Top > Search of Japanese Patents > ADMIXTURE, METHOD FOR KNEADING CEMENT, CEMENT-BASED PREMIX MATERIAL, METHOD FOR PREVENTING CORROSION OF REINFORCED CONCRETE

ADMIXTURE, METHOD FOR KNEADING CEMENT, CEMENT-BASED PREMIX MATERIAL, METHOD FOR PREVENTING CORROSION OF REINFORCED CONCRETE UPDATE_EN

Patent code P200016738
File No. 5405
Posted date Apr 6, 2020
Application number P2016-087837
Publication number P2017-197393A
Patent number P6716331
Date of filing Apr 26, 2016
Date of publication of application Nov 2, 2017
Date of registration Jun 12, 2020
Inventor
  • (In Japanese)西田 孝弘
  • (In Japanese)河合 慶有
  • (In Japanese)齋藤 淳
  • (In Japanese)根岸 敦規
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
  • (In Japanese)国立大学法人愛媛大学
  • (In Japanese)株式会社安藤・間
Title ADMIXTURE, METHOD FOR KNEADING CEMENT, CEMENT-BASED PREMIX MATERIAL, METHOD FOR PREVENTING CORROSION OF REINFORCED CONCRETE UPDATE_EN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To suppress corrosion of a hardened cement product such as reinforced concrete.
SOLUTION: The admixture of the present invention contains either or both of a reductant and aerobic microorganisms, the admixture consumes oxygen by a reduction reaction and the aerobic microorganisms consume oxygen by respiration. Therefore, in hardened cement products obtained by mixing the admixture with cement, oxygen is consumed by the reductant or the aerobic microorganisms and a cathode reaction is suppressed and, thus, a corrosion reaction of a steel material embedded in the hardened cement product can be effectively suppressed.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

コンクリートやモルタル等のセメント硬化物は建築用途などに広く使用されており、特に、コンクリート中に鉄筋などの鋼材が埋設された鉄筋コンクリートは、建築用構造体として広く用いられている。

コンクリートやモルタルの硬化過程では水酸化カルシウムが生成されるが、この水酸化カルシウムが高pH環境を形成するため、鉄筋コンクリート中の鋼材には不動態被膜(酸化化合物膜)が形成され、鋼材は腐食し難い環境に置かれると言える。

ところで、コンクリートにひび割れ等が発生すると、上記水酸化カルシウムは、ひび割れを通って侵入した水分に溶解し、更に空気中の二酸化炭素と反応して炭酸カルシウムとして析出するエフロレッセンス現象(白華)が知られている(例えば、特許文献1の従来技術)。この現象により長い期間を経てひび割れ等が自然修復されるが、水酸化カルシウムの消失によりコンクリートのpHがアルカリから酸性側へ傾き(中性化)、この中性化や塩化物イオンの侵入により、鋼材周囲の不動態化膜が破壊され、鋼材の腐食が起こる。

従来より、鉄筋の腐食を抑制する方法は提案されており、例えば、(a)コンクリートを緻密化する方法(非特許文献1)、(b)コンクリート又は鉄筋の表面をコーティングする方法(非特許文献2)、(c)亜硝酸塩等により鉄筋表面に不動態被膜を形成する等の方法(非特許文献3)などが公知であり、いずれもコンクリート中に埋設された鉄筋に劣化因子が到達することを防止し、腐食を抑制する。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、コンクリートの腐食を抑制する方法及びそれに関連する混和材料、練混ぜ方法及びセメント系プレミックス材料に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
セメントと混合して使用される混和材料であって、
好気性微生物と還元剤の両方を含み、
前記好気性微生物が芽胞形成菌であり、
前記還元剤が鉄鋼スラグ粉末である混和材料。

【請求項2】
 
前記芽胞形成菌はバチルス属細菌である請求項1に記載の混和材料。

【請求項3】
 
前記バチルス属細菌は納豆菌であり、さらに補酵素としてビオチンを含む請求項2に記載の混和材料。

【請求項4】
 
前記好気性微生物を含む水溶液又は水分散液と別剤としての当該好気性微生物の栄養源とが使用直前に混合される、2成分型混和材料である請求項1~3のいずれか1項に記載の混和材料。

【請求項5】
 
請求項1~4のいずれか1項に記載の混和材料が水に溶解又は分散した水溶液を用いて、セメントを混練するセメントの混練方法。

【請求項6】
 
セメントと、請求項1~4のいずれか1項記載の混和材料とを含むセメント系プレミックス材料。

【請求項7】
 
鋼材がコンクリートに埋設された鉄筋コンクリートの腐食抑制方法であって、
前記コンクリートが硬化する前に、当該コンクリートに請求項1~4のいずれか1項に記載の混和材料を混入させる腐食抑制方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016087837thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close