Top > Search of Japanese Patents > VOICE INTERACTIVE DEVICE, PROCESSING METHOD OF THE SAME AND PROGRAM

VOICE INTERACTIVE DEVICE, PROCESSING METHOD OF THE SAME AND PROGRAM foreign

Patent code P200016788
File No. 5788
Posted date Apr 14, 2020
Application number P2017-040580
Publication number P2018-146715A
Patent number P6696923
Date of filing Mar 3, 2017
Date of publication of application Sep 20, 2018
Date of registration Apr 27, 2020
Inventor
  • (In Japanese)河原 達也
  • (In Japanese)高梨 克也
  • (In Japanese)中西 亮輔
  • (In Japanese)渡部 生聖
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
  • (In Japanese)トヨタ自動車株式会社
Title VOICE INTERACTIVE DEVICE, PROCESSING METHOD OF THE SAME AND PROGRAM foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To perform more natural interaction.
SOLUTION: A voice interactive device comprises: voice recognition means for recognizing voice of a user; response sentence generating means for generating a response sentence to voice of the user on the basis of the voice which the voice recognition means recognizes; filler generation means for generating a filler word between interactions; output means for outputting the generated response and the filler word; and classification means for classifying the response sentence which the response sentence generation means generates into one of prescribed speech patterns showing types of speech, which are previously set. The output means outputs the filler word after the voice of the user, which follows a first response sentence, the classification means classifies the first response sentence into one of the speech patterns when a second response sentence is outputted, and the filler generation means generates the filler word on the basis of the speech pattern classified by the classification means.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

対話間にフィラー語(場つなぎ語)を挿入して不自然に間延びしないようにする音声対話装置が知られている(特許文献1参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ユーザと音声対話を行う音声対話装置、その処理方法及びプログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ユーザの音声を認識する音声認識手段と、
前記音声認識手段により認識された音声に基づいて、前記ユーザの音声に対する応答文を生成する応答文生成手段と、
前記ユーザとの対話間に挿入するフィラー語を生成するフィラー生成手段と、
前記応答文生成手段により生成された応答文及び前記フィラー生成手段により生成されたフィラー語を出力する出力手段と、
を備える音声対話装置であって、
前記応答文生成手段により生成された応答文を、予め設定され発話の種類を示す所定の発話パターンのうちのいずれかに分類する分類手段を備え、
前記出力手段が、第1の前記応答文に続く前記ユーザの音声後、前記フィラー語を出力し、第2の前記応答文を出力する場合において、
前記分類手段は、前記第1の応答文を、前記発話パターンのうちのいずれかに分類し、
前記フィラー生成手段は、前記分類手段により分類された発話パターンに基づいて、前記フィラー語を生成する、
ことを特徴とする音声対話装置。

【請求項2】
 
請求項1記載の音声対話装置であって、
前記発話パターンと、該発話パターンに対応付けられた特徴量の種類に関する情報と、を含むテーブル情報を記憶する記憶手段と、
前記分類手段により分類された発話パターンに対応付けられた特徴量の種類に関する情報に基づいて、先行又は後続の発話の特徴量を算出する特徴量算出手段と、
を更に備え、
前記フィラー生成手段は、前記特徴量算出手段により算出された特徴量に基づいて、前記フィラー語を生成する、
を特徴とする音声対話装置。

【請求項3】
 
請求項2記載の音声対話装置であって、
前記特徴量の種類に関する情報は、先行発話の韻律情報、先行発話の言語情報、後続発話の言語情報、及び、後続発話の韻律情報のうち少なくとも1つを含む、
ことを特徴とする音声対話装置。

【請求項4】
 
請求項2又は3記載の音声対話装置であって、
前記記憶手段は、少なくとも1つの前記フィラー語を含み該フィラー語の系統を示すフィラー系に特徴量がそれぞれ対応付けられたフィラー形態情報を記憶しており、
前記フィラー生成手段は、前記分類手段により分類された発話パターンに基づいて、前記フィラー系の数を絞り込み、該絞り込んだフィラー系の中から、前記特徴量算出手段により算出された特徴量に対応付けられ1つのフィラー系を選択し、該選択したフィラー系に含まれる前記フィラー語を選択することで、前記フィラー語を生成する、
ことを特徴とする音声対話装置。

【請求項5】
 
ユーザの音声を認識する音声認識手段と、
前記音声認識手段により認識された音声に基づいて、前記ユーザの音声に対する応答文を生成する応答文生成手段と、
前記ユーザとの対話間に挿入するフィラー語を生成するフィラー生成手段と、
前記応答文生成手段により生成された応答文及び前記フィラー生成手段により生成されたフィラー語を出力する出力手段と、を備える音声対話装置の処理方法であって、
前記出力手段が、第1の前記応答文に続く前記ユーザの音声後、前記フィラー語を出力し、第2の前記応答文を出力する場合において、
前記第1の応答文を、予め設定され発話の種類を示す所定の発話パターンのうちのいずれかに分類するステップと、
前記分類された発話パターンに基づいて、前記フィラー語を生成するステップと、
を含む
ことを特徴とする音声対話装置の処理方法。

【請求項6】
 
ユーザの音声を認識する音声認識手段と、
前記音声認識手段により認識された音声に基づいて、前記ユーザの音声に対する応答文を生成する応答文生成手段と、
前記ユーザとの対話間に挿入するフィラー語を生成するフィラー生成手段と、
前記応答文生成手段により生成された応答文及び前記フィラー生成手段により生成されたフィラー語を出力する出力手段と、を備える音声対話装置のプログラムであって、
前記出力手段が、第1の前記応答文に続く前記ユーザの音声後、前記フィラー語を出力し、第2の前記応答文を出力する場合において、
前記第1の応答文を、予め設定され発話の種類を示す所定の発話パターンのうちのいずれかに分類する処理と、
前記分類された発話パターンに基づいて、前記フィラー語を生成する処理と、
をコンピュータに実行させることを特徴とする音声対話装置のプログラム。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017040580thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close