Top > Search of Japanese Patents > DNA FRAGMENT FOR STABILIZING EXPRESSION OF EXTRANEOUS GENE ON PLANT, METHOD OF GENE TRANSDUCTION FOR STABLY EXPRESSING EXTRANEOUS GENE ON PLANT AND TRANSFORMED PLANT STABLY EXPRESSING EXTRANEOUS GENE

DNA FRAGMENT FOR STABILIZING EXPRESSION OF EXTRANEOUS GENE ON PLANT, METHOD OF GENE TRANSDUCTION FOR STABLY EXPRESSING EXTRANEOUS GENE ON PLANT AND TRANSFORMED PLANT STABLY EXPRESSING EXTRANEOUS GENE

Patent code P020000100
File No. P99-2
Posted date May 27, 2003
Application number P1999-329400
Publication number P2001-145491A
Patent number P3507858
Date of filing Nov 19, 1999
Date of publication of application May 29, 2001
Date of registration Jan 9, 2004
Inventor
  • (In Japanese)新名 惇彦
  • (In Japanese)吉田 和哉
  • (In Japanese)加藤 晃
  • (In Japanese)長屋 進吾
  • (In Japanese)柴田 道夫
  • (In Japanese)間 竜太郎
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学
Title DNA FRAGMENT FOR STABILIZING EXPRESSION OF EXTRANEOUS GENE ON PLANT, METHOD OF GENE TRANSDUCTION FOR STABLY EXPRESSING EXTRANEOUS GENE ON PLANT AND TRANSFORMED PLANT STABLY EXPRESSING EXTRANEOUS GENE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for stabilizing the expression of an extraneous gene transduced into plants.
SOLUTION: By transducing the 5' upstream sequence of tobacco alcohol dehydrogenase together with the extraneous gene into plants, the expression of the transduced gene is stabilized.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


植物に種々の性質を付与する目的で、外来の遺伝子を導入した形質転換植物が作製されているが、その場合に個体間による導入遺伝子発現のばらつきが大きいことが問題となる。このばらつきは、導入された染色体上の位置によると考えられている。外来遺伝子が活性化クロマチン領域に挿入された場合には高い発現が得られ、反対に不活性化クロマチン(ヘテロクロマチン)領域に挿入された場合には十分な発現が得られないとされ(Galli,1:166-172,Current opinion in plant technology (1998) 1:166-172, Matzke et al.,Current opinion in plant technology (1998) 1: 142-148 )、このような現象は「ポジション効果」と呼ばれている。このようなポジション効果のために植物に導入した外来遺伝子は、しばしば全く発現しないか、発現しても弱いか、あるいは発現しても植物の成長や外環境により発現しなくなることがある。この現象は遺伝子組み換え植物の商業化に際し障害となっており、導入遺伝子の発現を安定化する手法の確立が必要とされる。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、植物細胞において外来遺伝子の発現を安定化させるDNA断片、及び外来遺伝子を植物細胞において安定に発現させるための遺伝子導入方法、更には外来遺伝子を安定に発現させた形質転換植物に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
配列表の配列番号1に示す塩基番号1-214で示される塩基配列、又は当該塩基配列と91%以上の相同性を有し且つ外来遺伝子の発現を安定化させる塩基配列からなることを特徴とする、DNA断片。

【請求項2】
 
請求項1記載のDNA断片、導入するべき外来遺伝子、及び請求項1記載のDNA断片と当該外来遺伝子の間に挟まれる位置に存在し、当該外来遺伝子の発現を調節する外来プロモーター、を含む融合遺伝子を連結した、ベクター。

【請求項3】
 
外来遺伝子を植物において安定に発現させるために、請求項2記載のベクターを植物に導入する事を特徴とする、遺伝子導入方法。

【請求項4】
 
請求項3記載の導入方法により、外来遺伝子を安定に発現させた、形質転換植物。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP1999329400thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close