Top > Search of Japanese Patents > LOWER LIMB ORTHOSIS

LOWER LIMB ORTHOSIS

Patent code P200016944
File No. OU-0381
Posted date Jun 11, 2020
Application number P2018-106017
Publication number P2019-208728A
Date of filing Jun 1, 2018
Date of publication of application Dec 12, 2019
Inventor
  • (In Japanese)菊池 武士
  • (In Japanese)阿部 功
  • (In Japanese)押本 泰貴
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人大分大学
Title LOWER LIMB ORTHOSIS
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a lower limb orthosis capable of further reducing resistance in dorsal flexion motion of a foot joint, and enhancing durability of a C-shaped spring.
SOLUTION: A lower limb orthosis comprises: a leg attachment part attached to an ankle of a wearer; a foot attachment part 10 which is coupled to the leg attachment part in a manner of capable of moving to the leg attachment part with a foot of a wearer; a C-shaped spring 20 for coupling the leg attachment part and the foot attachment part; and an elastic body 16 arranged in the C-shaped spring and attached to the foot attachment part. The C-shaped spring is, on one end part of the spring, coupled to the foot attachment part in a rotatable state around a rotary axis 18 provided on the foot attachment part and arranged in the vicinity of a lateral malleolus of the wearer.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近時、高齢社会の深化に伴い、ロコモティブシンドロームや、サルコペニアによって筋量低下に伴う筋力低下や、歩行、運動機能の低下した高齢者が増加している。こうした高齢者は、転倒の危険や、それに伴う骨折の危険があり、そうした危険を防止するために、高齢者の歩行を工学的にサポートする必要がある。特に、歩行動作の遊脚期における、つま先-地面間のクリアランスを適正に確保することが、つまずきや転倒を防止する上で重要である。特許文献1には、そうした歩行を補助する下肢装具の一例が記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、下肢機能障害者の歩行時の足部の背底屈動作を補助する下肢装具に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
装着者の足首に取り付ける脚装着部と、
装着者の足と共に前記脚装着部に対して移動可能に前記脚装着部に連結された足装着部と、
前記脚装着部と前記足装着部とを連結するC形ばねと、
前記C形ばねの内部に配置され前記足装着部に取り付けられた弾性体とを具備し、
前記C形ばねは、その一端部において、装着者の外果の近傍に配置される前記足装着部に設けられた回転軸を中心として回転可能に前記足装着部に連結されていることを特徴とした下肢装具。

【請求項2】
 
前記C形ばねが円弧状に湾曲する板ばねであり、前記弾性体が前記C形ばねの内径に概ね等しい外径の外周面を有した円筒状の本体を備えている請求項1に記載の下肢装具。

【請求項3】
 
前記C形ばねは、前記足装着部に連結されている端部とは反対側の端部で前記脚装着部に固定されている請求項1に記載の下肢装具。

【請求項4】
 
前記弾性体は平坦面より成る着座面を有し、前記脚装着部は該着座面に当接可能に設けられた当接面を有しており、該当接面は、装着者の足関節が背屈方向に動作するとき前記着座面から離反し、装着者の足関節が底屈方向に動作するとき前記着座面に当接するように形成されている請求項1に記載の下肢装具。

【請求項5】
 
前記足装着部は、装着者の履く靴に取り付けるベース部を有している請求項1に記載の下肢装具。

【請求項6】
 
前記弾性体は、前記ベース部に対して平行に配置されるフランジ部を有しており、前記C形ばねは、該フランジ部と前記ベース部との間に配置される請求項5に記載の下肢装具。

【請求項7】
 
前記足装着部を装着者の履く靴に取り付けたとき、前記C形ばねが装着者の下腿部に平行な平面内に配置されるように、前記ベース部を装着者の履く靴の側面に取り付け可能とする固定部材を更に具備する請求項5に記載の下肢装具。

【請求項8】
 
前記足装着部を装着者の履く靴に取り付けたとき、前記C形ばねが装着者の足の長軸に対して内転方向に配向されるように、前記ベース部を装着者の履く靴の側面に取り付け可能とする固定部材を更に具備する請求項5に記載の下肢装具。
IPC(International Patent Classification)
F-term
  • 4C046AA25
  • 4C046AA42
  • 4C046BB09
  • 4C046CC01
  • 4C046DD06
  • 4C046DD08
  • 4C046DD39
  • 4C046FF03
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018106017thum.jpg
State of application right Published
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close