Top > Search of Japanese Patents > VIABILITY METHOD OF CELL, AND KIT FOR VIABILITY OF CELL

VIABILITY METHOD OF CELL, AND KIT FOR VIABILITY OF CELL meetings

Patent code P200017207
File No. T2018-053
Posted date Sep 18, 2020
Application number P2018-241789
Publication number P2020-101514A
Date of filing Dec 25, 2018
Date of publication of application Jul 2, 2020
Inventor
  • (In Japanese)徳永 英司
  • (In Japanese)山下 恭平
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東京理科大学
Title VIABILITY METHOD OF CELL, AND KIT FOR VIABILITY OF CELL meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a cell viability method and a kit for viability of cell that allows easy evaluation using a dyeing agent having a high safety and can evaluate the same analyte continuously for a long period.
SOLUTION: A cell viability method and a kit for viability of a cell used for it includes: a process of bringing a dyeing agent for dyeing a dead cell into contact with the cell; and a process of discriminating the life-and-death of the cell depending on the presence or absence of the dyeing of the cell. In this method, the dyeing agent includes at least one type of pigment selected from a monascus pigment and anthocyanin pigment.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

細胞の生死判別は、医療、化粧品、食品、工業等の様々な産業分野における基礎研究、衛生管理、品質管理等で重要な役割を担っており、その需要は多岐に亘る。細胞の生死判別方法として、例えば、非特許文献1には、死細胞を選択的に染色するトリパンブルー等の色素を用いて細胞の生死を簡便に判別する方法が記載されている。特にトリパンブルーは、生細胞には取り込まれず、死細胞を短時間で染色する色素として細胞の生死判別に広く利用されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、細胞の生死判別方法及び細胞の生死判別用キットに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
死細胞を染色する染色剤を細胞に接触させる工程と、
前記細胞の染色の有無により細胞の生死を判別する工程と、を含み、
前記染色剤が紅麹色素及びアントシアニン系色素から選ばれる少なくとも1種の色素を含む、細胞の生死判別方法。

【請求項2】
 
前記アントシアニン系色素が紫芋色素である請求項1に記載の細胞の生死判別方法。

【請求項3】
 
請求項1に記載の細胞の生死判別方法に用いられる細胞の生死判別用キットであって、
死細胞を染色する染色剤を含み、
前記染色剤が紅麹色素及びアントシアニン系色素から選ばれる少なくとも1種の色素を含む、細胞の生死判別用キット。

【請求項4】
 
前記アントシアニン系色素が紫芋色素である請求項3に記載の細胞の生死判別用キット。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018241789thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close