Top > Search of Japanese Patents > ALCOHOL PRODUCTION APPARATUS, ALCOHOL PRODUCTION METHOD AND PROGRAM

ALCOHOL PRODUCTION APPARATUS, ALCOHOL PRODUCTION METHOD AND PROGRAM

Patent code P200016953
File No. 1720-16P008
Posted date Jun 16, 2020
Application number P2016-143198
Publication number P2018-011551A
Patent number P6694611
Date of filing Jul 21, 2016
Date of publication of application Jan 25, 2018
Date of registration Apr 22, 2020
Inventor
  • (In Japanese)小山 佳一
  • (In Japanese)高峯 和則
  • (In Japanese)小林 領太
  • (In Japanese)三井 好古
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鹿児島大学
Title ALCOHOL PRODUCTION APPARATUS, ALCOHOL PRODUCTION METHOD AND PROGRAM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an alcohol m production apparatus, alcohol manufacturing method, and a program, which can flexibly control alcohol fermentation by plural types of yeast.
SOLUTION: According to the present invention, there is provided an alcohol production apparatus that comprises a holding unit and a magnetic field applying unit. The holding unit holds a plurality of yeast species each having its own magnetic field sensitivity different from the other. The magnetic field applying unit applies a direct-current magnetic field having a different magnetic flux density to each of the yeasts held in the holding unit at different times. Here, the magnetic field sensitivity may be a degree of inhibition of growth of the yeast when a direct-current magnetic field is applied.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

発酵は、酒、茶、魚介類及び穀物等の多様な食品の製造において古くから用いられている。発酵を利用する食品の1つに焼酎がある。通常の焼酎の製造では、まず主原料に含まれるでんぷんが分解されて得られたブドウ糖から焼酎酵母によるアルコール発酵によってアルコールが生成される。さらに、アルコールが蒸留によって抽出され、焼酎が製造される。

焼酎の香味、風味及び味わいは、芋、麦及びそば等の主原料に加え、焼酎酵母の種類によって異なる。焼酎はもちろん、酵母によって醸造される日本酒、ビール及び発泡酒等の製造でも多くの種類の酵母が使用され、多様な銘柄が流通している。

焼酎の香味、風味及び味わいを向上させる方法として、主原料が異なる焼酎同士、又は異なる単一の焼酎酵母で製造された焼酎同士をブレンドする方法が挙げられる。例えば、麦を主原料とする麦焼酎と芋を主原料とする芋焼酎とをブレンドすることで、麦焼酎の香ばしく軽やかな味わいと、芋焼酎の甘くふくよかな味わいとをバランス良く焼酎に付与することができる。

また、単一の焼酎酵母ではなく、複数種の酵母を用いてビール等の香味、風味及び味わいを改良することも提案されている。例えば、特許文献1には、ビール酵母と、該ビール酵母以外の醸造用酵母による複数種の酵母によってアルコール発酵させる工程を含む、発酵飲料の製造方法が開示されている。当該製造方法によれば、ビール酵母由来の香味を保持した上で、ビール酵母以外の醸造用酵母由来の香味を発酵飲料に付与することができる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、アルコール製造装置、アルコール製造方法及びプログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
磁場感受性が相互に異なる複数種の酵母を保持する保持部と、
前記保持部に保持された前記酵母に、異なる時間各々において異なる磁束密度の直流磁場を印加する磁場印加部と、
を備える、アルコール製造装置。

【請求項2】
 
前記磁場感受性は、
直流磁場が印加された場合の前記酵母の増殖の抑制度である、
請求項1に記載のアルコール製造装置。

【請求項3】
 
前記酵母は、
鹿児島5号酵母及び鹿児島2号酵母の少なくとも一方、並びに鹿児島4号酵母であって、
前記磁場印加部は、
第1の時間に4~6テスラの直流磁場を印加し、
前記第1の時間と異なる第2の時間に7~9テスラの直流磁場を印加する、
請求項1又は2に記載のアルコール製造装置。

【請求項4】
 
磁場感受性が相互に異なる複数種の酵母に、異なる時間各々において異なる磁束密度の直流磁場を印加する磁場印加工程、
を含む、アルコール製造方法。

【請求項5】
 
磁場感受性が相互に異なる複数種の酵母を保持する保持部を備えるアルコール製造装置を制御するコンピュータを、
前記保持部に保持された前記酵母に、異なる時間各々において異なる磁束密度の直流磁場を印加する磁場印加部、
として機能させる、プログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016143198thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)公開特許は弊社ホームページ内で開示資料とともに、特許公報も掲載しております。
アドレスは http://www.ktlo.co.jp/002_seeds_.html


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close