Top > Search of Japanese Patents > ASSESSMENT DEVICE FOR REMNANT TENSILE FORCE OF ANCHORAGE BODY

ASSESSMENT DEVICE FOR REMNANT TENSILE FORCE OF ANCHORAGE BODY

Patent code P200016731
File No. 5205
Posted date Apr 6, 2020
Application number P2015-166523
Publication number P2017-043949A
Patent number P6653948
Date of filing Aug 26, 2015
Date of publication of application Mar 2, 2017
Date of registration Jan 31, 2020
Inventor
  • (In Japanese)塩谷 智基
  • (In Japanese)藤原 優
  • (In Japanese)林 豊
  • (In Japanese)水谷 康男
  • (In Japanese)斎藤 春佳
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
  • (In Japanese)西日本高速道路株式会社
  • (In Japanese)小松マテーレ株式会社
  • (In Japanese)伸興電線株式会社
  • (In Japanese)株式会社エスイー
Title ASSESSMENT DEVICE FOR REMNANT TENSILE FORCE OF ANCHORAGE BODY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a device for assessing remnant tensile force of a large number of ground anchors readily at a low cost, for responding to a demand on a device and a method for assessing the remnant tensile force of a large number of ground anchors readily at a low cost because currently functional assessment of anchors has not be performed sufficiently for a large number of ground anchors.
SOLUTION: A device for assessing remnant tensile force of a ground anchor includes an anchorage section embedded inside, a head part of the anchorage section protruding outside, a tensile section connecting the anchorage section with the head part of the anchorage section, and furthermore an anchorage body formed by interposing a bearing plate between the head part of the anchorage section and an outer surface. A through-hole is formed on the bearing plate, through which the tensile section is inserted. An optical fiber cable provided with an FBG optical fiber sensor is placed spirally without a downward or an upward inclination along an inner peripheral surface of the through-hole, and the FBG optical fiber sensor detects a difference in compressive strain of the bearing plate.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

グランドアンカーの構築は、例えば、斜面の安定化を図るなどの目的で従来より大量に法面あるいは擁壁面などにおいて実施、施工されている。
しかるに、近年、その供用から数十年が経過し、グランドアンカーの残存緊張力の低下やグランドアンカー内部の引張り部(テンドン)の破壊によるアンカーの引き抜けなどの事例が多数報告されるに至っている。

そこで、近年、各所に点在する多数のグランドアンカーの効率的な維持管理装置及び維持管理方法の構築が求められている。
現状の維持管理における前記アンカー機能の評価は、点検および健全性調査によって行われている。
このうち、点検は主に目視点検によって実施され、アンカー機能の外観からの評価として行われる。一方で、点検結果から更に健全性調査が必要と判断された場合、主にリフトオフ試験(実際に油圧ジャッキを現地のアンカー個々に設置し、その引張試験により、荷重-変位関係を描き、屈曲点を利用して残存緊張力を推定する手法)によるアンカーの残存緊張力の測定が実施されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、定着体、特にグランドアンカーの残存緊張力評価装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
地中に埋設されるアンカー体と、地上に突出するアンカー頭部と、前記アンカー体と前記アンカー頭部とを連結する引張り部とを有し、アンカー頭部と地上面との間には支圧板を介在させてなるグランドアンカーを備え、
前記支圧板には、前記引張り部が貫挿する貫挿孔が設けられ、該貫挿孔の内周面には、FBG光ファイバセンサが設けられた光ファイバケーブルが
下り勾配あるいは上り勾配をなして螺旋状に配置され、
前記FBG光ファイバセンサによって前記支圧板の圧縮歪みの違いを検知可能とした、
ことを特徴とする定着体の残存緊張力評価装置。

【請求項2】
 
前記支圧板は、FRP製で形成した、
ことを特徴とする請求項1記載の定着体の残存緊張力評価装置。

【請求項3】
 
前記貫挿孔の内周面に螺旋状の凹溝を形成し、該凹溝内に前記FBG光ファイバセンサが設けられた光ファイバケーブルを収納してなる、
ことを特徴とする請求項1または請求項2記載の定着体の残存緊張力評価装置。

【請求項4】
 
前記FBG光ファイバセンサが設けられた光ファイバケーブルによる支圧板の圧縮歪みの違い検知は、前記支圧板の貫挿孔内周面に2回線以上の光ファイバケーブルの回線を配置して検知する、
ことを特徴とする請求項1、請求項2または請求項3記載の定着体の残存緊張力評価装置。

【請求項5】
 
前記FBG光ファイバセンサは前記凹溝内に複数個配置され、複数個のFBG光ファイバセンサで検知された支圧板の圧縮歪み値を平均化し、支圧板に生じる歪みを平均的歪みとして計測する、
ことを特徴とする請求項3記載の定着体の残存緊張力評価装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015166523thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close