Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING MOLDED ARTICLE OF MICROFIBRILLATED CELLULOSE

METHOD FOR PRODUCING MOLDED ARTICLE OF MICROFIBRILLATED CELLULOSE

Patent code P200016735
File No. 5609
Posted date Apr 6, 2020
Application number P2016-248412
Publication number P2018-100466A
Date of filing Dec 21, 2016
Date of publication of application Jun 28, 2018
Inventor
  • (In Japanese)奥村 浩史
  • (In Japanese)矢野 浩之
  • (In Japanese)北川 和男
Applicant
  • (In Japanese)利昌工業株式会社
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
  • (In Japanese)地方独立行政法人京都市産業技術研究所
Title METHOD FOR PRODUCING MOLDED ARTICLE OF MICROFIBRILLATED CELLULOSE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a process for producing a molded product of microfibrillated cellulose which can make a molded body containing microfibrillated cellulose as a main component into a practically usable size.
SOLUTION: A method for producing a molded article of microfibrillated cellulose, comprises preparing a microfibrillated cellulose suspension in which microfibrillated cellulose is dispersed in water, an organic solvent, or a mixed solvent obtained by mixing an organic solvent into water. The microfibrillated cellulose suspension is preliminarily dehydrated in a sealed state, and then heated and pressed.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

軽量で高強度を有するミクロフィブリル化セルロースを用いることにより、優れた強度を有する成形体を得るために、ミクロフィブリル化セルロース複合樹脂を加熱加圧成形した成形体(特許文献1参照)が一般的には用いられている。さらに、強度などの特性を向上させるために、ミクロフィブリル化セルロースを主成分とした成形体(特許文献2,3参照)も存在する。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ミクロフィブリル化セルロースの成形体の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
水、有機溶媒、又は、水に有機溶媒を混合した混合溶媒に、ミクロフィブリル化セルロースを分散したミクロフィブリル化セルロース懸濁液を用意し、
前記ミクロフィブリル化セルロース懸濁液を密閉した状態で予備脱水し、その後、加熱加圧成形することを特徴とするミクロフィブリル化セルロースの成形体の製造方法。

【請求項2】
 
前記ミクロフィブリル化セルロース懸濁液を袋に入れて予備脱水することを特徴とする請求項1に記載のミクロフィブリル化セルロースの成形体の製造方法。

【請求項3】
 
前記袋内に2枚の基板を配置し、2枚の前記基板で前記ミクロフィブリル化セルロース懸濁液を挟み込むようにして予備脱水を行うことを特徴とする請求項2に記載のミクロフィブリル化セルロースの成形体の製造方法。

【請求項4】
 
加熱加圧成形を、予備脱水された前記ミクロフィブリル化セルロース懸濁液を2枚の前記基板で挟み込んだ状態で行うことを特徴とする請求項3に記載のミクロフィブリル化セルロースの成形体の製造方法。

【請求項5】
 
2枚の前記基板の表面の少なくとも対向する面に不織布を設けたことを特徴とする請求項3または4に記載のミクロフィブリル化セルロースの成形体の製造方法。

【請求項6】
 
加熱加圧成形を、予備脱水された前記ミクロフィブリル化セルロース懸濁液を前記袋に入れた状態、または、前記袋から取り出した状態で行うことを特徴とする請求項2~5のいずれか1項に記載のミクロフィブリル化セルロースの成形体の製造方法。

【請求項7】
 
前記ミクロフィブリル化セルロース懸濁液を入れた前記袋を所定の形に保持した状態で予備脱水を行い、その後、予備脱水された前記ミクロフィブリル化セルロース懸濁液を前記袋に入れた状態、または、前記袋から取り出した状態で、加熱加圧成形を行うことを特徴とする請求項2~6のいずれか1項に記載のミクロフィブリル化セルロースの成形体の製造方法。

【請求項8】
 
台の上にフィルムを配置し、前記フィルムの周囲をシールして空間を形成し、前記空間内に前記ミクロフィブリル化セルロース懸濁液を入れて予備脱水を行うことを特徴とする請求項1に記載のミクロフィブリル化セルロースの成形体の製造方法。

【請求項9】
 
前記ミクロフィブリル化セルロース懸濁液に、熱硬化性樹脂および熱可塑性樹脂の少なくとも1つを所定の固形分割合で添加することを特徴とする請求項1~8のいずれか1項に記載のミクロフィブリル化セルロースの成形体の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016248412thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close