TOP > 国内特許検索 > YAP阻害剤を有効成分とするIL-8遺伝子又はMHC classII関連遺伝子の発現量の増強剤

YAP阻害剤を有効成分とするIL-8遺伝子又はMHC classII関連遺伝子の発現量の増強剤

国内特許コード P200017335
整理番号 H30-026
掲載日 2020年12月17日
出願番号 特願2019-067200
公開番号 特開2020-164470
出願日 平成31年3月29日(2019.3.29)
公開日 令和2年10月8日(2020.10.8)
発明者
  • 白井 睦訓
  • 清木 誠
  • 浅岡 洋一
  • 荻野 英賢
出願人
  • 国立大学法人山口大学
発明の名称 YAP阻害剤を有効成分とするIL-8遺伝子又はMHC classII関連遺伝子の発現量の増強剤
発明の概要 【課題】本発明の課題は、IL-8遺伝子又はMHC classII関連遺伝子の発現量を増強する剤を提供することにある。
【解決手段】YAP阻害剤を有効成分とするIL-8遺伝子又はMHC classII関連遺伝子の発現量の増強剤を作製する。YAP阻害剤が、ベルテポルフィン、Y27632、ブレビスタチン、ラトランクリンB(Latrunculin B)、サイトカラシンD(Cytochalasin D)、ジンバスタチン、ボツリヌス C3毒素、スタチン、又はドブタミンであることが好ましい。
【選択図】なし
従来技術、競合技術の概要 転写共役因子YAP(Yes結合タンパク質:Yes associated protein)はHippoシグナル伝達系の標的分子である。本発明者らは、細胞増殖・細胞死の両者を制御するHippoシグナル伝達系に着目し、YAPが三次元臓器形成に必須の重力耐性遺伝子であることや、YAPは細胞に発生する物理的な力を介して、個々の組織の三次元化だけでなく、複数の組織の配置を制御することにより、重力に抗した立体臓器を構築することを報告した(非特許文献1参照)。そのため、YAPは三次元臓器形成に関与する因子として注目を浴びている。

一方、近年、YAPの制御と抗腫瘍免疫応答との関係の研究が進められており、例えば、YAP阻害剤と免疫治療剤とを対象に投与する工程を含む、対象におけるがんを処置する方法(特許文献1参照)や、イベルメクチン又はミルベマイシンDを有効成分として含み、Hippo経路に作用し、YAP1/TAZの活性を抑制する、Hippo経路に異常を有する癌の予防又は治療剤(特許文献2参照)が開示されている。

また、YAPの制御と炎症性腸炎との関係の研究も進められており、例えば、インターロイキン6(IL-6)の受容体であるGP130がIL-6と結合することでYAP及びNotchの活性化を引き起こし、腸の修復や再生を促進することが開示されている(非特許文献2参照)。
産業上の利用分野 本発明は、YAP阻害剤を有効成分とするIL-8遺伝子又はMHC classII関連遺伝子の発現量の増強剤に関する。
特許請求の範囲 【請求項1】
YAP阻害剤を有効成分とするIL-8遺伝子又はMHC classII関連遺伝子の発現量の増強剤。

【請求項2】
YAP阻害剤が、ベルテポルフィン、Y27632、ブレビスタチン、ラトランクリンB(Latrunculin B)、サイトカラシンD(Cytochalasin D)、ジンバスタチン、ボツリヌス C3毒素、スタチン、又はドブタミンであることを特徴とする請求項1記載の増強剤。

【請求項3】
YAP阻害剤が、YAP遺伝子の発現を抑制する核酸分子であることを特徴とする請求項1記載の増強剤。

【請求項4】
YAP遺伝子の発現を抑制する核酸分子が、二本鎖siRNA、microRNA、shRNA、アンチセンス核酸、及びリボザイムからなる群から選択される少なくとも1種の核酸分子であることを特徴とする請求項3記載の増強剤。

【請求項5】
YAP阻害剤が、YAPタンパク質に結合する抗体であることを特徴とする請求項1記載の増強剤。

【請求項6】
MHC classII関連遺伝子が、CIITA遺伝子であることを特徴とする請求項1~5のいずれか記載の増強剤。
出願権利状態 公開
山口TLOは平成11年11月に山口大学の教官50名の出資により設立された、リエゾン一体型のTLO活動会社です。山口大学を主とし、山口県内の大学・高専の研究成果をご紹介致します。特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close