Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)マイクロRNAによるB型肝炎ウイルスに対する抗ウイルス効果

(In Japanese)マイクロRNAによるB型肝炎ウイルスに対する抗ウイルス効果

Patent code P200017105
File No. (S2017-0544-N0)
Posted date Aug 5, 2020
Application number P2019-513563
Date of filing Apr 9, 2018
International application number JP2018014970
International publication number WO2018193902
Date of international filing Apr 9, 2018
Date of international publication Oct 25, 2018
Priority data
  • P2017-081717 (Apr 18, 2017) JP
Inventor
  • (In Japanese)田中 靖人
  • (In Japanese)堤 進
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人名古屋市立大学
Title (In Japanese)マイクロRNAによるB型肝炎ウイルスに対する抗ウイルス効果
Abstract (In Japanese)新しい機序の抗B型肝炎ウイルス薬を提供することを課題とする。hsa-miR-1185-5p、hsa-miR-4456、hsa-miR-4446-5p、hsa-miR-6133、hsa-miR-519c-3p、hsa-miR-302c-3p、hsa-miR-548c-3p、hsa-miR-4681、hsa-miR-4633-5p、hsa-let-7d-5p、hsa-miR-432-5p、hsa-miR-1827、hsa-miR-519b-3p、hsa-miR-485-5p、hsa-miR-1275、hsa-miR-548ao-3p、hsa-miR-620、hsa-miR-4661-3p、hsa-miR-766-5p、hsa-miR-382-5p、hsa-miR-4755-5p、hsa-miR-520b、hsa-miR-6510-5p、hsa-miR-4493、hsa-miR-4737、hsa-miR-519a-3p、hsa-miR-520h、hsa-miR-4443、hsa-miR-520c-3p、hsa-miR-1298、hsa-miR-1224-5p、hsa-miR-4272、hsa-miR-2467-3p、hsa-miR-520g、hsa-miR-4690-5p、hsa-miR-1294、hsa-miR-4699-5p及びhsa-miR-5197-5pからなる群より選択されるマイクロRNAの配列を含む核酸を有効成分とする、抗B型肝炎ウイルス薬が提供される。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

B型肝炎ウイルス(HBV)はヒト肝細胞に特異的に感染するDNAウイルスであり、肝炎、肝硬変、肝がんなど、様々な肝疾患の原因となっている。HBVは3.2 kbpの不完全2本鎖DNAを持つウイルスであり、そのゲノムはヌクレオキャプシドに格納され、さらに外側をエンベローブが取り囲んでいる。肝細胞へHBVが侵入すると、まずエンベロープからヌクレオキャプシドが放出され、核へ移行する(図1)。核に入ったHBVゲノムは宿主細胞の様々な酵素により閉環状2本鎖DNA(cccDNA)に変換される。このcccDNAは子孫ウイルスのゲノムやタンパクを生成するために必須な鋳型であるが、一度形成されたcccDNAは極めて安定であり感染肝細胞の核内に長期間存在し続ける。

cccDNAからは約3.5 kb、2.4 kb、2.1 kb、0.7 kb のmRNAが転写される。3.5 kbのmRNAの一部はpregenomic RNAとして遺伝情報を子孫ウイルスに伝えるとともに、ヌクレオキャプシドを構成する材料となるHBcタンパク及び逆転写酵素をコードしている。2.4 kb及び2.1 kbのmRNAは3種のエンベロープタンパクHBsをコードしている。0.7 kb mRNAはcccDNAからのウイルスmRNAの転写を制御するHBxタンパクをコードしている。HBVはDNAウイルスであるが、その遺伝情報は一度pregenomic RNAを経由して子孫ウイルスに伝達される。cccDNAから転写されたpregenomic RNAはウイルス由来の逆転写酵素とともにキャプシドに取り込まれる。ヌクレオキャプシド内で逆転写酵素はpregenomic RNAから1本鎖DNAを合成する。続いて鋳型RNAを分解した後、相補鎖DNAを合成する。その後ヌクレオキャプシドはエンベロープに包まれ、細胞外へ放出される。また、HBV感染細胞はエンベロープタンパクHBsと脂質二重膜から構成されるHBs抗原を大量に産生する(図1)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明はB型肝炎ウイルス(HBV)に対する薬剤に関する。詳しくは、抗HBV薬及びその用途に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
hsa-miR-1185-5p、hsa-miR-4456、hsa-miR-4446-5p、hsa-miR-6133、hsa-miR-519c-3p、hsa-miR-302c-3p、hsa-miR-548c-3p、hsa-miR-4681、hsa-miR-4633-5p、hsa-let-7d-5p、hsa-miR-432-5p、hsa-miR-1827、hsa-miR-519b-3p、hsa-miR-485-5p、hsa-miR-1275、hsa-miR-548ao-3p、hsa-miR-620、hsa-miR-4661-3p、hsa-miR-766-5p、hsa-miR-382-5p、hsa-miR-4755-5p、hsa-miR-520b、hsa-miR-6510-5p、hsa-miR-4493、hsa-miR-4737、hsa-miR-519a-3p、hsa-miR-520h、hsa-miR-4443、hsa-miR-520c-3p、hsa-miR-1298、hsa-miR-1224-5p、hsa-miR-4272、hsa-miR-2467-3p、hsa-miR-520g、hsa-miR-4690-5p、hsa-miR-1294、hsa-miR-4699-5p及びhsa-miR-5197-5pからなる群より選択されるマイクロRNAの配列を含む核酸を有効成分とする、抗B型肝炎ウイルス薬。

