Top > Search of Japanese Patents > SKIN CONDITION MEASUREMENT DEVICE

SKIN CONDITION MEASUREMENT DEVICE UPDATE_EN

Patent code P200017185
Posted date Sep 8, 2020
Application number P2018-045675
Publication number P2019-154804A
Date of filing Mar 13, 2018
Date of publication of application Sep 19, 2019
Inventor
  • (In Japanese)岩田 史郎
  • (In Japanese)今若 直人
Applicant
  • (In Japanese)島根県
Title SKIN CONDITION MEASUREMENT DEVICE UPDATE_EN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a skin condition measurement device that acquires a plurality of physical information concerning skin including a skin moisture amount by measuring the pressurizing force to the skin of an electrostatic capacity type sensor together with skin moisture amount with a simple configuration.
SOLUTION: A skin condition measurement device 1 comprises: a flexible sensor holding part 13 where deflection in an amount is generated according to pressure when a surface being a measured object is pressed thereon; a first electrode provided in the sensor holding part 13, and capacitively coupled with the pressed skin; a second electrode provided in the sensor holding part 13, and having a resistance value changing according to the amount of deflection of the sensor holding part 13; measuring means connected to the sensor holding part 13, and acquiring an electrostatic capacitance value and a pressure value when the skin is pressed thereon by controlling a voltage applied to the first electrode and the second electrode; and information acquisition means acquiring physical information of the skin, based on measurement data being a temporal combination of the acquired electrostatic capacitance value and the pressure value.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来から、肌状態のひとつである肌の水分量を測定する装置として肌水分量測定装置が用いられている。肌水分量測定装置は、静電容量型センサを用いたものがよく知られている。静電容量型センサを用いた肌水分量測定装置は、絶縁物であるガラスで覆われた電極対を肌にあてがい、肌の角質層を誘電体としたコンデンサを形成することによってコンデンサの静電容量値の変化を測定している。コンデンサの静電容量値は、誘電体である肌の水分量によって変化するので、静電容量値を測定することによって肌の水分量を測定することができる。

このような肌状態測定装置においては、肌の水分量を測定するために電極対を肌にあてがう際の肌に対する密着度合いが測定の安定性に非常に重要な要素となることが知られている。例えば特許文献1の肌水分量測定装置では、電極対を保持したセンサ保持部が装置の内側に凹み、肌に対して押し当てる押圧力が最適な値となったことを知らせる手段により、最適圧力で安定した測定を可能としている。また、特許文献2の肌水分量測定装置では、特許文献1と同様に肌に対して押し当てる押圧力が最適な値になったことを判断するが、最適圧力となってから一定時間後に肌水分量計算値を出力することにより、安定した状態で測定した肌水分量を出力することを可能としている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は肌状態測定装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
被測定対象物である肌が押し当てられたときに圧力に応じた撓み量が生じる可撓性のセンサ保持部と、
前記センサ保持部に設けられ、押し当てられた前記肌と容量結合する第1の電極部と、
前記センサ保持部に設けられ、前記センサ保持部の撓み量に応じて抵抗値が変化する第2の電極部と、
前記センサ保持部に接続され、前記第1の電極部と前記第2の電極部とに印加する電圧を制御して前記肌を押し当てたときの静電容量値と圧力値を取得する測定手段と、
取得した前記静電容量値と圧力値の経時的な組み合わせである測定データに基づいて肌の物理情報を取得する情報取得手段とを備えたことを特徴とする肌状態測定装置。

【請求項2】
 
前記情報取得手段は、飽和した時の前記静電容量値に基づいて肌水分量を取得し、前記圧力値の変化に対する前記静電容量値の変化の挙動に応じて肌の荒れ状態を取得することを特徴とする請求項1に記載の肌状態測定装置。

【請求項3】
 
前記情報取得手段は、前記静電容量値の最大値に基づいて肌水分階級を取得し、前記圧力値の変化に対する前記静電容量値の変化の挙動に応じて肌の荒れ状態を取得することを特徴とする請求項1に記載の肌状態測定装置。

【請求項4】
 
被測定対象物である肌が押し当てられたときに圧力に応じた撓み量が生じる可撓性のセンサ保持部と、
前記センサ保持部に設けられ、押し当てられた前記肌と容量結合する第1の電極部と、
前記センサ保持部に設けられ、前記センサ保持部の撓み量に応じて抵抗値が変化する第2の電極部と、
前記センサ保持部に接続され、前記第1の電極部と前記第2の電極部とに印加する電圧を制御して前記肌を押し当てたときの静電容量値と撓み量を取得する測定手段と、
取得した前記静電容量値と撓み量の経時的な組み合わせである測定データに基づいて肌の物理情報を取得する情報取得手段とを備えたことを特徴とする肌状態測定装置。

【請求項5】
 
前記情報取得手段は、飽和した時の前記静電容量値に基づいて肌水分量を取得し、前記撓み量の変化に対する前記静電容量値の変化の挙動に応じて肌の荒れ状態を取得することを特徴とする請求項3に記載の肌状態測定装置。

【請求項6】
 
前記情報取得手段は、前記静電容量値の最大値に基づいて肌水分階級を取得し、前記撓み量の変化に対する前記静電容量値の変化の挙動に応じて肌の荒れ状態を取得することを特徴とする請求項3に記載の肌状態測定装置。

【請求項7】
 
前記測定手段と前記情報取得手段とを収容するケースをさらに備え、前記センサ保持部は前記ケースに着脱可能に取り付けられていることを特徴とする1から6のいずれかに記載の肌状態測定装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018045675thum.jpg
State of application right Published
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close