Top > Search of Japanese Patents > TWO-LIQUID PHASE SEPARATION DEVICE

TWO-LIQUID PHASE SEPARATION DEVICE

Patent code P200017278
File No. 14114
Posted date Nov 2, 2020
Application number P2017-083525
Publication number P2018-176126A
Date of filing Apr 20, 2017
Date of publication of application Nov 15, 2018
Inventor
  • (In Japanese)田中 伸幸
  • (In Japanese)今 肇
  • (In Japanese)久保 真治
  • (In Japanese)直井 登貴夫
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
Title TWO-LIQUID PHASE SEPARATION DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a two-liquid phase separation device which does not require a compulsory delivery mechanism such as a pump upon delivery of solution of each phase subjected to two-liquid phase separation and does not require each kind of active control upon the delivery.
SOLUTION: A two-liquid phase separation device includes: a solution stationary tank which has an upper phase solution delivery pipe attached to an upper part thereof and a lower phase solution delivery pipe attached to a bottom part thereof and is used for storing two-liquid phase mixed solution supplied from an external part; an upper phase solution tank for storing an upper phase solution to be delivered by overflow from the upper phase solution delivery pipe; a lower phase solution tank for storing a lower phase solution to be delivered by gravity from the lower phase solution delivery pipe; and a chevron pipe which is fluidly connected in the middle of the lower phase delivery pipe and is vertically movable in the vertical direction of the solution stationary tank.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

例えば、非特許文献1に示された、ISプロセスを用いた水素製造システムでは、ブンゼン反応の結果として、軽液相の硫酸(H2SO4)と重液相のヨウ化水素(HI)が得られる。これらの液は二相分離器において硫酸(H2SO4)とヨウ化水素(HI)に分離させられ、それぞれポンプによって別の系統に送られている。すなわち、容器内で二相分離された液体を、強制的溶液払出機構を用いて、他の容器に排出させている。

一方、特許文献1に示された有機廃液の分離方法では、ポンプのような強制的溶液払出機構を使用せずに、外部の系に払出す機構を採用している。ここでは、メインタンク内に有機廃液を含む高レベル放射性廃液を流し込んで有機廃液を高レベル放射性廃液の液面上に相分離させた後、このメインタンク内に純水を注入して高レベル放射性廃液の液位を上昇させてその有機廃液を分離ピット内にオーバーフローさせ、その後、この分離ピット内に分離された有機廃液を排出ラインからメインタンク外へオーバーフローさせて排出するようにしている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、例えば、軽液相と重液相のように、二液に分離する性質を持つ溶液を容器内に静置し、容器内で二相分離された液体を、ポンプなどの強制的溶液払出機構を用いずに、それぞれの相の液体を他の容器に払出すことができる二液相分離装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
上部に上相溶液払出管が取り付けられ、底部に下相溶液払出管が取り付けられ、外部から供給される二液相混合溶液を貯留するための溶液静置タンクと、前記上相溶液払出管からオーバーフローによって払出される上相溶液を貯留するための上相溶液タンクと、前記下相溶液払出管から重力によって払出される下相溶液を貯留するための下相溶液タンクと、前記下相溶液払出管の途中に流体的に接続された前記溶液静置タンクの垂直方向に上下移動可能な山なり管、を備えていることを特徴とする二液相分離装置。

【請求項2】
 
請求項1に記載の二液相分離装置において、前記山なり管は、管全体が垂直面に対して傾斜自在に構成され、前記山なり管全体の垂直面からの傾斜角度を変えることによって、前記山なり管の最上部を垂直方向に上下移動させられるように構成されていることを特徴とする二液相分離装置。

【請求項3】
 
請求項1に記載の二液相分離装置において、前記山なり管は、左右対象の平行管から成るコの字状をなし、それぞれの前記平行管の少なくとも一部分は伸縮自在な蛇腹管から構成され、前記山なり管全体を垂直方向に引き上げることによって、前記山なり管の最上部を垂直方向に上下移動させられるように構成されていることを特徴とする二液相分離装置。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017083525thum.jpg
State of application right Published
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close