Top > Search of Japanese Patents > EEL REARING METHOD

EEL REARING METHOD

Patent code P200016970
File No. 1740-16P063
Posted date Jun 19, 2020
Application number P2017-042392
Publication number P2018-143182A
Date of filing Mar 7, 2017
Date of publication of application Sep 20, 2018
Inventor
  • (In Japanese)小谷 知也
  • (In Japanese)永田 兼大
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鹿児島大学
Title EEL REARING METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an eel rearing method capable of promoting feminization of eels in a rearing environment.
SOLUTION: An eel rearing method includes a rearing step of rearing eels before sex differentiation in a water tank 1 in which a hollow housing member 2 hiding the total bodies of eels approaching the inside is arranged. In the rearing step, the housing number of eels in every breeding partition may be increased in accordance with the growth of eels. In the rearing step, it is all right to start rearing when the housing number of eels in every breeding partition is 2-4, and increase the housing number of eels in every breeding partition to 5 or more after the body length of the eels becomes 20 cm or more.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ニホンウナギ(Anguilla japonica)の養殖では、天然海域から捕獲した稚魚のシラスウナギを養殖用種苗として使用している。近年、シラスウナギの捕獲量が減少しているため、養殖ウナギの生産量も減少している。養殖ウナギの生産量の減少は、ウナギ価格の高騰を招いている。シラスウナギの捕獲量の減少は続くことが予想されており、ウナギの養殖の存続が危ぶまれている。

現在、水産教育機関及び水産研究機構が中心となってウナギの完全養殖の研究が進められている。この一連の研究により、完全養殖が実現しているが、完全養殖に係る技術は、実用的な水準には到達していない。完全養殖の実用化が困難な要因としては、種苗生産時におけるウナギ仔魚の斃死が多いことが挙げられる。

斃死の原因として、餌の問題の他に、生残できる活性の高い仔魚を生産できないこと、及び親魚養成時における受精卵の質の低下が挙げられる。親魚養成時には、エストロゲンを混ぜた餌を、性分化時期(体長200mm程度)に経口投与して雌化を促進する方法が採用されている。さらに性成熟促進を目的として、雌にも雄にもホルモンが投与される。こうした薬剤の投与が受精卵の卵質を低下させると考えられている。

特許文献1には、ホルモンを投与することなく雌ウナギの卵巣を成熟させるために、海水の温度等を所定の時間サイクルに従って周期的に変動させることを含む、ウナギの催熟方法が提案されている。特許文献2には、性成熟していない雄ウナギ又は雌ウナギの性成熟を誘導するために、飼育水の溶存酸素の濃度を調整する手段を備えるウナギ用飼育装置が開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ウナギ飼育方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
内部に進入したウナギの全身を覆い隠す中空の収容部材が配置された水槽内で、性分化前のウナギを飼育する飼育工程を含む、
ウナギ飼育方法。

【請求項2】
 
前記飼育工程では、
飼育区画あたりの前記ウナギの収容尾数を、前記ウナギの成長に応じて増加させる、
請求項1に記載のウナギ飼育方法。

【請求項3】
 
前記飼育工程では、
飼育区画あたりの前記ウナギの収容尾数を2~4尾として飼育を開始し、すべての前記ウナギの体長が20cm以上になってから飼育区画あたりの前記ウナギの収容尾数を5尾以上に増加させる、
請求項1又は2に記載のウナギ飼育方法。

【請求項4】
 
前記ウナギの飼育開始時の体長は、
14~16cmである、
請求項1から3のいずれか一項に記載のウナギ飼育方法。

【請求項5】
 
前記収容部材は、
両端が開口した管である、
請求項1から4のいずれか一項に記載のウナギ飼育方法。

【請求項6】
 
前記管の開口した一端から他端までの長さは、
20~25cmであって、
前記管の内径は、
10~15mmである、
請求項5に記載のウナギ飼育方法。

【請求項7】
 
前記収容部材の個数は、
前記ウナギの収容尾数以上である、
請求項1から6のいずれか一項に記載のウナギ飼育方法。

【請求項8】
 
前記ウナギは、
ニホンウナギ(Anguilla japonica)である、
請求項1から7のいずれか一項に記載のウナギ飼育方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017042392thum.jpg
State of application right Published
(In Japanese)公開特許は弊社ホームページ内で開示資料とともに、特許公報も掲載しております。
アドレスは http://www.ktlo.co.jp/002_seeds_.html


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close