Top > Search of Japanese Patents > COATING COMPOSITION

COATING COMPOSITION UPDATE_EN

Patent code P200016825
File No. 6270
Posted date May 8, 2020
Application number P2018-160666
Publication number P2020-033449A
Date of filing Aug 29, 2018
Date of publication of application Mar 5, 2020
Inventor
  • (In Japanese)嶋中 博之
  • (In Japanese)村上 賀一
  • (In Japanese)田儀 陽一
  • (In Japanese)釜林 純
  • (In Japanese)榊原 圭太
  • (In Japanese)辻井 敬亘
Applicant
  • (In Japanese)大日精化工業株式会社
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title COATING COMPOSITION UPDATE_EN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a coating composition capable of forming a coated film (coating film) having characteristics such as durability or adhesiveness to a substrate.
SOLUTION: There is provided a polymer which is a graft type polymer containing 80 mass% or more of a constitutional unit represented the general formula (1) and has a number average molecular weight of 10000 or more and 1000000 or less. (R1 represents a hydrogen atom or a methyl group, X represents O or NH, R2 represents an optional organic group, R3 and R4 each independently represents a hydrogen atom, an alkyl group, an aryl group or an acyl group, n represents an optional repeating number and Polymer shows a graft chain containing a constitutional unit derived from a graft monomer such as a (meth)acrylic acid monomer.)
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、ポリスチレン、ポリ(メタ)アクリレート、ポリアクリルアミド、及びこれらのポリマーを構成するモノマーの共重合体などの様々なビニル系モノマーを構成成分とするポリマーは、塗料、グラビアインキ、インクジェットインクなどの各種基材の表面を被覆する塗膜(被膜)を形成するコーティング組成物に配合される被膜成分として用いられている。このようなコーティング組成物は、例えば、木材、プラスチック、ゴム、金属、陶器、ガラス、皮革等の材料から構成される建物、建材、構造物、自動車、車両、電気機器、精密機器、食品包装、食品容器、家具、電池材料、電子部品、機械部品等の表面保護や、意匠性付与、材質耐久性向上、美観付与、熱伝導性付与、帯電防止性付与、導電性付与、耐汚染性付与、耐腐食性付与等の目的で用いられている。

コーティング組成物に被膜成分として配合されるポリマーとしては、多種多様なものが開発されている。例えば、フッ素原子を含有するビニル系単量体及びシリコーン系マクロモノマーを用いて得られるフッ素系グラフト共重合体(特許文献1)や、皮革用のコーティング剤に配合されるシリコーンアクリルグラフト共重合樹脂(特許文献2)が提案されている。また、アクリル等のポリマーと、官能基を有するポリオレフィンとの反応生成物を含む樹脂(特許文献3)や、ブロック化されたポリフルオロアルキル基を有する枝セグメントが幹セグメントに結合したポリマー(特許文献4)が提案されている。

さらに、パーフルオロ(メタ)アクリレートをモノマー成分とする主鎖と、非フッ素系重合体をモノマー成分とする側鎖とを有するグラフト共重合体(特許文献5)や、パーフルオロ(メタ)アクリレート等からなる重合体で構成される側鎖と、その他のラジカル重合性単量体からなる重合体で構成される主鎖とを有するグラフト共重合体(特許文献6)が提案されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、耐久性及び基材に対する密着性等に優れた塗膜(被膜)を形成することが可能なコーティング組成物に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
溶剤及びポリマーを含有するコーティング組成物であって、
前記ポリマーが、下記一般式(1)で表される構成単位を80質量%以上含むグラフト型ポリマーであり、
前記ポリマーの、ゲルパーミエーションクロマトグラフィーにより測定されるポリスチレン換算の数平均分子量が、10,000以上1,000,000以下であるコーティング組成物。
(式省略)
(前記一般式(1)中、R1は、水素原子又はメチル基を示し、Xは、O又はNHを示し、R2は、任意の有機基を示し、R3及びR4は、それぞれ独立に水素原子、アルキル基、アリール基、又はアシル基を示すとともに、R3及びR4が結合している炭素原子は第3級炭素原子又は第4級炭素原子であり、nは、任意の繰り返し数を示し、Polymerは、(メタ)アクリル酸系モノマー、(メタ)アクリルアミド系モノマー、芳香族ビニル系モノマー、及び(メタ)アクリロニトリルからなる群より選択される少なくとも一種のグラフトモノマーに由来する構成単位を含むグラフト鎖を示す)

【請求項2】
 
前記グラフトモノマーが、カルボキシ基、リン酸基、リン酸エステル基、水酸基、グリシジル基、イソシアネート基、ブロック化イソシアネート基、アルコキシシリル基、及び(メタ)アクリロイル基のいずれかの反応性基を有する請求項1に記載のコーティング組成物。

【請求項3】
 
前記ポリマーが、前記一般式(1)中のPolymerが相互に異なる2種以上の構成単位を含み、
前記2種以上の構成単位が、下記一般式(1-A)で表される構成単位Aと、下記一般式(1-B)で表される構成単位Bと、を含む請求項1に記載のコーティング組成物。
(式省略)
(前記一般式(1-A)中、R1~R4、X、及びnは、前記一般式(1)中のR1~R4、X、及びnと同義であり、Polymer Aは、反応性基を有しない第1のグラフトモノマーに由来する構成単位からなるグラフト鎖を示す)
(式省略)
(前記一般式(1-B)中、R1~R4、X、及びnは、前記一般式(1)中のR1~R4、X、及びnと同義であり、Polymer Bは、カルボキシ基、リン酸基、リン酸エステル基、水酸基、グリシジル基、イソシアネート基、ブロック化イソシアネート基、アルコキシシリル基、及び(メタ)アクリロイル基のいずれかの反応性基を有する第2のグラフトモノマーに由来する構成単位を含むグラフト鎖を示す)

【請求項4】
 
前記反応性基と反応しうる基を2以上有する架橋剤をさらに含有する請求項2又は3に記載のコーティング組成物。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close