Top > Search of Japanese Patents > CARBON MONOXIDE EMISSION MATERIAL USING INFINITE COORDINATION POLYMER (ICPs)

CARBON MONOXIDE EMISSION MATERIAL USING INFINITE COORDINATION POLYMER (ICPs)

Patent code P200016811
File No. 5702
Posted date May 8, 2020
Application number P2017-039426
Publication number P2018-145248A
Date of filing Mar 2, 2017
Date of publication of application Sep 20, 2018
Inventor
  • (In Japanese)池村 周也
  • (In Japanese)古川 修平
  • (In Japanese)北川 進
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title CARBON MONOXIDE EMISSION MATERIAL USING INFINITE COORDINATION POLYMER (ICPs)
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide CO emission material using an infinite coordination polymer (ICPs).
SOLUTION: There is provided an infinite coordination polymer (ICPs) consisting of a carbonyl complex and a ligand having 2 or more imidazole groups, the ligand having 2 or more imidazole groups is a ligand synthesized from a compound containing the imidazole group, and an aliphatic hydrocarbon compound having a condensed aromatic ring with 10 carbon atoms, and 2 bromo groups which may have an aromatic ring with 6 carbon atoms or an aliphatic ring with 5 to 6 carbon atoms, and the carbonyl complex is a complex containing manganese.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

一酸化炭素(CO)は、臓器や脳への影響が有り、ヘモグロビンと結合し、致死性(150ppm以上)も有ることから、人間が吸入すると、有毒ガスとしての特徴が有る。

COは、酸化還元状態の制御、細胞保護、抗炎症作用、血管への作用等、生理活性ガスとしての特徴も有る。COは、特に腸内では、CO濃度が200ppm以上で抗炎症作用を示す。炎症性腸疾患(IBD)の治療薬としての使用が期待される。

人間の体内に、COを生理活性成分として取り込む為には、COを固体状態で体内に導入する必要がある(図1)。

本発明者等は、既に、多孔性配位高分子(PCPs:Porous Coordinate Polymer)を用いて、CO放出フレームワーク(CORF)を合成している(図2)。

PCPsは高い設計性を有し、PCPsを用いたCO放出材料(CORF)を用いることでトリガーとなる吸収波長の制御が可能である。PCPsは多孔性を有し、PCPsを用いたCO放出材料を用いることで高いCO導入量が可能である。PCPsはサイズ制御が可能であり、PCPsを用いたCO放出材料を用いることでCO放出量の制御が可能である。CO放出材料にPCPsを用いることで、CO導入量、放出量等の制御が可能である。

本発明者等は、PCPsを用いてCO放出材料を合成し、固体状態における光駆動型CO放出を確認している。本発明者等は、PCPsの特性を活かしたチューニングにより、高いCO導入量、放出量を実現している。しかしながら、これまでのPCPsを用いたCO放出材料は、生体応用に必須となるリン酸緩衝生理食塩水(PBS)中での安定性が低いという点について、改良の余地があった。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、無限配位高分子(ICPs)を用いた一酸化炭素放出材料に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
カルボニル錯体と2個以上のイミダゾール基を有する配位子とから成る無限配位高分子。

【請求項2】
 
前記2個以上のイミダゾール基を有する配位子が、イミダゾール基を含む化合物とブロモ基を有する化合物とから合成される配位子である、請求項1に記載の無限配位高分子。

【請求項3】
 
前記イミダゾール基を含む化合物が、
下記一般式(1):
【化1】
 
(省略)
(式(1)中、Rは、
2位 : Me, Et, Pr, i-Pr, Bu, Ph, COMe, CHO, NO2, SH, Cl, Br, 又はIを示す;
4位 : Me, Ph, COMe, CN, CHO, NO2, Cl, Br, 又はIを示す;
5位 : CN, Ph, 又はClを示す;
(Me : CH3-, Et : C2H5-, Pr : C3H7-, Bu : C4H9-, Ph : C6H6-)である。)
で表される化合物、及び、
下記一般式(2):
【化2】
 
(省略)
(式(2)中、R’は、
2位 : Me, Et, Ph, COMe, Cl, 又はBrを示す;
5位 : Me, OMe, 又はClを示す;
(Me : CH3-, Et : C2H5-, Pr : C3H7-, Ph : C6H6- )である。)
で表される化合物
からなる群から選ばれる少なくとも1つの化合物である、
請求項2に記載の無限配位高分子。

【請求項4】
 
前記ブロモ基を有する化合物が、
下記一般式(3):
【化3】
 
(省略)
(式(3)中、Rは、
3,6-diBr, 1,8-diBr, 3,4,6,7-tetraMe, 3,6-diBrMe, 又は3,4,6,7-tetraBrMe
(Me : CH3-)を示す。)
で表される化合物、
下記一般式(4):
【化4】
 
(省略)
(式(4)中、R’は、
4-Me, 4-Br, 4-BrMe, 7-Br, 3,5,7-triMe-4-BrMe, 又は3,5,7-triEt-4-BrMe
(Me : CH3-, Et : C2H5-)を示す。)
で表される化合物、
下記一般式(5):
【化5】
 
(省略)
(式(5)中、R’’は、
n = 1 : Me, Cl, Br, I, diMe, diCl, 又はdiBrを示す;
n = 2 : Me, Et, ClMe, BrMe, 1,1-diMe, 1,2-diMe, 1,1-diCl, 又は1,2-diBrを示す;
n = 3 : 1-Me, 2-Me, 2-Br, 又は1,1-diMeを示す;
n = 4 : 1,-Me, 又は2,3-diBrを示す;
n = 5 : 3-Meを示す;
n = 6 : 2,5-diBrを示す;
(Me : CH3-, Et : C2H5-)である。
nは1~12の整数である。)
で表される化合物、
【化6】
 
(省略)
からなる群から選ばれる少なくとも1つの化合物である、
請求項2又は3に記載の無限配位高分子。

【請求項5】
 
前記カルボニル錯体が、マンガンを含む錯体である、請求項1~4のいずれかに記載の無限配位高分子。

【請求項6】
 
請求項1~5の無限配位高分子を用いた、一酸化炭素放出材料。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close