Top > Search of Japanese Patents > TAU PROTEIN AGGREGATION INHIBITOR

TAU PROTEIN AGGREGATION INHIBITOR

Patent code P200016955
File No. H28-031
Posted date Jun 17, 2020
Application number P2016-242230
Publication number P2018-095599A
Date of filing Dec 14, 2016
Date of publication of application Jun 21, 2018
Inventor
  • (In Japanese)林田 直樹
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title TAU PROTEIN AGGREGATION INHIBITOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide agents which inhibit tau protein aggregation causing neurodegenerative diseases.
SOLUTION: A tau protein aggregation inhibitor containing phorbol ester as an active ingredient is produced. Preferably the phorbol ester is phorbol 12-Millis treat 13-acetate. By the preventive or treatment medicine, which contains the aggregation inhibitor of the tau protein, for neurodegenerative diseases caused by tau protein aggregation, the prevention or treatment of neurodegenerative diseases caused by tau protein aggregation becomes possible.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

認知症患者の増加は先進国を中心とした世界的な医療問題である。日本でも今後の認知症患者の急激な増加が予想されており、20年以内に350万人に達することや、65歳以上の有病率が10%以上に上ることが懸念されている。この認知症の患者のうち、およそ7割はアルツハイマー病(Alzheimer‘s disease)の患者である。

アルツハイマー病に関与するタンパク質として、タウタンパク質とベータアミロイドタンパク質が知られている。タウタンパク質は、神経細胞内に存在し、微小管に結合する55~60kDのタンパク質である。かかるタウタンパク質が異常にリン酸化するとタウタンパク質の凝集体が形成され、神経原繊維変化と称される病変を生じる。一方、ベータアミロイドタンパク質は神経細胞外に存在し、凝集することで老人班と称される病変を生じる。

これまでの基礎研究からはベータアミロイド説が主流だったため、ベータアミロイドに対する抗体の樹立に基づくワクチン療法(AN―1792)や、ベータアミロイドを産生する酵素の阻害剤(ガンマ-セクレターゼ阻害剤:Semagacestat)等の開発が進められてきた。しかしながら、老人斑が減少又は消失するにもかかわらず、前者のワクチン療法では認知機能の障害は進行し、後者の酵素阻害剤に至っては認知機能がより低下するという結果になってしまった。

上記以外にも、これまでに神経変性疾患に対して様々な治療薬が開発されているが、実際に治療に使われているものはすべて対処療法のものであり、根治につながる治療薬の開発に成功していない。神経変性疾患はほぼすべてがアンメット・メディカル・ニーズであり、特に、アルツハイマー病においては、治療満足度、治療に対する薬剤の貢献度がいずれもワースト1の疾患に認定されている(非特許文献1参照)。そこで近年、タウタンパク質をターゲットとした認知症予防薬の開発がより進められている。

ところで、ホルボールエステルは、ジテルペンのチグリアンファミリーの天然の植物由来有機化合物であり、東南アジア原産のトウダイグサ科の葉状灌木であるクロトンチグリウム(Croton tiglium)の種に由来するクロトン油の加水分解生成物として、1934年に初めて単離されたものである。ホルボールの中で、ホルボール-12-ミリステート-13-アセテート(PMA)は、複数の細胞系及び初代細胞における分化及び/又はアポトーシスの誘発因子と考えられており、悪性腫瘍や白血病、HIV、パーキンソン病等の治療剤として用いることが開示されている(特許文献1、2参照)。しかしながら、かかるホルボールエステルとタウタンパク質の凝集との関係はこれまで知られていなかった。

Field of industrial application (In Japanese)

ホルボールエステルを有効成分とするタウタンパク質の凝集抑制剤や、かかるタウタンパク質の凝集抑制剤を含有するタウタンパク質の凝集に起因する神経変性疾患の予防又は治療用医薬に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ホルボールエステルを有効成分とするタウタンパク質の凝集抑制剤。

【請求項2】
 
ホルボールエステルが、ホルボール12-ミリスタート13-アセタートであることを特徴とする請求項1記載のタウタンパク質の凝集抑制剤。

【請求項3】
 
請求項1又は2記載のタウタンパク質の凝集抑制剤を含有するタウタンパク質の凝集に起因する神経変性疾患の予防又は治療用医薬。

【請求項4】
 
神経変性疾患が、前頭側頭型認知症又はアルツハイマー病であることを特徴とする請求項3記載の予防又は治療用医薬。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016242230thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close