Top > Search of Japanese Patents > COMPOSITE MATERIAL, FORMED BODY, AND PRODUCTION METHOD THEREFOR

COMPOSITE MATERIAL, FORMED BODY, AND PRODUCTION METHOD THEREFOR

Patent code P200016725
File No. 4786
Posted date Apr 6, 2020
Application number P2014-255911
Publication number P2016-113595A
Patent number P6503182
Date of filing Dec 18, 2014
Date of publication of application Jun 23, 2016
Date of registration Mar 29, 2019
Inventor
  • (In Japanese)小島 和重
  • (In Japanese)加藤 和生
  • (In Japanese)漆原 勝
  • (In Japanese)後藤 伸哉
  • (In Japanese)矢野 浩之
Applicant
  • (In Japanese)株式会社デンソー
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title COMPOSITE MATERIAL, FORMED BODY, AND PRODUCTION METHOD THEREFOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide: a composite material of a phenolic resin and a vegetable fiber defibrated product that can exhibit a high elastic modulus even when the cellulose component content is reduced; a formed body thereof; and a production method therefor.
SOLUTION: Provided is a composite material of a vegetable fiber defibrated product and a phenolic resin, and a formed body 1 thereof; the vegetable fiber defibrated product contains a cellulose component and a lignin component; the content of cellulose component in the composite material is 15 mass% to 30 mass%; in producing the composite material, first, a resin solution obtained by dissolving a phenolic resin into a solvent is impregnated into a porous body composed of a vegetable fiber defibrated product; then, the solvent in the porous body is evaporated; and furthermore, in the production of the formed body 1, the forming is carried out at temperatures above the hardening temperature of the phenolic resin.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

セルロース繊維は、全ての植物の基本骨格物質であり、地球上に一兆トンを超える蓄積がある。また、セルロース繊維は、鋼鉄の1/5の軽さであるにも関わらず、鋼鉄の5倍以上の強度、ガラスの1/50の低線熱膨張係数を有する繊維である。そこで、セルロース繊維は、樹脂等の機械的強度を向上させるためのフィラーとしての利用が期待されている。特にセルロース繊維を解繊処理したセルロースミクロフィブリルと樹脂との複合材料は、高強度な材料として期待されている(特許文献1参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、成体及の製造方法に関し、さらに詳しくは、植物繊維解繊物とフェノール樹脂との複合材料からなる成形体及びその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
植物繊維解繊物とレゾールタイプのフェノール樹脂との複合材料からなり、かつ、輸送機器の内装材、外装材、又は構造材に用いられる成形体(1)であって、
上記植物繊維解繊物は、セルロース成分とリグニン成分とを含有し、
上記複合材料中のセルロース成分の含有量が15質量%~30質量%であり、
上記成形体(1)の曲げ弾性率が12GPa~24GPaであることを特徴とする成形体(1)

【請求項2】
 
上記植物繊維解繊物中のリグニン成分の含有量が5質量%~25質量%であることを特徴とする請求項1に記載の成形体(1)

【請求項3】
 
上記フェノール樹脂が含浸された上記植物繊維解繊物からなるシート状の多孔体の積層体からなることを特徴とする請求項1又は2に記載の成形体(1)。

【請求項4】
 
請求項1又は2に記載の成形体(1)の製造方法であって、
上記フェノール樹脂をアルコール又は水からなる溶媒に溶解してなる樹脂溶液を上記植物繊維解繊物からなる多孔体に含浸させる含浸工程と、上記フェノール樹脂の硬化温度未満の温度で上記多孔体中の溶媒を蒸発させる乾燥工程とを有する上記複合材料の製造方法によって得られる上記複合材料を上記フェノール樹脂の硬化温度以上の温度で成形する成形工程を有することを特徴とする成形体(1)の製造方法。

【請求項5】
 
上記複合材料の製造方法における上記含浸工程及び/又は上記乾燥工程は、減圧下において行うことを特徴とする請求項4に記載の成形体(1)の製造方法。

【請求項6】
 
上記複合材料の製造方法における上記多孔体は、シート状であることを特徴とする請求項4又は5に記載の成形体(1)の製造方法。

【請求項7】
 
上記成形工程においては、シート状の上記複合材料の積層体を成形することを特徴とする請求項4~6のいずれか1項に記載の成形体(1)の製造方法。

【請求項8】
 
上記成形工程においては、シート状の上記複合材料の粉砕物を成形することを特徴とする請求項4~6のいずれか1項に記載の成形体(1)の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014255911thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close