TOP > 国内特許検索 > 担持金属触媒

担持金属触媒 NEW

国内特許コード P200017224
整理番号 J1014-10JP2
掲載日 2020年9月30日
出願番号 特願2019-028931
公開番号 特開2019-076904
登録番号 特許第6680919号
出願日 平成31年2月20日(2019.2.20)
公開日 令和元年5月23日(2019.5.23)
登録日 令和2年3月24日(2020.3.24)
優先権データ
  • 特願2014-037370 (2014.2.27) JP
発明者
  • 細野 秀雄
  • 原 亨和
  • 北野 政明
  • 横山 壽治
  • 井上 泰徳
  • 神原 慎志
出願人
  • 国立研究開発法人科学技術振興機構
  • 国立大学法人東京工業大学
発明の名称 担持金属触媒 NEW
発明の概要 【課題】酸化鉄触媒の発見以来、様々な触媒金属や担体材料が研究開発されてきたが、既知の金属+担体の組み合わせはほぼ調べ尽くされ、既知の金属+担体の組み合わせによって達成できる活性を大きく上回る触媒、特に、促進剤を多量に用いないでも高活性で、化学的、熱的に安定な新触媒の探索は極めて困難な現状である。
【解決手段】このアンモニア合成用担持金属触媒は、水素と窒素を含有するガスを原料とする連続的なアンモニア合成用の触媒において、触媒活性を示す遷移金属を担持した担体が2次元エレクトライド又はその前駆体であり、前記2次元エレクトライド又はその前駆体が、Ca(ただし、x、y、zは、1≦x≦11、1≦y≦8、0≦z≦4の範囲であり、xは整数であり、y,zは整数に限らない)で示されるカルシウム窒化物又はその水素化物である。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要

(Mは、Ca,Sr,又はBa)で示されるアルカリ土類金属窒化物は、半導体装置に用いる窒化アルミニウムの原料、金属摺動部材用のセラミック粒子、電池電極構成材料、導電性微粒子などに用いられる(特許文献1)。特許文献1には、第2族金属アミドを熱分解してM(Mは、Be,Mg,Ca,Sr,又はBa)又はMN(Mは、Be,Mg,Ca,Sr,又はBa)等を製造する方法が開示されており、特許文献2には、第2族金属にアンモニアを反応させて液相化し、得られた第2族金属アミドを熱分解して高純度のM(Mは、Be,Mg,Ca,Sr,又はBa)を製造する方法が開示されている。

窒化カルシウムとしては、これまでにα-Ca,β-Ca,γ-Ca, Ca11,CaN等が知られている。また、窒化カルシウムの水素化物であるCaNH,CaNH,Ca(NH等(以下、「Ca-N-H系化合物」ということもある)も知られている。

CaはCaを液体アンモニア中に溶解させ、窒素雰囲気で熱分解すると得られる。Caは下式に示すように、空気中の水分と反応して水酸化カルシウムとアンモニアになる。この反応は水中でも生じる。
Ca+6HO→3Ca(OH)+2NH

また、CaNは、容易に酸化が起こり、非常に不安定な物質であることが知られており、CaNが安定に存在できる範囲としてはAr中で1000℃以下、又は窒素中で250℃から800℃の間と報告されている(非特許文献1)。

一方、2013年に、本発明者らによりCaNが2次元のエレクトライドであることが見出された(非特許文献2)。CaN:e-は、[CaN]+で構成される層間に電子が陰イオンとして結びついた層状化合物であり、Ca2と金属Caを真空中で加熱することにより得られる。CaN:e-の伝導電子濃度は1.39×1022/cmであり、2.6eVの仕事関数を有することが報告されている。その後、非特許文献3において、この2次元のエレクトライドについて報告されている。

さらに、本発明者らは、層状結晶構造を持ち、イオン式[AEN]+で表記される窒化物(AEは、Ca、Sr、Baから選択される少なくとも一種類の元素)からなる窒化物エレクトライドに係わる発明について特許出願した(特許文献3)。

一方、水素と窒素を含有するガスを原料とするアンモニア合成は、酸化鉄を触媒とし、アルミナや酸化カリウムを促進剤として用いるハーバー・ボッシュ(Haber-Bosch)法が普及しており、この方法は、100年ほど大きな変化はなかった。ハーバー・ボッシュ法によるアンモニア合成では、300℃~500℃、20~40MPaという高温高圧下で、窒素及び水素ガスを触媒上で反応させて行われる。

アンモニア合成用の触媒としては、VIII族金属及びVIB族金属の三元窒化物(特許文献4)、コバルト・モリブデン複合窒化物(特許文献5)なども知られている。本発明者らは、マイエナイト型化合物をアンモニア合成触媒の担体とした担持金属触媒を開発した(特許文献6~7、非特許文献4~5)。

産業上の利用分野

本発明は、担体に金属が担持されている触媒、特に、層状化合物の層間に電子が陰イオン的電子として存在する物質であるエレクトライド(電子化物)を担体とするアンモニア合成用の担持金属触媒に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
水素と窒素を含有するガスを原料とする連続的なアンモニア合成用の触媒において、
触媒活性を示す遷移金属を担持した担体が2次元エレクトライド又はその前駆体であり、
前記2次元エレクトライド又はその前駆体が、Ca(ただし、x、y、zは、1≦x≦11、1≦y≦8、0≦z≦4の範囲であり、xは整数であり、y,zは整数に限らない)で示されるカルシウム窒化物又はその水素化物であることを特徴とするアンモニア合成用担持金属触媒。

【請求項2】
前記カルシウム窒化物又はその水素化物は、CaN、Ca2、CaNH及びCaNHからなる群から選ばれる少なくとも1種であることを特徴とする請求項1に記載のアンモニア合成用担持金属触媒。

【請求項3】
前記遷移金属がRu、Co及びFeからなる群から選ばれる少なくとも1種であることを特徴とする請求項1又は2に記載のアンモニア合成用担持金属触媒。

【請求項4】
前記遷移金属の担持量は担体に対して0.01~30wt%であることを特徴とする請求項1~3のいずれか一項に記載のアンモニア合成用担持金属触媒。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2019028931thum.jpg
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close