Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)精子保存液及び精子保存方法

(In Japanese)精子保存液及び精子保存方法

Patent code P200017067
File No. (S2019-0113-N0)
Posted date Jul 28, 2020
Application number P2019-222047
Publication number P2020-092703A
Date of filing Dec 9, 2019
Date of publication of application Jun 18, 2020
Priority data
  • P2018-231140 (Dec 10, 2018) JP
Inventor
  • (In Japanese)酒井 則良
Applicant
  • (In Japanese)大学共同利用機関法人情報・システム研究機構
Title (In Japanese)精子保存液及び精子保存方法
Abstract (In Japanese)
【課題】
 室温で精子を長期間保存できる精子保存液及び精子保存方法を提供する。
【解決手段】
 無機塩類、アミノ酸、ビタミン類、及びウシ胎児血清を含有することを特徴とする精子保存液。前記精子保存液を用いることを特徴とする精子保存方法。
【選択図】
 なし
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

治療目的や研究目的で精子を輸送する場合、精子を凍結することが一般的である。しかし、凍結精子の凍結融解後の受精能が著しく低下することが問題であった。

このような問題に対し、凍結融解後の精子の受精能を維持するための凍結保存剤の改良がなされてきた(例えば、特許文献1参照。)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、精子保存液及び精子保存方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
無機塩類、アミノ酸、ビタミン類、及びウシ胎児血清を含有する、精子保存液。

【請求項2】
 
さらに、ウシ血清アルブミンを含有する請求項1に記載の精子保存液。

【請求項3】
 
さらに、緩衝剤を含有し、pHが6.5~10.0である請求項1又は2に記載の精子保存液。

【請求項4】
 
さらに、グルコースを含有する請求項1~3のいずれか一項に記載の精子保存液。

【請求項5】
 
さらに、乳酸を含有する請求項1~4のいずれか一項に記載の精子保存液。

【請求項6】
 
さらに、抗酸化剤を含有する請求項1~5のいずれか一項に記載の精子保存液。

【請求項7】
 
さらに、ペニシリン及び/又はストレプトマイシンを含有する請求項1~6のいずれか一項に記載の精子保存液。

【請求項8】
 
ゼブラフィッシュ用であって、
終濃度として、塩化カルシウム二水和物0.1g/L~0.25g/L、塩化マグネシウム六水和物0.15g/L~0.25g/L、無水硫酸マグネシウム0.06g/L~0.12g/L、塩化カリウム0.3 g/L~0.6g/L、無水リン酸二水素カリウム0.04g/L~0.08g/L、塩化ナトリウム6.0g/L~10.0g/L、及び無水リン酸水素二ナトリウム0.15g/L~0.25 g/Lを含む無機塩類と、
DL-アラニン0.3g/L~0.6g/L、L-アルギニン(塩基フリー)0.35g/L~0.65g/L、無水L-アスパラギン0.15g/L~0.35g/L、L-システイン(塩基フリー)0.08g/L~0.2g/L、L-グルタミン0.2 g/L~0.4 g/L、グリシン0.15g/L~0.35g/L、L-ヒスチジン0.15g/L~0.35g/L、DL-イソロイシン0.13g/L~0.35g/L、L-ロイシン0.08g/L~0.2g/L、L-リジン0.055g/L~0.095g/L、DL-メチオニン0.08g/L~0.25g/L、DL-フェニルアラニン0.15g/L~0.35 g/L、L-セリン0.15g/L~0.3g/L、DL-スレオニン0.4g/L~0.8g/L、L-トリプトファン0.015g/L~0.035g/L、L-チロシン(塩基フリー)0.2g/L~0.4g/L、及びDL-バリン0.15g/L~0.35g/Lを含むアミノ酸と、
塩化コリン0.0008g/L~0.0012g/L、フラビンモノヌクレオチドナトリウム塩0.00008g/L~0.00012g/L、葉酸0.0008g/L~0.0012g/L、ミオイノシトール0.0015g/L~0.0025g/L、ニコチンアミド0.0008g/L~0.0012g/L、DL-パントテン酸ヘミカルシウム塩0.0008g/L~0.0012g/L、ピリドキシン塩酸塩0.0008~0.0012g/L、及びチアミン一リン酸塩酸塩0.0008g/L~0.0012g/Lを含むビタミン類と、
D-ガラクトース0.7g/L~1.2g/Lと、
フェノールレッドナトリウム塩0.008g/L~0.013 g/Lと、
ピルビン酸ナトリウム塩0.45g/L~0.6g/Lと、
ウシ胎児血清(FBS)2%(v/v)~4%(v/v)と、
ウシ血清アルブミン(BSA)0.3%(w/v)~0.6%(w/v)と、
Hepes8mM~15mM (pH7~8)と、
グルコース3g/L~5.5g/Lと、
乳酸0.06mM~0.15mMと、
を含む精子保存液。

