Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)波力発電装置及び波力発電方法

(In Japanese)波力発電装置及び波力発電方法

Patent code P200017160
File No. (S2017-1004-N0)
Posted date Aug 27, 2020
Application number P2019-537638
Date of filing Aug 21, 2018
International application number JP2018030841
International publication number WO2019039471
Date of international filing Aug 21, 2018
Date of international publication Feb 28, 2019
Priority data
  • P2017-158848 (Aug 21, 2017) JP
Inventor
  • (In Japanese)浅井 健彦
  • (In Japanese)原口 瑠理子
  • (In Japanese)荒木 慶一
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人筑波大学
Title (In Japanese)波力発電装置及び波力発電方法
Abstract (In Japanese)海に浮かぶことが可能な浮体物と、回転慣性質量効果を発生する回転体と、前記回転体の回転に基づいて電力を発生する発電機と、第1弾性体と、前記浮体物に前記第1弾性体を介して接続し、前記浮体物の動きに連動して前記回転体を回転させる駆動部とを含む、波力発電装置が開示される。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

波によって動揺する浮体物の動きを回転運動に変換する変換機構と、変換機構を介して取り出された回転力により回転する回転軸体と、回転軸体に駆動されて発電する発電機ユニットとを備える波力発電装置が知られている(例えば、特許文献1参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、波力発電装置及び波力発電方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
海に浮かぶことが可能な浮体物と、
回転慣性質量効果を発生する回転体と、
前記回転体の回転に基づいて電力を発生する発電機と、
第1弾性体と、
前記浮体物に前記回転体を前記第1弾性体を介して接続し、前記浮体物の動きに連動して前記回転体を回転させる駆動部とを含む、波力発電装置。

【請求項2】
 
第2弾性体を更に含み、
前記駆動部は、更に、静止物に前記回転体を前記第2弾性体を介して接続する、請求項1に記載の波力発電装置。

【請求項3】
 
前記駆動部は、一端が前記浮体物に接続されかつ他端が前記静止物に接続される線状の形態であり、
前記第2弾性体は、前記回転体の回転中、伸び量が0以上に維持される、請求項2に記載の波力発電装置。

【請求項4】
 
前記回転体は、回転慣性質量を可変とする可変機構を備える、請求項1に記載の波力発電装置。

【請求項5】
 
前記回転慣性質量は、前記浮体物の動きの周波数に応じて変化される、請求項4に記載の波力発電装置。

【請求項6】
 
制御装置を更に備え、
前記制御装置は、前記浮体物の動きの周波数に応じて前記回転慣性質量を電子制御により変化させる、請求項5に記載の波力発電装置。

【請求項7】
 
前記浮体物の動きの周波数に関する周波数情報を検出する検出手段を更に含み、
前記制御装置は、前記回転慣性質量及び前記発電機のアドミタンスのうちの少なくともいずれか一方の目標値と周波数範囲との対応関係を表す対応情報を記憶する記憶部を含み、
前記制御装置は、前記周波数情報と前記対応情報に基づいて、前記周波数情報の表す周波数が属する前記周波数範囲に対応付けられた前記目標値に、前記回転慣性質量及び前記アドミタンスのうちの少なくともいずれか一方を近づける、請求項6に記載の波力発電装置。

【請求項8】
 
海に浮かぶことが可能な浮体物に、回転慣性質量効果を発生する回転体を弾性体を介して接続する駆動部を用いて、前記浮体物の動きに連動させて前記回転体を回転させることで、前記回転体の回転に基づいて発電機により電力を発生させる、波力発電方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2019537638thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close