【請求項2】
 
前記マイクロRNAがhsa-miR-1185-5p、hsa-miR-4456、hsa-miR-4446-5p、hsa-miR-6133、hsa-miR-519c-3p、hsa-miR-302c-3p、hsa-miR-548c-3p及びhsa-miR-4681からなる群より選択されるマイクロRNAである、請求項1に記載の抗B型肝炎ウイルス薬。

【請求項3】
 
前記マイクロRNAがhsa-miR-6133、hsa-let-7d-5p、hsa-miR-485-5p、hsa-miR-519c-3p、hsa-miR-548c-3p、hsa-miR-4272、hsa-miR-4633-5p及びhsa-miR-302c-3pからなる群より選択されるマイクロRNAである、請求項1に記載の抗B型肝炎ウイルス薬。

【請求項4】
 
前記マイクロRNAがhsa-miR-6133、hsa-miR-519c-3p、hsa-miR-302c-3p及びhsa-miR-548c-3pからなる群より選択されるマイクロRNAである、請求項1に記載の抗B型肝炎ウイルス薬。

【請求項5】
 
前記マイクロRNAがhsa-miR-302c-3pである、請求項1に記載の抗B型肝炎ウイルス薬。

【請求項6】
 
抗ウイルス効果に加え、がん細胞の浸潤能に対する抑制効果を発揮する、請求項5に記載の抗B型肝炎ウイルス薬。

【請求項7】
 
前記マイクロRNAがhsa-miR-6133である、請求項1に記載の抗B型肝炎ウイルス薬。

【請求項8】
 
抗ウイルス効果に加え、肝線維化に対する抑制効果を発揮する、請求項7に記載の抗B型肝炎ウイルス薬。

【請求項9】
 
前記有効成分が、hsa-miR-1185-5p、hsa-miR-4456、hsa-miR-4446-5p、hsa-miR-6133、hsa-miR-519c-3p、hsa-miR-302c-3p、hsa-miR-548c-3p、hsa-miR-4681、hsa-miR-4633-5p、hsa-let-7d-5p、hsa-miR-432-5p、hsa-miR-1827、hsa-miR-519b-3p、hsa-miR-485-5p、hsa-miR-1275、hsa-miR-548ao-3p、hsa-miR-620、hsa-miR-4661-3p、hsa-miR-766-5p、hsa-miR-382-5p、hsa-miR-4755-5p、hsa-miR-520b、hsa-miR-6510-5p、hsa-miR-4493、hsa-miR-4737、hsa-miR-519a-3p、hsa-miR-520h、hsa-miR-4443、hsa-miR-520c-3p、hsa-miR-1298、hsa-miR-1224-5p、hsa-miR-4272、hsa-miR-2467-3p、hsa-miR-520g、hsa-miR-4690-5p、hsa-miR-1294、hsa-miR-4699-5p及びhsa-miR-5197-5pからなる群より選択されるマイクロRNAである、請求項1に記載の抗B型肝炎ウイルス薬。

【請求項10】
 
HBVの閉環状二本鎖DNA(cccDNA)からのmRNAの転写を抑制する作用、及び/又はHBVのpregenomic RNAと逆転写酵素の結合を阻害する作用、によって抗ウイルス効果を発揮する、請求項1~9のいずれか一項に記載の抗B型肝炎ウイルス薬。

【請求項11】
 
核酸アナログ及び/又はインターフェロン製剤と併用される、請求項1~10のいずれか一項に記載の抗B型肝炎ウイルス薬。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close