Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR CONVERTING ELECTROPHORESIS TIME-EFFECTIVE MOBILITY USING VIRTUAL SEEPAGE FLOW IN CAPILLARY ZONE ELECTROPHORESIS METHOD

METHOD FOR CONVERTING ELECTROPHORESIS TIME-EFFECTIVE MOBILITY USING VIRTUAL SEEPAGE FLOW IN CAPILLARY ZONE ELECTROPHORESIS METHOD

Patent code P020000055
File No. U1999P041
Posted date May 27, 2003
Application number P1999-251604
Publication number P2001-074694A
Patent number P3259032
Date of filing Sep 6, 1999
Date of publication of application Mar 23, 2001
Date of registration Dec 14, 2001
Inventor
  • (In Japanese)育田 夏樹
  • (In Japanese)廣川 健
Applicant
  • (In Japanese)広島大学
Title METHOD FOR CONVERTING ELECTROPHORESIS TIME-EFFECTIVE MOBILITY USING VIRTUAL SEEPAGE FLOW IN CAPILLARY ZONE ELECTROPHORESIS METHOD
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To establish a method for obtaining a qualitative marker of a high reproducibility by adding a standard substance to an unknown sample, obtaining a migration time of the standard substance by capillary zone electrophoresis, and converting the migration time of the standard substance to an effective mobility given that a velocity of a seepage flow is linearly dependent on the time.

SOLUTION: A standard substance is added to an unknown sample. A capillary electrophoresis is carried out to obtain a migration time of the standard substance. Supposed that a velocity of a seepage flow is linearly dependent on the time, the migration time of the standard substance is converted to an effective mobility. In the conversion method with the use of a virtual seepage flow, a velocity Veof,hyp of the virtual seepage flow is obtained as a linear function of the time from migration times tA and tB of two standard substances of mobilities mA and mB according to Veof,hyp=at+b. Thereafter, a velocity of the unknown sample is obtained from a migration time t of the unknown sample. A difference from the velocity Veof,hyp of the virtual seepage flow is obtained and divided by an average potential gradient E of a capillary.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)キャピラリーゾーン電気泳動が広く普及するには、ピークポジションの再現性が高いことが必要である。なぜなら、それは直接定性指標として用いられるからである。横軸として時間を用いたとき、再現性の良い横軸を得るために最も重要となるファクターは泳動電圧(電流)、分離チャンバーの温度、および、電気浸透流のコントロールである。しかしながら、同じ条件下で、前者2つを完全にコントロールしても、セパレーションチューブの温度上昇はジュール熱によって避けられず、電気浸透流の制御は容易ではない。これらの理由により時間軸を持つ通常のCZEフェログラムの分析再現性はHPLCほど高くない。
最も困難な問題は電気浸透流がキャピラリー内部の状態や履歴により変化することである。従来技術によれば、印加電圧を上昇させると、ジュール熱によりキャピラリー内温度が上昇するため、実効移動度が大きく見積もられる。従って、印加電圧を変えたときには、未知試料の同定が困難になる。即ち、未知試料に含まれていると思われる物質を含んだ溶液を精密に測定するために印加電圧を5kVでキャピラリーゾーン電気泳動を行い、未知試料は迅速分析のために30kVでキャピラリー電気泳動を行ったとすると、未知試料に含まれるイオンの移動度が大きくなるために誤同定してしまう問題がある。
Field of industrial application (In Japanese)キャピラリーゾーン電気泳動法における仮想的浸透流を用いた電気泳動時間?実行移動度変換法
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 未知試料に標準物質を添加してキャピラリーゾーン電気泳動を実行し、標準物質の泳動時間を求めるステップと、
浸透流の速度が時間に直線的に依存していると仮定して、前記標準物質の泳動時間から実効移動度に変換するステップと、
を具備することを特徴とするキャピラリーゾーン電気泳動法における仮想的浸透流を用いた電気泳動時間ー実効移動度変換方法。
【請求項2】
 移動度がmA,mBである2つの標準物質の泳動時間tA、tBから、仮想的浸透流の速度veof,hypを時間の一次関数 veof,hyp=at+bとして求めるステップと、
未知試料の泳動時間tから未知試料の速度を求めて、前記仮想的浸透流の速度veof,hypとの差を求めるステップと、
前記差をキャピラリーの平均電位勾配Eで割るステップと、
を具備することを特徴とするキャピラリーゾーン電気泳動法における仮想的浸透流を用いた電気泳動時間ー実効移動度変換方法。
【請求項3】
 遅延時間τを導入して、移動度がmA,mB,mCの3つの標準物質の泳動時間tA、tB、tCから、仮想的浸透流の速度veof,hypを時間の一次関数 veof,hyp=a(t-τ)+bとして求めるステップと、
未知試料の泳動時間tと遅延時間τとから未知試料の速度を求めて、前記仮想的浸透流の速度veof,hypとの差を求めるステップと、
前記差をキャピラリーの平均電位勾配Eで割るステップと、
を具備することを特徴とするキャピラリーゾーン電気泳動法における仮想的浸透流を用いた電気泳動時間ー実効移動度変換方法。
Industrial division
  • (In Japanese)試験、検査
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

04239_19SUM.gif
State of application right Right is in force


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close