Top > Search of Japanese Patents > ENHANCER OF EXPRESSION LEVEL OF IL-8 GENE OR MHC CLASS II-ASSOCIATED GENE CONTAINING A YAP INHIBITOR AS ACTIVE INGREDIENT

ENHANCER OF EXPRESSION LEVEL OF IL-8 GENE OR MHC CLASS II-ASSOCIATED GENE CONTAINING A YAP INHIBITOR AS ACTIVE INGREDIENT UPDATE_EN

Patent code P200017335
File No. H30-026
Posted date Dec 17, 2020
Application number P2019-067200
Publication number P2020-164470A
Date of filing Mar 29, 2019
Date of publication of application Oct 8, 2020
Inventor
  • (In Japanese)白井 睦訓
  • (In Japanese)清木 誠
  • (In Japanese)浅岡 洋一
  • (In Japanese)荻野 英賢
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title ENHANCER OF EXPRESSION LEVEL OF IL-8 GENE OR MHC CLASS II-ASSOCIATED GENE CONTAINING A YAP INHIBITOR AS ACTIVE INGREDIENT UPDATE_EN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide agents that enhance the expression level of IL-8 gene or MHC class II-associated gene.
SOLUTION: An enhancer of the expression level of IL-8 gene or MHC class II-associated gene containing a YAP inhibitor as an active ingredient is prepared. Preferably, the YAP inhibitor is Verteporfin, Y27632, Blebbistatin, Latrunculin B, Cytochalasin D, Simvastatin, Botulinum C3 toxin, Statin, or Dobutamine.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

転写共役因子YAP(Yes結合タンパク質:Yes associated protein)はHippoシグナル伝達系の標的分子である。本発明者らは、細胞増殖・細胞死の両者を制御するHippoシグナル伝達系に着目し、YAPが三次元臓器形成に必須の重力耐性遺伝子であることや、YAPは細胞に発生する物理的な力を介して、個々の組織の三次元化だけでなく、複数の組織の配置を制御することにより、重力に抗した立体臓器を構築することを報告した(非特許文献1参照)。そのため、YAPは三次元臓器形成に関与する因子として注目を浴びている。

一方、近年、YAPの制御と抗腫瘍免疫応答との関係の研究が進められており、例えば、YAP阻害剤と免疫治療剤とを対象に投与する工程を含む、対象におけるがんを処置する方法(特許文献1参照)や、イベルメクチン又はミルベマイシンDを有効成分として含み、Hippo経路に作用し、YAP1/TAZの活性を抑制する、Hippo経路に異常を有する癌の予防又は治療剤(特許文献2参照)が開示されている。

また、YAPの制御と炎症性腸炎との関係の研究も進められており、例えば、インターロイキン6(IL-6)の受容体であるGP130がIL-6と結合することでYAP及びNotchの活性化を引き起こし、腸の修復や再生を促進することが開示されている(非特許文献2参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、YAP阻害剤を有効成分とするIL-8遺伝子又はMHC classII関連遺伝子の発現量の増強剤に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
YAP阻害剤を有効成分とするIL-8遺伝子又はMHC classII関連遺伝子の発現量の増強剤。

【請求項2】
 
YAP阻害剤が、ベルテポルフィン、Y27632、ブレビスタチン、ラトランクリンB(Latrunculin B)、サイトカラシンD(Cytochalasin D)、ジンバスタチン、ボツリヌス C3毒素、スタチン、又はドブタミンであることを特徴とする請求項1記載の増強剤。

【請求項3】
 
YAP阻害剤が、YAP遺伝子の発現を抑制する核酸分子であることを特徴とする請求項1記載の増強剤。

【請求項4】
 
YAP遺伝子の発現を抑制する核酸分子が、二本鎖siRNA、microRNA、shRNA、アンチセンス核酸、及びリボザイムからなる群から選択される少なくとも1種の核酸分子であることを特徴とする請求項3記載の増強剤。

【請求項5】
 
YAP阻害剤が、YAPタンパク質に結合する抗体であることを特徴とする請求項1記載の増強剤。

【請求項6】
 
MHC classII関連遺伝子が、CIITA遺伝子であることを特徴とする請求項1~5のいずれか記載の増強剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close