Top > Search of Japanese Patents > PRESSURE SENSOR AND PRESSURE MEASURING DEVICE

PRESSURE SENSOR AND PRESSURE MEASURING DEVICE achieved

Patent code P200016849
File No. 6103
Posted date May 11, 2020
Application number P2018-115467
Publication number P2019-219222A
Date of filing Jun 18, 2018
Date of publication of application Dec 26, 2019
Inventor
  • (In Japanese)ピパットポンサー ティラポン
  • (In Japanese)肥後 陽介
  • (In Japanese)白石 啓太
  • (In Japanese)ファン クン
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title PRESSURE SENSOR AND PRESSURE MEASURING DEVICE achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new pressure sensor that does not have the possibility of buckling and the problem of a reduction in accuracy of measurement due to deflection.
SOLUTION: A pressure sensor 11 includes a hard ball group 21 consisting of a plurality of hard balls having electric conductivity. The hard ball group 21 is arranged in a housing 22 while being in an aggregate state in which the hard balls are in contact with each other. The housing 22 binds the outer circumferences of the hard ball group 21 and thereby fixes the arrangement of the hard ball group 21. A first electrode 23 electrically connected to the hard ball group 21 is arranged at an underside of a first pressure receiving part 222 that is a top part of the housing 22. A second electrode 24 electrically connected to the hard ball group 21 is arranged on a top face of a second pressure receiving part 223 that is a bottom part of the housing 22. A pressure is detected by a circuit part 12 taking advantage of the fact that a resistance value between the first electrode 23 and the second electrode 24 changes due to pressures that the first pressure receiving part 222 and the second pressure receiving part 223 receive.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

土圧測定は、様々な土木技術において重要である一方で、容易ではない。現在、土圧測定では、ダイアフラム型の土圧計を用いることが主流である。ダイアフラム型の土圧計は、ダイアフラムと呼ばれる受圧板が圧力を受けた際の撓み量を取得することを測定原理としている。具体的には、受圧板に歪みゲージを貼付しておき、受圧板の引っ張り撓み量が土圧値に換算される。このような土圧計は、例えば、特許文献1の従来技術に開示されている。受圧板の引っ張り撓みを測定することにより、圧縮歪みを圧縮型の歪みゲージで測定する場合に生じ得る座屈が防止される。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、圧力を測定する際に使用される圧力センサに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
圧力センサであって、
導電性を有する複数の硬球である硬球群と、
硬球同士が接触する集合状態で前記硬球群の外周を拘束することにより、前記硬球群の配置を固定するハウジングと、
第1の位置で前記硬球群と電気的に接続される第1電極と、
前記第1の位置とは異なる第2の位置で前記硬球群と電気的に接続される第2電極と、
を備えることを特徴とする圧力センサ。

【請求項2】
 
請求項1に記載の圧力センサであって、
前記硬球群の間に存在する固化状態の樹脂をさらに備えることを特徴とする圧力センサ。

【請求項3】
 
請求項1または2に記載の圧力センサであって、
前記第2電極を含む複数の第2電極を備え、
前記硬球群が前記ハウジング内の円柱状の空間内に配置され、
前記第1電極が前記空間の中心軸上に位置し、
前記複数の第2電極が、前記空間の外側面上に位置することを特徴とする圧力センサ。

【請求項4】
 
請求項3に記載の圧力センサであって、
前記中心軸から放射状に広がる複数の絶縁部材をさらに備え、
前記複数の絶縁部材が、前記複数の第2電極の間の位置において前記硬球群を分割することを特徴とする圧力センサ。

【請求項5】
 
請求項1または2に記載の圧力センサであって、
前記第2電極を含む複数の第2電極を備え、
前記硬球群が前記ハウジング内の球状または半球状の空間内に配置され、
前記第1電極が前記空間の中心に位置し、
前記複数の第2電極が、前記空間の外周面上に位置することを特徴とする圧力センサ。

【請求項6】
 
請求項1ないし5のいずれか1つに記載の圧力センサであって、
前記硬球群に含まれる硬球の数が、10以上であることを特徴とする圧力センサ。

【請求項7】
 
圧力測定装置であって、
請求項1ないし6のいずれか1つに記載の圧力センサと、
前記第1電極と前記第2電極との間の電気抵抗の値を取得する回路部と、
を備えることを特徴とする圧力測定装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018115467thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close