Top > Search of Japanese Patents > DROPLET MANUFACTURING NOZZLE, DROPLET MANUFACTURING DEVICE, NUCLEAR FUSION DEVICE, AND DROPLET MANUFACTURING METHOD

DROPLET MANUFACTURING NOZZLE, DROPLET MANUFACTURING DEVICE, NUCLEAR FUSION DEVICE, AND DROPLET MANUFACTURING METHOD

Patent code P200016760
File No. 5957
Posted date Apr 9, 2020
Application number P2017-163791
Publication number P2019-037961A
Date of filing Aug 28, 2017
Date of publication of application Mar 14, 2019
Inventor
  • (In Japanese)興野 文人
  • (In Japanese)笠田 竜太
  • (In Japanese)小西 哲之
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title DROPLET MANUFACTURING NOZZLE, DROPLET MANUFACTURING DEVICE, NUCLEAR FUSION DEVICE, AND DROPLET MANUFACTURING METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a droplet manufacturing nozzle that eliminates the need of gas for droplet formation.
SOLUTION: A droplet manufacturing nozzle includes a jetting nozzle for jetting liquid. The droplet manufacturing nozzle jets the liquid that does not substantially contain gas for droplet formation into vacuum from the jetting nozzle. At the time of jetting from the jetting nozzle, the droplet manufacturing nozzle jets the liquid while adding turning force to the liquid. The jetting nozzle has different flow velocities of the liquid at the time of jetting from the jetting nozzle between a central part thereof and a peripheral edge part thereof.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

液滴の製造において、液体を大気中または真空中に噴出させることにより、前記液体の液滴を製造することが行われている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、液滴製造用ノズル、液滴製造装置、核融合装置、および液滴製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
液体を噴出させる噴出口を含み、
前記噴出口から、液体を真空中または希薄な気体中に噴出させ、
前記噴出口からの噴出時に、前記液体の液面が気体に実質的に接触せず、
前記噴出口からの噴出時に、前記液体に回転力を加えた状態で噴出させるとともに、
前記噴出口からの噴出時における前記液体の流速が、前記噴出口の中心部と周縁部とで異なることを特徴とする液滴製造用ノズル。

【請求項2】
 
製造される液滴の直径が、前記噴出口の直径以下であるか、または、前記噴出口の直径よりも小さい請求項1記載の液滴製造用ノズル。

【請求項3】
 
前記液滴製造用ノズルにおける前記液体の流路が、らせん形状である請求項1または2記載の液滴製造用ノズル。

【請求項4】
 
前記らせん形状が、前記噴出口側に近くなるほど半径が小さくなる先細り形状である請求項3記載の液滴製造用ノズル。

【請求項5】
 
請求項1から4のいずれか一項に記載の液滴製造用ノズルを含むことを特徴とする液滴製造装置。

【請求項6】
 
請求項1から4のいずれか一項に記載の液滴製造用ノズル、または、請求項5記載の液滴製造装置を含むことを特徴とする核融合装置。

【請求項7】
 
さらに、前記液滴から気体および熱を分離する気体および熱分離装置を含み、
前記気体および熱分離装置が、トリチウムを分離回収可能であり、
さらに、前記回収トリチウムを核融合させる核融合プラズマを含むことを特徴とする請求項6記載の核融合装置。

【請求項8】
 
噴出口から真空中または希薄な気体中に液体を噴出させる液体噴出工程を含み、
前記液体噴出工程において、
前記噴出口からの噴出時に、前記液体の液面が気体に実質的に接触せず、
前記噴出口からの噴出時に、前記液体に回転力を加えた状態で噴出させるとともに、
前記噴出口からの噴出時における前記液体の流速が、前記噴出口の中心部と周縁部とで異なることを特徴とする、液滴製造方法。

【請求項9】
 
請求項1から5のいずれか一項に記載の液滴製造用ノズルを用いて前記液体噴出工程を行なう請求項8記載の液滴製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017163791thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close