Top > Search of Japanese Patents > CANINE iPS CELL AND METHOD OF PRODUCING THE SAME

CANINE iPS CELL AND METHOD OF PRODUCING THE SAME foreign

Patent code P200016714
File No. 2523
Posted date Apr 1, 2020
Application number P2010-177929
Publication number P2011-050379A
Patent number P5751548
Date of filing Aug 6, 2010
Date of publication of application Mar 17, 2011
Date of registration May 29, 2015
Priority data
  • P2009-185268 (Aug 7, 2009) JP
Inventor
  • (In Japanese)中村 達雄
  • (In Japanese)島田 英徳
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title CANINE iPS CELL AND METHOD OF PRODUCING THE SAME foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a canine iPS cell and a method of producing the same.
SOLUTION: There is disclosed the method of producing a canine iPS cell, comprising (a) a step of bringing a canine somatic cell into contact with a nucleus initializing factor, and (b) a step of culturing the cell in a medium containing: at least one substance selected from the group consisting of a mitogen-activated protein kinase inhibitor, an activin receptor-like kinase inhibitor, a glycogen synthase kinase inhibitor, a L-type calcium channel agonist and a DNA methylation inhibitor; and a leukemia inhibitory factor. There is also disclosed the canine iPS cell that can be obtained by the method.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

iPS(induced pluripotent stem)細胞とは、誘導多能性幹細胞や人工多能性幹細胞とも呼ばれており、特定の核初期化因子を体細胞に導入することによって該体細胞に分化多能性を持たせたものである。この分化多能性とは、様々な組織に分化し得る能力のことをいい、この性質を利用して、パーキンソン病や若年性糖尿病等の組織変性疾患、脊髄損傷等の外傷を治療することができると考えられている。

従来は、同様に分化多能性を有するES細胞(胚性幹細胞)が再生医療の資源として注目されていた。しかしながら、ES細胞の移植は他家移植ゆえに移植後の拒絶反応を引き起こすおそれがあり、さらにはヒト胚を破壊して利用したり、或いは中絶胎児を利用したりするという倫理的側面からの問題点が指摘されていた。これに対して、体細胞を利用するiPS細胞はこのような問題点を解決したものであると考えることができ、これからの再生医療の資源としてその有用性が期待されている。

このiPS細胞は、主にマウスやヒトについて樹立がされている(特許文献1~2、非特許文献1~3を参照)。ヒトのiPS細胞を臨床応用するためには、前段階として動物実験でその安全性や有効性を保証しなければならない。しかしながら、マウスやラットのような小動物では、その寿命が短いために細胞移植後の長期間の観察が不可能である。理想的には少なくとも5年間の観察期間が必要と考えられるところ、マウスの寿命は1~2年程度である。

一方、研究用動物として取り扱いが容易で、寿命が長く、解剖学的にも生理学的にも多くの点でヒトと類似するものにイヌがある。イヌの寿命は少なくとも10年はあり、観察期間としては十分である。また他の大型動物と比べて、容易に大量飼育をすることもできる。したがって、ヒトiPS細胞の臨床応用に際してイヌは最適な研究用動物であり、iPS細胞をイヌに移植した際に得られる実験結果は非常に有用なものになると考えられる。そのためには、イヌのiPS細胞を樹立することが必要となるが、これまでに実際に樹立されたとの報告はない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、イヌiPS細胞の製造方法に関し、詳しくは、イヌ由来の体細胞に核初期化因子を導入し、特定の初期化効率改善物質を含む培地中で培養することにより、イヌiPS細胞を製造する方法に関する。さらに本発明は、該核初期化因子が導入されたイヌiPS細胞に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記の工程(a)及び(b)を含む、イヌiPS細胞の製造方法。
(a)イヌ体細胞とOct3/4、Sox2、Klf4及びc-Mycを含む核初期化因子とを接触させる工程
(b)核初期化因子と接触後48時間以内に、該細胞を、マイトジェン活性化タンパク質キナーゼキナーゼ阻害剤、アクチビンレセプター様キナーゼ阻害剤、グリコーゲン合成酵素キナーゼ阻害剤、ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤、塩基性線維芽細胞成長因子及び白血病抑制因子を含む培地で培養する工程

【請求項2】
 
アクチビンレセプター様キナーゼ阻害剤が、アクチビンレセプター様キナーゼ5阻害剤である、請求項1に記載の製造方法。

【請求項3】
 
グリコーゲン合成酵素キナーゼ阻害剤が、グリコーゲン合成酵素キナーゼ3β阻害剤である、請求項1又は2に記載の製造方法。

【請求項4】
 
ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤が、バルプロ酸又はその塩である、請求項1~3のいずれか1項に記載の製造方法。

【請求項5】
 
核初期化因子と接触後3~5週間経過後にフィーダー細胞上で培養を行う、請求項1~4のいずれか1項に記載の製造方法。

【請求項6】
 
(a)において、核初期化因子をコードする初期化遺伝子がイヌ体細胞に導入される、請求項1~5のいずれか1項に記載の製造方法。

【請求項7】
 
導入がレトロウイルスもしくはレンチウイルスのウイルスベクターによる導入である、請求項6に記載の製造方法。

【請求項8】
 
請求項6又は7に記載の方法により製造され、Oct3/4、Sox2、Klf4及びc-Mycからなる群より選択される一以上の初期化遺伝子が遺伝的に安定に存在する、イヌiPS細胞。

【請求項9】
 
請求項8に記載の細胞から分化した、イヌ体細胞。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close