Top > Search of Japanese Patents > HYDROGEN GENERATION METHOD, HYDROGEN GENERATION SYSTEM, AND FUEL CELL SYSTEM

HYDROGEN GENERATION METHOD, HYDROGEN GENERATION SYSTEM, AND FUEL CELL SYSTEM meetings

Patent code P200017239
File No. 18T019
Posted date Oct 8, 2020
Application number P2018-118560
Publication number P2019-218251A
Date of filing Jun 22, 2018
Date of publication of application Dec 26, 2019
Inventor
  • (In Japanese)宮内 雅浩
  • (In Japanese)河村 玲哉
  • (In Japanese)近藤 剛弘
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東京工業大学
  • (In Japanese)国立大学法人筑波大学
Title HYDROGEN GENERATION METHOD, HYDROGEN GENERATION SYSTEM, AND FUEL CELL SYSTEM meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a hydrogen generation method, a hydrogen generation system and a fuel cell system capable of easily generating hydrogen even at normal temperature without using a high pressure tank.
SOLUTION: A method for generating hydrogen according to the present invention comprises applying light to a borohydride-containing material containing at least one of a two-dimensional borohydride sheet composed of (BH)n(n≥4) and its derivative to generate hydrogen. The borohydride-containing material is preferably powder, and the powder is preferably dispersed in any one of a dispersion medium, a carrier and a binder.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

水素は、燃焼又は反応により排出される物質が水であるため、クリーンエネルギーとして注目されている。例えば、水素を燃料電池の負極活物質として用い、自動車や電源設備の燃料とする技術開発が精力的にすすめられている。

水素供給源として高圧水素を供給するシステム(特許文献1)や、水素吸蔵合金(特許文献2)が注目され、種々の提案がなされている。また、150~1200℃に加熱することにより水素を放出する二次元水素化ホウ素シートが提案されている(非特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、水素発生方法および水素発生システムに関する。また、前記水素発生システムを搭載した燃料電池システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
(BH)n(n≧4)からなる二次元水素化ホウ素シートおよびその誘導体の少なくとも一方を含む水素化ホウ素含有物に光を照射することにより水素を発生させる、水素発生方法。

【請求項2】
 
前記水素化ホウ素含有物は粉体であり、当該粉体が、
(i)分散媒に分散されている、
(ii)担持体に担持されている、および
(iii)バインダー中に分散されている
のいずれかである請求項1に記載の水素発生方法。

【請求項3】
 
(BH)n(n≧4)からなる二次元水素化ホウ素シートおよびその誘導体の少なくとも一方を含む水素化ホウ素含有物に光を照射して水素を発生させる水素発生部と、
前記水素発生部に光を照射する光照射制御部とを備える水素発生システム。

【請求項4】
 
前記水素化ホウ素含有物は粉体であり、当該粉体が、
(i)分散媒に分散されている、
(ii)担持体に担持されている、および
(iii)バインダー中に分散されている
のいずれかである請求項3に記載の水素発生システム。

【請求項5】
 
請求項3または4に記載の水素発生システム、および前記水素発生システムから水素が供給される燃料電池を備える燃料電池システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
  • 5H127BA01
  • 5H127BA11
  • 5H127BA21
  • 5H127BA22
  • 5H127EE12
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018118560thum.jpg
State of application right Published
Reference ( R and D project ) (In Japanese)平成29年度、文部科学省、科学技術試験研究委託事業、東工大元素戦略拠点(TIES)
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close