Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR EXTRACTING AND SEPARATING METALLIC ION BY HYDROPHOBIC GEL

METHOD FOR EXTRACTING AND SEPARATING METALLIC ION BY HYDROPHOBIC GEL

Patent code P020000069
Posted date May 27, 2003
Application number P1999-282547
Publication number P2001-104704A
Patent number P3374172
Date of filing Oct 4, 1999
Date of publication of application Apr 17, 2001
Date of registration Nov 29, 2002
Inventor
  • (In Japanese)小松 優
  • (In Japanese)國仙 久雄
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人物質・材料研究機構
Title METHOD FOR EXTRACTING AND SEPARATING METALLIC ION BY HYDROPHOBIC GEL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To reduce impurities mixed in the care of extraction by a conventional extractant for solving a problem that separability of metallic ions is decided by an extractant in a conventional method for separating metallic ions.
SOLUTION: Extractability and separability exceeding a conventional method are demonstrated by using the method for extracting and separating metallic ions by hydrophobic gel to reduce greatly a contamination of impurities.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、金属イオンの分離方法には、イオン交換法、溶媒抽出法、3相間分配法等が採用されている。イオン交換法とは、水溶液中の金属イオンがイオン交換体中のイオンと置換し、相移動する反応を利用している。このときの反応量は、イオン交換体と水溶液量との比で決定され、一定値を示す。溶媒抽出法とは、水溶液中の金属イオンが有機溶媒に溶解させた抽出剤と反応し、有機相中に移動する反応を利用している。このときの抽出量は抽出剤の種類に依存し、分離能は抽出剤に固有の一定値を示す。また3相間分配法とは、溶媒抽出法とイオン交換法の反応力の違いを利用して、大きい金属イオンをイオン交換体へ、小さな金属イオンを有機相中に分配する分離方法である。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、金属イオンや有害物質を効率よく分離し、高純度の金属イオンを得ることを目的とする分離、分配方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
複数の同族金属イオンを含む水溶液を、疎水性ゲルからなる固相が分散しており、抽出剤を含む有機相との混合相に接触させ、イオン半径の大きい金属イオンを選択的に疎水性ゲル相へ移動させることを特徴とする金属イオンの分離方法。

【請求項2】
 
同族金属イオンが希土類金属イオンであることを特徴とする請求項1記載の金属イオンの分離方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close