Top > Search of Japanese Patents > GRAFT-TYPE COPOLYMER, METHOD FOR PRODUCING GRAFT-TYPE COPOLYMER AND COATING AGENT

GRAFT-TYPE COPOLYMER, METHOD FOR PRODUCING GRAFT-TYPE COPOLYMER AND COATING AGENT

Patent code P200016801
File No. 5759
Posted date May 8, 2020
Application number P2017-048565
Publication number P2018-150473A
Patent number P6717462
Date of filing Mar 14, 2017
Date of publication of application Sep 27, 2018
Date of registration Jun 15, 2020
Inventor
  • (In Japanese)嶋中 博之
  • (In Japanese)村上 賀一
  • (In Japanese)田儀 陽一
  • (In Japanese)菊池 亜美
  • (In Japanese)榊原 圭太
  • (In Japanese)辻井 敬亘
Applicant
  • (In Japanese)大日精化工業株式会社
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title GRAFT-TYPE COPOLYMER, METHOD FOR PRODUCING GRAFT-TYPE COPOLYMER AND COATING AGENT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a graft-type copolymer having a graft chain into which a carboxy group capable of functioning as a functional group is introduced, which is useful as a coloring material, an electronic material, a functional material or the like.
SOLUTION: There is provided a graft-type copolymer which contains 80 mass% or more of a constitutional unit represented by the following general formula (1) and has a number-average molecular weight in terms of polystyrene measured by gel permeation chromatography of 50000 to 2000000. (R1 and R2 represent a methyl group or the like; X represents O or the like; Y represents a bivalent organic group; n represents an optional repetition number; and "polymer A" represents a polymer having a constitutional unit derived from a methacrylate-based monomer including a carboxy group-containing methacrylate-based monomer.)
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

色材、電子材料、及び機能性材料などの分野で用いられるビニル系ポリマーは、スチレンや(メタ)アクリル酸系モノマーなどを使用し、イオン重合、ラジカル重合、及びリビングラジカル重合などの重合方法によって製造される、直鎖型、ブロック型、グラフト型、及び星型のコポリマーである。そして、これらのポリマーには様々な官能基が導入されることが知られている。例えば、架橋反応性、密着性、水可溶性、又はイオン化性などの機能性をポリマーに付与すべく、カルボキシ基などの酸性基が導入されることがある。

ビニル系モノマーを用いて製造されるグラフト型コポリマーは、幹となる主鎖と、この主鎖に結合した枝となる複数のグラフト鎖とを有する、分岐構造を有するポリマーである。このグラフト型コポリマーの製造方法としては、例えば、(1)主鎖であるポリマー成分と、モノマーとを重合して、主鎖からグラフト鎖を伸長させて形成するグラフトフロム法;(2)末端二重結合を有するマクロモノマーと、他のモノマーとを重合するグラフトスルー法;(3)側鎖に官能基を有するポリマーと、この官能基と反応する官能基を片末端に有するポリマーとを反応させるグラフトオントゥー法;などを挙げることができる(特許文献1~3)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、カルボキシ基である酸基を有するポリマー鎖を、高質量比で含有する、新規なグラフト型コポリマー及びその製造方法、その用途に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記一般式(1)で表される構成単位を80質量%以上含有し、
ゲルパーミエーションクロマトグラフィーにより測定されるポリスチレン換算の数平均分子量が、50,000~2,000,000であるグラフト型コポリマー。
(式省略)
(前記一般式(1)中、R1及びR2は、それぞれ独立に水素原子又はメチル基を示し、Xは、O又はNHを示し、Yは、2価の有機基を示し、nは、任意の繰り返し数を示し、「Polymer A」は、カルボキシ基含有メタクリル酸系モノマーを含むメタクリル酸系モノマーに由来する構成単位を90質量%以上有する、酸価が10~300mgKOH/gであるポリマーを示す)

【請求項2】
 
前記カルボキシ基含有メタクリル酸系モノマーが、メタクリル酸、フタル酸モノ2-(メタクリロイルオキシ)エチル、コハク酸モノ2-(メタクリロイルオキシ)エチル、ヘキサヒドロフタル酸モノ2-(メタクリロイルオキシ)エチル、及びトリメリット酸モノ2-(メタクリロイルオキシ)エチルからなる群より選択される少なくとも一種である請求項1に記載のグラフト型コポリマー。

【請求項3】
 
請求項1又は2に記載のグラフト型コポリマーの製造方法であって、
下記一般式(2)で表されるモノマーに由来する構成単位(X)を含む「Polymer B」と、カルボキシ基含有メタクリル酸系モノマーを含むメタクリル酸系モノマーを90質量%以上含有するモノマー成分とを、ヨウ化物イオンを生成しうる化合物が存在する条件下で重合する工程を有するグラフト型コポリマーの製造方法。
(式省略)
(前記一般式(2)中、R1及びR2は、それぞれ独立に水素原子又はメチル基を示し、Xは、O又はNHを示し、Yは、2価の有機基を示し、Zは、塩素原子又は臭素原子を示す)

【請求項4】
 
請求項1又は2に記載のグラフト型コポリマーを含有するコーティング剤。

【請求項5】
 
水を含む水性媒体をさらに含有するとともに、
前記グラフト型コポリマーのカルボキシ基がアルカリで中和されている請求項4に記載のコーティング剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close