【請求項9】
 
メダカ用であって、
終濃度として、塩化カルシウム二水和物0.1g/L~0.25g/L、塩化マグネシウム六水和物0.15g/L~0.25g/L、無水硫酸マグネシウム0.06g/L~0.12g/L、塩化カリウム0.3g/L~0.6g/L、無水リン酸二水素カリウム0.04g/L~0.08g/L、塩化ナトリウム6.0g/L~10.0g/L、無水リン酸水素二ナトリウム0.15g/L~0.25g/L含む無機塩類と、
DL-アラニン0.07g/L~0.6g/L、L-アルギニン(塩基フリー)0.15g/L~0.65g/L、無水L-アスパラギン0.08g/L~0.35g/L 、L-システイン(塩基フリー)0.045g/L~0.2g/L、L-グルタミン0.085g/L~0.4 g/L、グリシン0.08g/L~0.35g/L、L-ヒスチジン0.07g/L~0.35g/L、DL-イソロイシン0.07g/L~0.35g/L、L-ロイシン0.04g/L~0.2g/L、L-リジン0.02g/L~0.095g/L、DL-メチオニン0.045g/L~0.25g/L、DL-フェニルアラニン0.085g/L~0.35g/L、L-セリン0.08g/L~0.3g/L、DL-スレオニン0.2~0.8g/L、L-トリプトファン0.075~0.035g/L、L-チロシン(塩基フリー)0.085~0.4g/L、DL-バリン0.085~0.35g/L含むアミノ酸と、
塩化コリン0.0004~0.0012g/L、フラビンモノヌクレオチドナトリウム塩0.00004~0.00012g/L、葉酸0.0004~0.0012g/L、ミオイノシトール0.0007~0.0025g/L、ニコチンアミド0.0004~0.0012g/L、DL-パントテン酸ヘミカルシウム塩0.0004~0.0012g/L、ピリドキシン塩酸塩0.0004~0.0012g/L、チアミン一リン酸塩酸塩0.0004~0.0012g/L含むビタミン類と、
D-ガラクトース0.3~1.2g/Lと、
フェノールレッドナトリウム塩0.004~0.013g/Lと、
ピルビン酸ナトリウム塩0.2~0.6g/Lと、
ウシ胎児血清(FBS) 2~4%(v/v)と、
ウシ血清アルブミン(BSA) 0.3~0.6%(w/v)と、
Hepes8~15mM (pH 7~8)と、
グルコース3~5.5g/Lと、
乳酸0.06~0.35mMと、
を含む精子保存液。

【請求項10】
 
マウス用であって、
終濃度として、塩化カルシウム二水和物0.04g/L~0.075g/L、塩化マグネシウム六水和物0.15g/L~0.25g/L、無水硫酸マグネシウム0.06g/L~0.12g/L、塩化カリウム0.09g/L~0.18g/L、無水リン酸二水素カリウム0.04g/L~0.08g/L、塩化ナトリウム6.0g/L~10.0g/L、無水リン酸水素二ナトリウム0.15g/L~0.25g/L含む無機塩類と、
DL-アラニン0.3g/L~0.6g/L、L-アルギニン(塩基フリー)0.35g/L~0.65g/L、無水L-アスパラギン0.15g/L~0.35g/L、L-システイン(塩基フリー)0.08g/L~0.2g/L、L-グルタミン0.2g/L~0.4g/L、グリシン0.15g/L~0.35g/L、L-ヒスチジン0.15g/L~0.35g/L、DL-イソロイシン0.13g/L~0.35g/L、L-ロイシン0.08g/L~0.2g/L、L-リジン0.055g/L~0.095g/L、DL-メチオニン0.08g/L~0.25g/L、DL-フェニルアラニン0.15g/L~0.35g/L、L-セリン0.15g/L~0.3g/L、DL-スレオニン0.4g/L~0.8g/L、L-トリプトファン0.015g/L~0.035g/L、L-チロシン(塩基フリー)0.2g/L~0.4g/L、DL-バリン0.15g/L~0.35g/L含むアミノ酸と、
塩化コリン0.0008g/L~0.0012g/L、フラビンモノヌクレオチドナトリウム塩0.00008g/L~0.00012g/L、葉酸0.0008g/L~0.0012g/L、ミオイノシトール0.0015g/L~0.0025g/L、ニコチンアミド0.0008g/L~0.0012g/L、DL-パントテン酸ヘミカルシウム塩0.0008g/L~0.0012g/L、ピリドキシン塩酸塩0.0008g/L~0.0012g/L、チアミン一リン酸塩酸塩0.0008g/L~0.0012g/L含むビタミン類と、
D-ガラクトース0.7g/L~1.2g/Lと、
フェノールレッドナトリウム塩0.008g/L~0.013g/Lと、
ピルビン酸ナトリウム塩0.45g/L~0.6g/Lと、
ウシ胎児血清(FBS)2%(v/v)~4%(v/v)と、
ウシ血清アルブミン(BSA)0.3%(w/v)~0.6%(w/v)と、
Hepes15~25mM (pH 8~9)
グルコース3~5.5g/Lと、
乳酸0.06~0.15mMと、
を含む、精子保存液。

【請求項11】
 
請求項1~10のいずれか一項に記載の精子保存液を用いる、精子保存方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close