Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING HYDROXYAPATITE CATALYST

METHOD FOR PRODUCING HYDROXYAPATITE CATALYST

Patent code P200016954
File No. 1729-16P039-2
Posted date Jun 17, 2020
Application number P2017-229439
Publication number P2018-089619A
Date of filing Nov 29, 2017
Date of publication of application Jun 14, 2018
Priority data
  • P2016-231804 (Nov 29, 2016) JP
Inventor
  • (In Japanese)中里 勉
  • (In Japanese)久米田 幸徳
  • (In Japanese)甲斐 敬美
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鹿児島大学
Title METHOD FOR PRODUCING HYDROXYAPATITE CATALYST
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for producing a hydroxyapatite catalyst having higher catalytic activity.
SOLUTION: A method for producing a hydroxyapatite catalyst includes: an aging step for aging a hydroxyapatite-containing material; and a heating step for heating the hydroxyapatite-containing material. In the heating step, the hydroxyapatite-containing material may be heated inside a reactor 1 in a reduction or oxidative atmosphere.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

プロピレン(「プロペン」ともいう)等の低級オレフィンは、基礎化学原料として重要である。低級オレフィンは、ナフサを熱分解することで製造されてきた。石油の枯渇問題もあり、ナフサの原料である原油の供給力は低下しつつある。そこで、低級オレフィンの合成において、パラフィン脱水素法が注目されている。

例えば、プロピレンは、比較的安価なプロパンの脱水素反応により得ることができる。脱水素反応は大きな吸熱反応である。したがって、高温ほどプロピレンの合成に有利である。しかし、高温で反応を行うと触媒上に炭素質が析出し、急速に触媒活性が低下してしまう。そのため、発熱反応であり、炭素質の析出がない酸化脱水素反応を利用するプロピレンの製造方法の開発が極めて重要である。

酸化脱水素反応を効率よく進めるためには触媒が必要である。主要な触媒として、バナジウム、ニッケル、クロム及びモリブデンといった金属の酸化物が利用されている。また、水酸アパタイト(HAp)又は金属を担持させた水酸アパタイトを触媒として用いたプロピレンの合成も報告されてきている。

例えば、非特許文献1では、鉄担持水酸アパタイトを触媒としたプロパンの酸化脱水素反応について検討されている。非特許文献1では、0.5重量%の鉄を担持する水酸アパタイトが最も高いプロピレンの収率(5.5%)を示し、鉄の含有量が多くなるとプロパンの反応率及びプロピレンの収率が減少することが報告されている。さらに、非特許文献1では、鉄を担持させない水酸アパタイトでは、触媒活性が極めて低く、プロピレンの収率は1%にも満たなかったことが示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、水酸アパタイト触媒の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
水酸アパタイト含有物を熟成させる熟成ステップと、
前記水酸アパタイト含有物を加熱する加熱ステップと、
を含む水酸アパタイト触媒の製造方法。

【請求項2】
 
前記加熱ステップでは、
還元雰囲気又は酸化雰囲気の反応器内で、前記水酸アパタイト含有物を加熱する、
請求項1に記載の水酸アパタイト触媒の製造方法。

【請求項3】
 
前記加熱ステップでは、
前記反応器内で流動化させた媒体粒子の流動層で前記水酸アパタイト含有物を加熱する、
請求項2に記載の水酸アパタイト触媒の製造方法。

【請求項4】
 
前記加熱ステップでは、
還元雰囲気の前記反応器内で、前記媒体粒子を水素ガス及び窒素ガスの混合ガスで流動化させる、
請求項3に記載の水酸アパタイト触媒の製造方法。

【請求項5】
 
前記加熱ステップでは、
酸化雰囲気の前記反応器内で、前記媒体粒子を空気で流動化させる、
請求項3に記載の水酸アパタイト触媒の製造方法。

【請求項6】
 
前記加熱ステップでは、
前記水酸アパタイト含有物を600~800℃に加熱する、
請求項1から5のいずれか一項に記載の水酸アパタイト触媒の製造方法。

【請求項7】
 
前記熟成ステップでは、
水酸アパタイト含有物のpHをアルカリ性に調整してから熟成させる、
請求項1から6のいずれか一項に記載の水酸アパタイト触媒の製造方法。

【請求項8】
 
前記水酸アパタイト含有物は、
コバルト及びバナジウムの少なくとも一方を含む、
請求項1から7のいずれか一項に記載の水酸アパタイト触媒の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017229439thum.jpg
State of application right Published
(In Japanese)公開特許は弊社ホームページ内で開示資料とともに、特許公報も掲載しております。
アドレスは http://www.ktlo.co.jp/002_seeds_.html


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close