Top > Search of Japanese Patents > TEMPERATURE CONTROL COVER FOR CULTIVATION, AND CULTIVATION SYSTEM

TEMPERATURE CONTROL COVER FOR CULTIVATION, AND CULTIVATION SYSTEM

Patent code P200017050
File No. S2018-0999-N0
Posted date Jul 28, 2020
Application number P2018-178451
Publication number P2020-048432A
Date of filing Sep 25, 2018
Date of publication of application Apr 2, 2020
Inventor
  • (In Japanese)窪田 聡
Applicant
  • (In Japanese)学校法人日本大学
Title TEMPERATURE CONTROL COVER FOR CULTIVATION, AND CULTIVATION SYSTEM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To make it possible to evenly control the temperature of plant roots by a member more inexpensive and lighter-weight than a cultivation container holding tray having a heat conduction part such as metal foil.
SOLUTION: A temperature control cover for cultivation 4 mounted on a temperature control bed part 2 performs temperature control of plants cultivated in a cultivation container, and has: a top plate part 4a having through-holes 4c which penetrate in a vertical direction and into which cultivation containers can be inserted; and a surrounding wall part 4b which forms a temperature control space K between the top plate part 4a and the temperature control bed part 2 by being inserted and provided between the top plate part 4a and the temperature control bed part 2 while surrounding the through-holes 4c seen from a penetration direction of the through-holes 4c.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

植物の根の部分(以下、根域と称する)の温度を調整することにより、植物の地上部の生育や開花を制御可能であることが知られている。根域温度の調整装置としては、例えば、特許文献1に開示されている。このような特許文献1に開示された根域温度の調整装置は、土壌を詰めた鉢(栽培容器)を恒温水槽内に浸漬させることにより、根域の温度調整を行っている。また、特許文献2においては、温調床部と鉢との間の熱伝達率を向上させるために、断熱パネルの底面から栽培容器の側面と当接面に至る金属箔等の熱伝導部を備える栽培容器保持トレイが開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、栽培用温調カバー及び栽培システムに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
栽培容器で栽培される植物の温調を行う温調床部上に載置される栽培用温調カバーであって、
上下方向に貫通して前記栽培容器を挿し込み可能とされた貫通孔を有する天板部と、
前記天板部と前記温調床部との間に介挿されて前記貫通孔の貫通方向から見て前記貫通孔を囲って設けられることで前記天板部と前記温調床部との間に温調空間を形成する囲壁部と
を有することを特徴とする栽培用温調カバー。

【請求項2】
 
前記貫通孔の内壁面が上方から下方に向かうに連れて縮径されかつ前記栽培容器の周面に当接されるテーパ面であり、
前記天板部からの前記囲壁部の下方への突出寸法が、前記貫通孔の内壁面に周面が当接された前記栽培容器の底面が前記温調床部に接触可能に設定されている
ことを特徴とする請求項1記載の栽培用温調カバー。

【請求項3】
 
前記天板部は、
第1方向に沿って等間隔で直線状に配列された複数の貫通孔からなる第1貫通孔列と、
前記第1方向と直交する第2方向に前記第1貫通孔列に対して変位して設けられると共に、前記第1貫通孔列における前記貫通孔の配列ピッチと半ピッチ異なる配列ピッチで前記第1方向に沿って等間隔で直線状に配列された複数の貫通孔からなる第2貫通孔列とを有し、
平面視における前記天板部の第1方向での端部の形状は、前記第1方向における前記第1貫通孔列の端部位置と前記第2貫通孔列の端部位置とに沿って斜辺あるいは段状に設定されている
ことを特徴とする請求項1または2記載の栽培用温調カバー。

【請求項4】
 
前記天板部に対して着脱可能とされると共に装着状態にて前記貫通孔を塞ぐ蓋部を有することを特徴とする請求項1~3いずれか一項に記載の栽培用温調カバー。

【請求項5】
 
前記蓋部は、前記天板部に対して装着された状態で前記天板部よりも下方に突出されていることを特徴とする請求項4記載の栽培用温調カバー。

【請求項6】
 
請求項1~5いずれか一項に記載の栽培用温調カバーと、
前記栽培用温調カバーの下方に配置されると共に温度調整可能な前記温調床部と
を有することを特徴とする栽培システム。

【請求項7】
 
配列された複数の前記栽培用温調カバーを有することを特徴とする請求項6記載の栽培システム。

【請求項8】
 
前記温調空間に配設されると共に潅水用の水を噴出する水噴出部を有することを特徴とする請求項6または7記載の栽培システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018178451thum.jpg
State of application right Published
(In Japanese)日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close