Top > Search of Japanese Patents > ARTIFICIAL TRACHEA AND PRODUCTION METHOD THEREOF

ARTIFICIAL TRACHEA AND PRODUCTION METHOD THEREOF foreign

Patent code P200016755
File No. 6015
Posted date Apr 8, 2020
Application number P2017-220048
Publication number P2019-088548A
Date of filing Nov 15, 2017
Date of publication of application Jun 13, 2019
Inventor
  • (In Japanese)中村 達雄
  • (In Japanese)稲田 有史
  • (In Japanese)茂野 啓示
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title ARTIFICIAL TRACHEA AND PRODUCTION METHOD THEREOF foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an artificial trachea in which a frame part which serves as a dynamic structure can be stabilized in a biological body for a longer term, and a lumen of an artificial trachea can be maintained for a longer term, regardless of a simple and simplified structure.
SOLUTION: There is provided an artificial trachea comprising: a hollow cylindrical base material whose cross section in a direction orthogonal to a center shaft of a cylinder is an almost circular shape, and which has a net in a side surface of the cylinder; plural annular support materials provided on an outer periphery of the cylindrical base material with an interval mutually; and a porous collagen layer on each of both of outside and inside of the cylindrical base material. The cylindrical base material is formed of polyolefin, the annular support material is formed of at least one kind selected from polyolefin and polyamide, and the cylindrical base material and the annular support materials are coupled.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、気管及び気管分岐部の再建を必要とする機会が増加しつつあり、気管及び気管分岐部の再建に使用される人工的に作られた気管(以下「人工気管」ともいう)が検討されている。
人工気管には、管腔に対する十分な支持性があり、生体組織での炎症反応が少なく生体に素早くしっかり取り込まれること等の性質が求められる。

特許文献1は、ポリプロピレン製の糸状ステントを、その外周に螺旋状に巻き付けてなるポリプロピレン製のメッシュ状チューブを基材とし、該基材の表面にアモルファスコラーゲンの薄層を有し、更に該アモルファスコラーゲンの薄層の内外面に熱架橋された微細線維化コラーゲンの層を有する人工気管を開示する(特許文献1請求項1、第3頁第27行~第4頁第2行、図1参照)。

特許文献2は、ポリプロピレン製のモノフィラメントを、その外周に螺旋状に巻き付けてなるポリプロピレン製のメッシュ状チューブを基材とし、該基材の表面にアモルファスコラーゲンの薄層を有し、更に該アモルファスコラーゲンの薄層の内外面に熱架橋された微細線維化コラーゲンの層を有する人工気管を開示する(特許文献2[0007]~[0008]参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、人工気管及びその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
筒の中心軸と直交方向の断面が略円形状を有する筒状基材であって、筒の側面に網目を有する中空筒状基材;
その筒状基材の外周上に、相互に離間して配置される複数の環状支持材;及び
筒状基材の外側と内側の両方に、多孔質コラーゲン層
を有する、人工気管であり、
筒状基材は、ポリオレフィンでできており、
環状支持材は、ポリオレフィンとポリアミドから選択される少なくとも1種でできており、
筒状基材と環状支持材は結合されている、人工気管。

【請求項2】
 
ポリオレフィンは、ポリプロピレン、ポリエチレン、及びエチレン-プロピレンコポリマーから選択される少なくとも1種を含む、請求項1に記載の人工気管。

【請求項3】
 
ポリアミドは、6,6-ナイロン、6-ナイロンから選択される少なくとも1種を含む、請求項1又は2に記載の人工気管。

【請求項4】
 
筒状基材と環状支持材の結合は、熱による融着、糸による縫合から選択される少なくとも1種である、請求項1~3のいずれかに記載の人工気管。

【請求項5】
 
糸は、ポリオレフィン及びポリアミドから選択される少なくとも1種でできている糸を含む、請求項4に記載の人工気管。

【請求項6】
 
多孔質コラーゲンは、スポンジコラーゲン、薄フィルム多房状コラーゲン、及び細繊維状コラーゲンから選択される少なくとも1種を含む、請求項1~5のいずれかに記載の人工気管。

【請求項7】
 
3つの連続する環状支持材の接合部が、直線状に並ばないように配置されている、請求項1~6のいずれかに記載の人工気管。

【請求項8】
 
直線状の形態、曲線状の形態、径の大きさが一定の形態、径の大きさが変わる形態、分岐を有さない形態及び分岐を有する形態から選択される少なくとも1種の形態を有する、請求項1~7のいずれかに記載の人工気管。

【請求項9】
 
ポリオレフィンでできているメッシュを中空筒状に形成して、筒の中心軸と直交方向の断面が略円形状を有し、筒の側面に網目を有する中空筒状基材を準備すること;
ポリオレフィンとポリアミドから選択される少なくとも1種から選択されるモノフィラメントを使用して、その筒状基材の外周上に、複数の環状支持材を準備して、相互に離間して配置すること;
筒状基材に環状支持材を結合すること;及び
筒状基材の外側と内側の両方に、多孔質コラーゲン層を配置すること
を含む、人工気管の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017220048thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close