1)-G-(Xaa2)-L-V-W-C-(X1-3) (II)
(式中、Xの各々は独立的にシステイン以外の任意のアミノ酸残基であり、
Cはシステイン残基であり、
Hはヒスチジン残基であり、
Xaa1はリシン残基、システイン残基、アスパラギン酸残基、グルタミン酸残基、2-アミノスベリン酸、又はジアミノプロピオン酸であり、
Gはグリシン残基であり、
Xaa2はグルタミン酸残基又はアスパラギン残基であり、
Lはロイシン残基であり、
Vはバリン残基であり、
Wはトリプトファン残基であり、
Xaa3はアラニン残基、セリン残基又はトレオニン残基であり、かつ
Xaa4はチロシン残基又はトリプトファン残基である。)
によって表される、13~17アミノ酸残基からなるアミノ酸配列を含む、請求項1に記載の複合体。

【請求項3】
 
前記IgG結合ペプチドが、下記の式III:
(X1-3)-C-A-Y-H-(Xaa1)-G-E-L-V-W-C-(X1-3) (III)
(式中、Xの各々は独立的にシステイン以外の任意のアミノ酸残基であり、
Cはシステイン残基であり、
Aはアラニン残基であり、
Yはチロシン残基であり、
Hはヒスチジン残基であり、
Xaa1はリシン残基、システイン残基、アスパラギン酸残基、グルタミン酸残基、2-アミノスベリン酸、又はジアミノプロピオン酸であり、
Gはグリシン残基であり、
Eはグルタミン酸残基であり、
Lはロイシン残基であり、
Vはバリン残基であり、かつ
Wはトリプトファン残基である。)
によって表される、13~17アミノ酸残基からなるアミノ酸配列を含む、請求項1又は2に記載の複合体。

【請求項4】
 
前記式I~IIIのいずれかによって表されるアミノ酸配列が17アミノ酸残基とした場合、N末端から1~3、15~17番目の各アミノ酸残基が、
1番目のアミノ酸残基= S、G、F、又はなし、
2番目のアミノ酸残基= D、G、A、S、P、ホモシステイン、又はなし、
3番目のアミノ酸残基= S、D、T、N、E、又はR、
15番目のアミノ酸残基= S、T、又はD、
16番目のアミノ酸残基= H、G、Y、T、N、D、F、ホモシステイン、又はなし、
17番目のアミノ酸残基= Y、F、H、M、又はなし、
である、請求項1~3のいずれか一項に記載の複合体。

【請求項5】
 
前記IgG結合ペプチドが、以下の1)~15)のいずれかのアミノ酸配列を含む、ただし、Xaa1はリシン残基、システイン残基、アスパラギン酸残基、グルタミン酸残基、2-アミノスベリン酸、又はジアミノプロピオン酸であり、Xaa2はホモシステインである、請求項4に記載の複合体。
1)DCAYH(Xaa1)GELVWCT(配列番号1)
2)GPDCAYH(Xaa1)GELVWCTFH(配列番号2)
3)RCAYH(Xaa1)GELVWCS(配列番号3)
4)GPRCAYH(Xaa1)GELVWCSFH(配列番号4)
5)SPDCAYH(Xaa1)GELVWCTFH(配列番号5)
6)GDDCAYH(Xaa1)GELVWCTFH(配列番号6)
7)GPSCAYH(Xaa1)GELVWCTFH(配列番号7)
8)GPDCAYH(Xaa1)GELVWCSFH(配列番号8)
9)GPDCAYH(Xaa1)GELVWCTHH(配列番号9)
10)GPDCAYH(Xaa1)GELVWCTFY(配列番号10)
11)SPDCAYH(Xaa1)GELVWCTFY(配列番号11)
12)SDDCAYH(Xaa1)GELVWCTFY(配列番号12)
13)RGNCAYH(Xaa1)GQLVWCTYH(配列番号13)
14)G(Xaa2)DCAYH(Xaa1)GELVWCT(Xaa2)H(配列番号14)
15)RRGPDCAYH(Xaa1)GELVWCTFH(配列番号15)

【請求項6】
 
IgGのFc部分又はその断片を含む抗CD70抗体、及び薬剤が結合したIgG結合ペプチドを含む複合体であって、
前記IgG結合ペプチドが前記抗CD70抗体に連結されており、
前記IgG結合ペプチドが、RRGPDCAYHKGELVWCTFH(配列番号27)、又は配列番号27のアミノ酸配列において、1若しくは2個のアミノ酸配列が置換、付加、及び/又は欠失されたアミノ酸配列を含む、
前記複合体。

【請求項7】
 
前記IgG結合ペプチドの外側の2つのシステイン(C)残基間でジスルフィド結合を形成しているか、又は前記IgG結合ペプチドの外側の2つのシステイン残基中のスルフィド基が、以下の式:
【化1】
 
(省略)
で表されるリンカーにより連結されている、請求項1~6のいずれか一項に記載の複合体。

【請求項8】
 
Xaa1がリシン残基である、請求項1~7のいずれか一項に記載の複合体。

【請求項9】
 
Xaa1が架橋剤で修飾されており、該架橋剤とIgGのFc部分又はその断片の架橋反応によって前記IgG結合ペプチドが前記抗CD70抗体に連結されている、請求項1~8のいずれか一項に記載の複合体。

【請求項10】
 
前記架橋剤が、DSG(ジスクシンイミジルグルタレート)、DSS(ジスクシンイミジルスベレート)、DMA(アジプイミド酸ジメチル二塩酸塩)、DMP(ピメルイミド酸ジメチル二塩酸塩)、DMS(スベルイミド酸ジメチル二塩酸塩)、DTBP(3,3'-ジチオビスプロピオンイミド酸ジメチル二塩酸塩)、及びDSP(ジチオビススクシンイミジルプロピオン酸)からなる群より選択される、請求項9に記載の複合体。

【請求項11】
 
前記架橋剤がDSG(ジスクシンイミジルグルタレート)又はDSS(ジスクシンイミジルスベレート)である、請求項10記載の複合体。

【請求項12】
 
前記IgG結合ペプチドにおいて、N末端がPEG化及び/又はC末端がアミド化されている、請求項1~11のいずれか一項に記載の複合体。

【請求項13】
 
前記抗CD70抗体が、抗CD70scFv-Fcである、請求項1~12のいずれか一項に記載の複合体。

【請求項14】
 
前記薬剤が抗癌剤である、請求項1~13のいずれか一項に記載の複合体。

【請求項15】
 
請求項1~14のいずれか一項に記載の複合体を含む医薬組成物。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018142584thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close