Top > Search of Japanese Patents > HEAT RADIATION PHOTOVOLTAIC GENERATOR

HEAT RADIATION PHOTOVOLTAIC GENERATOR

Patent code P200016806
File No. 5745
Posted date May 8, 2020
Application number P2017-034724
Publication number P2018-143025A
Date of filing Feb 27, 2017
Date of publication of application Sep 13, 2018
Inventor
  • (In Japanese)野田 進
  • (In Japanese)井上 卓也
  • (In Japanese)渡辺 晃平
  • (In Japanese)浅野 卓
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title HEAT RADIATION PHOTOVOLTAIC GENERATOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a heat radiation photovoltaic generator having high output density and high generation efficiency.
SOLUTION: A heat radiation photovoltaic generator comprises: a heat radiation body 12; a photoelectric conversion element 11 which is arranged apart from the heat radiation body 12 and comprises semiconductor layers 1111, 1112, 1121 and 1122; and an intermediate member 13 which is brought into contact with the photoelectric conversion element 11, is arranged apart from the heat radiation body 12 by a distance of 1/3 or less of a band gap wavelength being a wavelength corresponding to minimum band gap energy in bandgap energies of a semiconductor constituting respective semiconductor layers between the heat radiation body 12 and the photoelectric conversion element 11, and is formed of a material in which a real part of a dielectric constant has a positive value on light of wavelength 0.5 to 1000 μm and through which at least light of a part of the wavelength in a wavelength range which is photoelectrically converted in the photoelectric conversion element 11 passes. Since near-field light can be used as the heat radiation body 12 and the intermediate member 13 are near, output density is high, and power generation efficiency is high since light of the long wavelength, which does not contribute to power generation in the photoelectric conversion element 11, can be prevented from passing on a surface of the semiconductor layer of the photoelectric conversion element 11.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

一般に、物体を加熱すると、物体を構成する物質及び物体の温度に応じたスペクトルを有する熱輻射光が放出される。この熱輻射光を光電変換素子に照射することにより、発電を行うことができる。この原理を用いて、例えば火力発電所やエンジンを用いた発電機において発電に寄与することなく発生する熱で生じる熱輻射光により発電を行うことで、エネルギーの利用効率を高めることができる。また、熱源さえあれば、別途電源を用意することなく電力を得ることができる。例えば赤外線を用いてエンジンの排ガス中の成分を分析するための排ガスセンサにおいて、エンジンの廃熱で生じる熱輻射光により発電を行うことで、別途電源を用意することなく排ガスセンサを動作させるための電力を得ることができる。

熱輻射光発電装置は、加熱によって熱輻射光を発する熱輻射体と、該熱輻射光を電気に変換する光電変換素子で構成されるが、光電変換素子を保護するため、両者を直接接触させることはできず、両者の間には隙間を設けなければならない。熱輻射体を加熱した際には、その内部を含む全体から熱輻射光が放出されるが、内部で生成された熱輻射光は、熱輻射体の表面から外部に放出される他、例えばその表面で全反射することにより熱輻射体内に留まるものも存在する。但し、このように熱輻射体内に留まる光であっても、その表面からわずかに外側(例えば表面から1μm未満の範囲内)には浸出している。このような光を近接場光という。近接場光も光電変換素子に取り込むことができれば、発電の出力密度を高くすることができる。そこで特許文献1に記載の熱輻射光発電装置は、熱輻射体と光電変換素子を構成する半導体層の距離(隙間の大きさ)を、熱輻射体の表面付近に生成される近接場光が該半導体層に伝播するように十分に小さく(例えばナノオーダー、すなわち1μm未満に)する、という構成をとっている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、物体を加熱することにより生じる熱輻射光を光電変換することにより発電を行う熱輻射光発電装置に関する。なお、本明細書では「熱輻射光」には、可視光及び赤外線以外の電磁波を含むものとする。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
a) 熱輻射体と、
b) 前記熱輻射体から離間して配置された、1層又は複数層の半導体層を有する光電変換素子と、
c) 前記熱輻射体と前記光電変換素子の間に、該光電変換素子に接し、前記1層の半導体層を構成する半導体のバンドギャップエネルギーに対応する波長又は前記複数層の各半導体層を構成する半導体のバンドギャップエネルギーのうちの最小のものに対応する波長であるバンドギャップ波長の1/3以下の距離だけ前記熱輻射体から離間して配置された、波長0.5~1000μmの光に関して誘電率の実部が正の値を有し且つ前記光電変換素子において光電変換される波長範囲内の少なくとも一部の波長の光を透過する材料から成る中間部材と
を備えることを特徴とする熱輻射光発電装置。

【請求項2】
 
前記熱輻射体と前記中間部材の距離が0.2μm以下とすることを特徴とする請求項1に記載の熱輻射光発電装置。

【請求項3】
 
前記熱輻射体と前記中間部材の距離が、前記中間部材を配置することなく前記熱輻射体と前記光電変換素子を離間して配置した構成において、該熱輻射体で生成される熱輻射光の全エネルギーに占める、該光電変換素子が表面波を吸収することにより生じるエネルギーの損失の割合が10%となる場合の該熱輻射体と該光電変換素子の距離よりも短いことを特徴とする請求項1又は2に記載の熱輻射光発電装置。

【請求項4】
 
前記中間部材の材料の屈折率が、前記光電変換素子において光電変換される波長範囲内において3以上であることを特徴とする請求項1~3のいずれかに記載の熱輻射光発電装置。

【請求項5】
 
前記熱輻射体が、前記中間部材が透過する波長の光を増幅するフォトニック結晶構造を有することを特徴とする請求項1~4のいずれかに記載の熱輻射光発電装置。

【請求項6】
 
前記熱輻射体が、表面に柱状部が複数形成された支持基体の該柱状部に載置されていることを特徴とする請求項1~5のいずれかに記載の熱輻射光発電装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017034724thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close