Top > Search of Japanese Patents > PROCESS FOR PRODUCTION OF ALIPHATIC POLYESTER COMPOSITION, PULP TO BE USED THEREIN, AND PROCESS FOR MICROFIBRILLATION THEREOF

PROCESS FOR PRODUCTION OF ALIPHATIC POLYESTER COMPOSITION, PULP TO BE USED THEREIN, AND PROCESS FOR MICROFIBRILLATION THEREOF

Patent code P200016711
File No. 2872
Posted date Apr 1, 2020
Application number P2007-182811
Publication number P2007-262649A
Patent number P4127316
Date of filing Jul 12, 2007
Date of publication of application Oct 11, 2007
Date of registration May 23, 2008
Priority data
  • P2003-193723 (Jul 8, 2003) JP
Inventor
  • (In Japanese)矢野 浩之
  • (In Japanese)矢野 一憲
  • (In Japanese)茂木 優子
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
  • (In Japanese)三菱ケミカル株式会社
Title PROCESS FOR PRODUCTION OF ALIPHATIC POLYESTER COMPOSITION, PULP TO BE USED THEREIN, AND PROCESS FOR MICROFIBRILLATION THEREOF
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a fiber/biodegradable resin composite material having high rigidity and high strength by dispersing a fiber component in a resin component finely and uniformly by a general-purpose kneading means without pretreatment of the resin component.
SOLUTION: The composite material can be produced by melt-kneading together 1 to 99.9 parts by weight of a resin component consisting of 1 to 100 wt.% of (A) an aliphatic polyester and 99 to 0 wt.% of (B) polylactic acid and 99 to 0.1 parts by weight of a fiber component consisting of (C) pretreated pulp and/or cellulosic fiber with scratches on the outer layers of primary and secondary walls in the presence of (D) a swelling agent capable of swelling the noncrystalline region of cellulose. During the melt kneading, the fiber component is microfibrillated through opening and dispersed in the resin component uniformly and finely.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

高剛性、高強度の生分解性複合材料として、植物繊維と生分解性樹脂との複合材料が検討されている。例えば、特開平06-345944号公報、特開2002-292608号公報には、パルプ又はセルロース系繊維を生分解性樹脂中に分散させることにより、剛性に優れた生分解性複合材料を得ることができることが記載されている。

ところで、熱可塑性樹脂とファイバーからなる複合材料においては、その機械強度等の特性が、材料中に分散したファイバーのアスペクト比により制御されることは公知である。そして、高アスペクト比のセルロース系ファイバーを得るために、パルプ又はセルロース系繊維の特徴である親水性を利用したミクロフィブリル状化方法について、特公昭48-6641号公報、特公昭50-38720号公報に記載されており、パルプを、リファイナー、更にはホモジナイザー等により高度に繰り返し磨砕、ないし叩解を行うことにより、ミクロフィブリル状セルロースファイバーを得ている。
【特許文献1】
特開平06-345944号公報
【特許文献2】
特開2002-292608号公報
【特許文献3】
特公昭48-6641号公報
【特許文献4】
特公昭50-38720号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、家庭用雑貨や包装材料などの分野で使用され、廃棄された後は土壌中などの自然環境下において微生物により生物的に分解され、最終的に炭酸ガスと水に完全分解される、環境に優しい生分解性の脂肪族ポリエステル組成物であって、高強度で高剛性な脂肪族ポリエステル組成物を工業的に有利に製造する方法と、それに適切に用いられるパプのミクロフィブリル化方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
一次壁及び二次壁外層を傷つけてなる、固形分2重量%濃度のスラリーを遠心分離器により1000Gで15分間処理した後の保水率が150~600%であるパルプ(C)を得る工程と該パルプ(C)をセルロース非晶領域膨潤剤(D)の存在下に混練することにより、繊維成分を解繊する工程とを含むことを特徴とするパルプのミクロフィブリル化方法。

【請求項2】
 
請求項1において、パルプ(C)を得る工程が、リファイナー処理により、一次壁及び二次壁外層を傷つける工程であるパルプのミクロフィブリル化方法

【請求項3】
 
(a)脂肪族ジオールと、(b)脂肪族ジカルボン酸及び/又はその誘導体とを反応させて得られる脂肪族ポリエステル(A)からなる樹脂成分1~99.9重量部と、
一次壁及び二次壁外層を傷つけた、固形分2重量%濃度のスラリーを遠心分離器により1000Gで15分間処理した後の保水率が150~600%である前処理パルプ(C)からなる繊維成分99~0.1重量部と
を、セルロース非晶領域膨潤剤(D)の存在下で溶融混練処理することを特徴とする脂肪族ポリエステル組成物の製造方法。

【請求項4】
 
(a)脂肪族ジオールと、(b)脂肪族ジカルボン酸及び/又はその誘導体とを反応させて得られる脂肪族ポリエステル(A)1重量%以上と、ポリ乳酸(B)99重量%以下とからなる樹脂成分1~99.9重量部と、
一次壁及び二次壁外層を傷つけた、固形分2重量%濃度のスラリーを遠心分離器により1000Gで15分間処理した後の保水率が150~600%である前処理パルプ(C)からなる繊維成分99~0.1重量部と
を、セルロース非晶領域膨潤剤(D)の存在下で溶融混練処理することを特徴とする脂肪族ポリエステル組成物の製造方法。

【請求項5】
 
請求項3又は4において、前記前処理パルプ(C)が更に化学修飾されたものであることを特徴とする脂肪族ポリエステル組成物の製造方法。

【請求項6】
 
請求項3ないし5のいずれか1項において、該脂肪族ポリエステル(A)が、(a)脂肪族ジオールと、(b)脂肪族ジカルボン酸及び/又はその誘導体と、(c)2官能脂肪族ヒドロキシカルボン酸及び/又はその誘導体とを反応させて得られることを特徴とする脂肪族ポリエステル組成物の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007182811thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close