Top > Search of Japanese Patents > DENTAL SURGERY SUPPORT SYSTEM AND PROGRAM

DENTAL SURGERY SUPPORT SYSTEM AND PROGRAM UPDATE_EN

Patent code P200016971
File No. 1756-17P035
Posted date Jun 19, 2020
Application number P2017-231483
Publication number P2019-097851A
Date of filing Dec 1, 2017
Date of publication of application Jun 24, 2019
Inventor
  • (In Japanese)菊地 聖史
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鹿児島大学
Title DENTAL SURGERY SUPPORT SYSTEM AND PROGRAM UPDATE_EN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a dental surgery support system and program which allow an operator to perform proper dental surgery.
SOLUTION: A storage part 10 stores before-cutting three-dimensional shape data 10A of a tooth T related to dental surgery. A detection part 11 detects information related to an orientation and size of a tooth T viewed from an operator D who performs dental surgery. A projection image generation part 12 identifies an apparent three-dimensional shape of the tooth T viewed from the operator D on the basis of the before-cutting three-dimensional shape data 10A of the tooth T stored in the storage part 10 and information related to the orientation and size of the tooth T detected by the detection part 11, and generates a projection image I including information for supporting the operator D according to the three-dimensional shape. A projection part 13 projects a projection image I generated by the projection image generation part 12 to the tooth T.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

歯の切削(広義の切削であり、研削又は研磨も含まれる)に用いるハンドピースは、臨床に欠かせない基本的な治療機器の1つである。ハンドピースは、現在までその出力や耐久性などの面において改良が積み重ねられ、高い切削性能を有するようになってきている(例えば、特許文献1参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、歯科手術支援システム及びプログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
歯科手術に関連する部位の3次元形状に関する情報を記憶する記憶部と、
歯科手術を行う術者から見た前記部位の向き及び大きさに関する情報を検出する検出部と、
前記記憶部に記憶された前記部位の3次元形状に関する情報と前記検出部で検出された前記部位の向き及び大きさに関する情報とに基づいて、前記術者から見た前記部位の見かけの3次元形状を特定し、その3次元形状に応じて前記術者を支援する情報を含む投影像を生成する投影像生成部と、
前記投影像生成部で生成された投影像を、前記部位に投影する投影部と、
を備える歯科手術支援システム。

【請求項2】
 
前記術者から見た前記部位を互いに視差のある状態で撮像する複数のカメラと、
前記投影像を投影するプロジェクタと、
を備え、
前記カメラ及び前記プロジェクタは、
前記術者の頭部に装着される装着具に取り付けられるか、前記術者が前記部位を観察するのに用いるマイクロスコープに組み込まれている、
請求項1に記載の歯科手術支援システム。

【請求項3】
 
前記記憶部に記憶される前記部位の3次元形状に関する情報には、前記部位において切削対象となる領域との位置関係が変わらず、互いに識別可能な少なくとも3つのマーカの位置情報が含まれ、
前記検出部は、
前記術者から見た前記部位の向き及び大きさに関する情報として、前記術者から見た少なくとも3つのマーカの現在の位置情報を検出し、
前記投影像生成部は、
前記記憶部に記憶された少なくとも3つのマーカの位置情報と前記検出部で検出された少なくとも3つのマーカの現在の位置情報とに基づいて、前記術者が見た前記部位の見かけの3次元形状を特定し、
特定された前記部位の3次元形状に基づいて、前記術者を支援する情報を含む投影像を生成する、
請求項1又は2に記載の歯科手術支援システム。

【請求項4】
 
前記検出部は、
前記部位の向き及び大きさに関する情報として、前記部位において切削対象となる領域との位置関係が変わらない少なくとも3つの前記部位の特徴点の現在の位置情報を検出し、
前記投影像生成部は、
前記記憶部に記憶された少なくとも3つの前記部位の特徴点の位置情報と前記検出部で検出された少なくとも3つの特徴点の現在の位置情報とに基づいて、前記術者が見た前記部位の見かけの3次元形状を特定し、
特定された前記部位の3次元形状に基づいて、前記術者を支援する情報を含む投影像を生成する、
請求項1から3のいずれか一項に記載の歯科手術支援システム。

【請求項5】
 
前記記憶部に記憶された前記部位の3次元形状に関する情報に基づいて、術後の前記部位の3次元形状に関する情報を生成する切削後データ生成部を備え、
前記記憶部は、
術後の前記部位の3次元形状に関する情報を記憶し、
前記投影像生成部は、
前記記憶部に記憶された術後の前記部位の3次元形状に関する情報に基づいて、前記投影像として、前記部位における切削する部分と、切削しない部分とを区別する像を生成する、
請求項1から4のいずれか一項に記載の歯科手術支援システム。

【請求項6】
 
前記投影像生成部は、
前記投影像として、前記部位に対する術具の姿勢又は位置に関する指標を生成する、
請求項1から4のいずれか一項に記載の歯科手術支援システム。

【請求項7】
 
コンピュータを、
歯科手術に関連する部位の3次元形状に関する情報を記憶する記憶部、
歯科手術を行う術者から見た前記部位の向き及び大きさに関する情報を検出する検出部、
前記記憶部に記憶された前記部位の3次元形状に関する情報と前記検出部で検出された前記部位の向き及び大きさに関する情報とに基づいて、前記術者から見た前記部位の見かけの3次元形状を特定し、その3次元形状に応じて前記術者を支援する情報を含む投影像を生成する投影像生成部、
前記投影像生成部で生成された投影像を、前記部位に投影する投影部、
として機能させるプログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017231483thum.jpg
State of application right Published
(In Japanese)公開特許は弊社ホームページ内で開示資料とともに、特許公報も掲載しております。
アドレスは http://www.ktlo.co.jp/002_seeds_.html


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close