Top > Search of Japanese Patents > REPAIR MATERIAL AND REPAIR METHOD

REPAIR MATERIAL AND REPAIR METHOD

Patent code P200016803
File No. 5751
Posted date May 8, 2020
Application number P2017-071416
Publication number P2018-172235A
Date of filing Mar 31, 2017
Date of publication of application Nov 8, 2018
Inventor
  • (In Japanese)河合 慶有
  • (In Japanese)西田 孝弘
  • (In Japanese)齋藤 淳
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人愛媛大学
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
  • (In Japanese)株式会社安藤・間
Title REPAIR MATERIAL AND REPAIR METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a repair material and repair method capable of repairing a cement-based structure quickly by a simple process.
SOLUTION: This invention relates to a repair material used for repairing the cement-based structures. The repair material includes an anaerobic microbe and a water-soluble polymer. The water-soluble polymer has functional groups. The functional group is cross-linked by calcium originated from the cement-based structure and thereby, the water-soluble polymer gelates. On the other hand, the anaerobic microbe generates carbon dioxide by anaerobic metabolism even in the repair material, and calcium carbonate separates out by reaction of the carbon dioxide with the calcium ion. Accordingly, the gel film of the repair material becomes a dense film having high mechanical strength by separating out of calcium carbonate therein.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

コンクリートやモルタル等のセメントの硬化物は建築構造物などに広く使用されている。このようなセメント系の構造物は、経年劣化によりひび割れなどの劣化が起こり、補修が必要となることがある。

補修材料としては、アルギン酸、アルギン酸プロピレングリコールエステル又はこれらの塩を含むものが公知である(特許文献1)。この補修材料は幅0.2mm以下の微細ひび割れにも浸透して硬化するという利点はあるものの、硬化速度が遅い上、幅広のひび割れに対しては補修効果が低い欠点があった。しかも、この補修材料は、特に繊維を混入した構造物に適したものであって(請求項1)、その用途は限られている。

特許文献2は、少なくともケイ酸ナトリウムを含む第1の液体と、細菌材料、カルシウム源、栄養源などを含む第2の液体とを反応させてゲル化する方法を開示している。しかし、この方法では、カルシウム源とケイ酸ナトリウムとの反応を防ぐため2液とする必要があり、取り扱いが煩雑である上、第1の液体と第2の液体の混合開始直後に上記のような反応が進行するため、補修材料がひび割れ深部に浸透する前にゲル化が起こり、深部が十分な補修されない問題もある。

また、非特許文献1には、微生物の活動によりセメント系構造物に含まれるカルシウムイオンを析出させ、ひび割れを補修する方法が開示されている。この方法では比較的ひび割れ深部にまで補修材料が到達しやすいという利点はあるものの、補修に時間が要するという問題があった。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、コンクリートやモルタルなどのセメント系構造物の補修に用いる補修材料と、それを用いた補修方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
セメント系構造物の補修材料であって、
嫌気性微生物と、
カルシウムイオンと架橋する官能基を有する水溶性ポリマーと、
を含有することを特徴とする補修材料。

【請求項2】
 
前記嫌気性微生物は酵母を含む請求項1に記載の補修材料。

【請求項3】
 
前記水溶性ポリマーは、アルギン酸、アルギン酸エステル、ペクチン、ジェランガム、ポリ(メタ)アクリル酸、カルボキシメチルセルロース、カラギーナン及びこれらの塩からなる群より選択される1種以上のポリマーからなる請求項1記載の補修材料。

【請求項4】
 
カルシウム化合物の含有量が5質量%未満である請求項1又は請求項2に記載の補修材料。

【請求項5】
 
請求項1~4のいずれか1項記載の補修材料を用いて、セメント系構造物を補修する補修方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017071416thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close