Top > Search of Japanese Patents > MENTAL DISEASE DETERMINATION DEVICE AND MENTAL DISEASE DETERMINATION METHOD

MENTAL DISEASE DETERMINATION DEVICE AND MENTAL DISEASE DETERMINATION METHOD

Patent code P200016726
File No. 4705
Posted date Apr 6, 2020
Application number P2014-182369
Publication number P2016-054839A
Patent number P6455656
Date of filing Sep 8, 2014
Date of publication of application Apr 21, 2016
Date of registration Dec 28, 2018
Inventor
  • (In Japanese)橋本 亮太
  • (In Japanese)藤本 美智子
  • (In Japanese)三浦 健一郎
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
  • (In Japanese)国立大学法人大阪大学
Title MENTAL DISEASE DETERMINATION DEVICE AND MENTAL DISEASE DETERMINATION METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a device for determining whether or not a subject is a mental disease patient.
SOLUTION: A mental disease determination device 100 includes an eyeball movement detection part 32, an analysis part 33, and an evaluation part 35. The eyeball movement detection part 32 detects the movement of an eyeball EB of a subject at the time when an image of an eyeball movement test displayed in a monitor 1 is viewed, through a video camera 2. The analysis part 33 analyzes the movement of the eyeball EB detected by the eyeball movement detection part 32. The evaluation part 35 determines whether or not the subject is a mental disease patient based on eyeball movement characteristics of a first predetermined number N1 that is two or more obtained by the analysis part 33.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、統合失調症に罹患しているか否かの判定を行う統合失調症診断装置が知られている。例えば、刺激表示手段、視点特定手段、反応的探索スコア算出手段、運動数計測手段、及び、判定手段を備える統合失調症診断装置が開示されている(特許文献1参照)。

上記刺激表示手段は、被験者に対して視覚的な刺激を提示する。上記視点特定手段は、上記刺激表示手段に対する被験者の視点を特定する。上記反応的探索スコア算出手段は、反応的探索スコアを算出する。上記運動数計測手段は、運動数を計測する。上記判定手段は、反応的探索スコア及び運動数から被験者が統合失調症に罹患しているか否かを判定する。

特許文献1に記載の統合失調症診断装置によれば、被験者が統合失調症に罹患している可能性があるか、或いは健常者であるかを高精度で判定できると特許文献1に記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、精神疾患の患者であるか否かを判定する精神疾患判定装置、及び、精神疾患判定方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
精神疾患を判定する精神疾患判定装置であって、
予め選定された眼球運動テストの画像を見る際の被験者の眼球の動きを検出する検出手段と、
前記検出手段によって検出された眼球の動きを分析し、3個以上の第1所定数の眼球運動特徴を求める分析手段と、
前記分析手段によって求められた前記第1所定数の眼球運動特徴から、健常者と前記精神疾患の患者とを判別するために有効な2個以上の第2所定数の眼球運動特徴を、有意確率に基づいて選択し、前記第2所定数の眼球運動特徴に基づき、前記被験者の前記精神疾患を判定する判定手段と
を備える、精神疾患判定装置。

【請求項2】
 
統合失調症の患者であるか否かを判定する精神疾患判定装置であって、
予め選定された眼球運動テストの画像を見る際の被験者の眼球の動きを検出する検出手段と、
前記検出手段によって検出された眼球の動きを分析し、3個以上の第1所定数の眼球運動特徴を求める分析手段と、
前記分析手段によって求められた前記第1所定数の眼球運動特徴から、健常者と前記統合失調症の患者とを判別するために有効な2個以上の第2所定数の眼球運動特徴を、有意確率に基づいて選択し、前記第2所定数の眼球運動特徴に基づき、前記被験者が前記統合失調症の患者であるか否かを判定する判定手段と
を備える、精神疾患判定装置。

【請求項3】
 
前記判定手段は、前記第2所定数の眼球運動特徴の関数を判別式として求め、前記判別式によって、前記被験者が前記統合失調症の患者であるか否かを判定する、請求項2に記載の精神疾患判定装置。

【請求項4】
 
前記判定手段は、前記判別式として、前記第2所定数の眼球運動特徴に関する線形方程式を求める、請求項3に記載の精神疾患判定装置。

【請求項5】
 
前記眼球運動テストは、フリービューイングテスト、スムースパシュートテスト、及び、注視テストを含む、請求項2から請求項4のいずれか1項に記載の精神疾患判定装置。

【請求項6】
 
2個以上の第2所定数の眼球運動特徴に基づき、被験者が統合失調症の患者であるか否かを判定する精神疾患判定装置であって、
前記第2所定数の眼球運動特徴は、フリービューイングテストにおけるスキャンパス距離、スムースパシュートテストの第1リサージュにおける垂直方向の位置ゲイン、前記スムースパシュートテストの前記第1リサージュにおける注視数、注視テストの第1妨害刺激における注視期間、及び、前記スムースパシュートテストの水平パシュートにおけるS/N比を
前記スムースパシュートテストは、前記第1リサージュと、前記第1リサージュと相違する第2リサージュとを含み、
前記第1リサージュは、前記第2リサージュよりも注視点の動きが速く、
前記注視テストは、前記第1妨害刺激と、前記第1妨害刺激と相違する第2妨害刺激とを含み、
前記第1妨害刺激は、前記第2妨害刺激より位置が前記被験者の視点から遠い、精神疾患判定装置。

【請求項7】
 
精神疾患を判定する精神疾患判定装置における精神疾患判定方法であって、
前記精神疾患判定装置が、眼球運動テストの画像を見る際の被験者の眼球の動きを検出する検出工程と、
前記精神疾患判定装置が、前記検出工程において検出された眼球の動きを分析する分析工程と、
前記精神疾患判定装置が、前記分析工程において求められた3個以上の第1所定数の眼球運動特徴から、健常者と前記精神疾患の患者とを判別するために有効な2個以上の第2所定数の眼球運動特徴を、有意確率に基づいて選択し、前記第2所定数の眼球運動特徴に基づき、前記被験者の前記精神疾患を判定する判定工程と
を含む、精神疾患判定方法。

【請求項8】
 
統合失調症の患者であるか否かを判定する精神疾患判定装置における精神疾患判定方法であって、
前記精神疾患判定装置が、眼球運動テストの画像を見る際の被験者の眼球の動きを検出する検出工程と、
前記精神疾患判定装置が、前記検出工程において検出された眼球の動きを分析する分析工程と、
前記精神疾患判定装置が、前記分析工程において求められた2個以上の第1所定数の眼球運動特徴から、健常者と前記統合失調症の患者とを判別するために有効な2個以上の第2所定数の眼球運動特徴を、有意確率に基づいて選択し、前記第2所定数の眼球運動特徴に基づき、前記被験者が前記統合失調症の患者であるか否かを判定する判定工程と
を含む、精神疾患判定方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014182369thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close