Top > Search of Japanese Patents > FERROCYANIDE PARTICLE-POLYSACCHARIDE COMPLEX

FERROCYANIDE PARTICLE-POLYSACCHARIDE COMPLEX

Patent code P200017273
File No. 13899
Posted date Nov 2, 2020
Application number P2014-021082
Publication number P2015-147860A
Patent number P6320781
Date of filing Feb 6, 2014
Date of publication of application Aug 20, 2015
Date of registration Apr 13, 2018
Inventor
  • (In Japanese)関根 由莉奈
  • (In Japanese)深澤 裕
  • (In Japanese)秋吉 一成
  • (In Japanese)佐々木 善浩
  • (In Japanese)澤田 晋一
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
Title FERROCYANIDE PARTICLE-POLYSACCHARIDE COMPLEX
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a material having particulate ferrocyanide dispersed stably so that utility of ferrocyanide, (Mx[FeII(CN6)]y), can be improved.
SOLUTION: Provided is a ferrocyanide particle-polysaccharide complex obtained by reacting particles of sodium ferrocyanide, potassium ferrocyanide, or the like with metal ions in a solvent in which polysaccharide is dissolved or dispersed. This enables dispersibility of ferrocyanide to be remarkably improved, and an average particle diameter of the ferrocyanide particle is 500 nm or less. In one embodiment, provided is a ferrocyanide particle-polysaccharide complex, in which the polysaccharide is a polysaccharide having an anionic functional group or a hydrophobized polysaccharide.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

プルシアンブルーに代表されるフェロシアン化物(Mx[FeII(CN6)]y)は、その呈色特性から古くから顔料として利用されているが、近年、電荷を印加することによって可逆的に色を変化させることができる、いわゆるエレクトロクロミック材料として利用することが提案されている。エレクトロクロミック材料は、呈色を継続させるだけではエネルギーを消費しないため、例えば透明導電性基板等に塗布して、電子ペーパー等の省エネ型ディスプレイや光の透過率を調節できる調光ガラスとして応用することができる。特にプルシアンブルー等のフェロシアン化物は、耐久性に優れているため、エレクトロクロミック材料として好適な材料の1つとして注目されている(特許文献1参照)。また、プルシアンブルーを含む製剤は、放射性セシウム体内除去剤、タリウム及びタリウム化合物解毒剤として医療に供されている(販売名:ラディオガルターゼカプセル500mg、医薬承認番号22200AMX00966000)。

一方、多糖類は、食品のほか、繊維、化粧品、医療等の幅広い分野で利用される重要な物質である。天然高分子である多糖類は、石油等の化石燃料由来の合成高分子等とは異なり、恒常的に生産することが可能で、さらに生分解性を有することから環境に優しい材料であると言える。
また、多糖類から派生した材料の一つとして、多糖類に適当な分子を介してコレステロール等を導入した、いわゆる疎水化多糖が見出されている。このような疎水化多糖は、被膜形成能、水分保持能に優れ、化粧料等に応用することができる(特許文献2参照)。また、プルランやマンナン等の疎水化多糖を水中に分散させると、疎水性相互作用により約20~30nmの物理架橋ナノゲルが形成することが知られている。このナノゲルは蛋白質等を内包することができるため、サイトカイン等の薬剤を運搬するドラッグデリバリーシステムとして利用することができることが報告されている(特許文献3参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、フェロシアン化物粒子と多糖類とを複合化したフェロシアン化物粒子-多糖類複合体に関し、より詳しくは顔料、エレクトロクロミック材料、放射性セシウムによる体内汚染の低減等に利用することができるフェロシアン化物粒子-多糖類複合体に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
フェロシアン化物粒子と疎水化多糖とを複合化したフェロシアン化物粒子-多糖類複合体。

【請求項2】
 
前記フェロシアン化物粒子の平均粒子径が500nm以下である、請求項1に記載のフェロシアン化物粒子-多糖類複合体。

【請求項3】
 
前記フェロシアン化物粒子が、プルシアンブルー、フェロシアン化ニッケル、及びフェロシアン化コバルトからなる群より選ばれる少なくとも1種である、請求項1又は2に記載のフェロシアン化物粒子-多糖類複合体。

【請求項4】
 
多糖類が溶解又は分散している溶媒中でフェロシアン化物塩と金属イオンとを反応させる工程を含むことを特徴とする、フェロシアン化物粒子-多糖類複合体の製造方法。

【請求項5】
 
前記フェロシアン化物塩が、フェロシアン化ナトリウム(Na4[Fe(CN)6])又はフェロシアン化カリウム(K4[Fe(CN)6])である、請求項4に記載のフェロシアン化物粒子-多糖類複合体の製造方法。

【請求項6】
 
前記金属イオンが、Al、Ga、In、Tl、Sn、Pb、Bi、Fe、Ni、Cu、Ag、Co、Zn、Cd、及びHgからなる群より選ばれる少なくとも1種の金属イオンである、請求項4又は5に記載のフェロシアン化物粒子-多糖類複合体の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close